火曜日, 4月 25, 2006

モリタ創業90周年特別講演会は盛会でした

東京国際フォーラムにてモリタ90周年記念特別講演が行なわれまして、素晴らしい著名な先生がたの発表に感動、大変勉強になりました。私はかなり現場色が強い(笑)発表でしたが、それなりに喜んで頂けたようで安堵しております。300人はいたようですね。

第一部         
記念講演「3DXがもたらす新しい診断と被爆量(安全性)の評価」

イエテボリ大学顎顔面放射線科(スエーデン) グルンダ−ル教授
ライプチッヒ大学顎顔面放射線科(ドイツ)  ヒルシュ教授 
第二部
シンポジュウム
3DXの過去・現在・未来 開発者松本歯科大学   新井嘉則教授
インプラントⅠ      東京歯科大学臨床教授  飯島俊一先生
インプラントⅡ      東京歯科大学臨床教授  武田孝之先生
小児歯科・矯正     日本大学歯学部兼任講師  中川正治先生  
歯内・外傷歯       月星歯科クリニック   月星光博先生
一般臨床         くまさか歯科      熊坂 覚

一般臨床と言うのが泣かせるでしょ(笑)。講師略歴なんかワシはナンもないんで面白すぎの略歴。。だいたい、飯島先生、武田先生、中川先生や月星先生の話に聞きほれておりまして、自分の番を飛ばしても良いから、もう少し聞きたいと考えていたくらいですから。。。。ホントに皆さん素晴らしいですね。私は別ね(笑)。荒井先生の講師全体紹介の中に「国際的に通用し、インターナショナルに活躍されている国内の先生がた・・」なんて言う紹介で、思わず苦ニヤリ。だってわたし、インターナショナルな発表は確か2001年にICOIアジアパシフィックで30分やっただけだものね。そんなこと誰も知らないだろうし。。。

でもね、そんな崇高な学術興味だけじゃCTは扱えないかもよ?なんて言う下世話な現実に引き戻すのが私の役目だったかも。CTと保険の絡みなんて皆食いついてきたでしょ(笑)。お役目は果たしました。。。。
ヒルシュ教授に、子供がスイスにいるんなら時々ヨーロッパ来るのか?と聞かれまして、そうだす! とドイツっぽく答えると、いつでも立ち寄りなされ、と言ってくださいました。ま、ヨーロッパ特有の社交辞令ですか。でも嬉しいです。
ワシ、本当に行くよ(笑)。

ところで、自分の番が始まってしゃべり始め、ふと手元のマシンを見ると、なんと大画面とミラーリングしてしまっているんです。PowerBookなどマックは全てはサブ画面を常備していて、特にkeynoteなどは手元ラップトップ画面はスピーカーのメモや次画面や残り時間や、あるいは特定ページへのジャンプ機能など色々あるンです。設定スタッフはマックが解らないらしく、ご丁寧に解像度やらミラーリングやらいじくって下さいまして大失敗ですわ。サブ画面と本画面が繋がっている一つの画面と言う概念がWINな人達には全くないんです。そういえば、10年以上WIN使っているある先生、画面のツインディスプレイに非常に驚いておられました。あのね、マックは15年以上前から普通に何台もディスプレイを縦横自由自在に繋げておけるんです。それを一つの画面として扱えるんです。
こんな大舞台でwinな機械と一緒くたにされた、ワシのPowerBookは可哀想です(笑)。マック野郎なkeynote演者はミラーリングなどする訳が無いと覚えておいてくださいね!解像度なんかイジルのはご法度!
ホント世の中winなパワーポイントしかないと思ってんだろぅなぁ・・・・。・゚・(ノД`) 頭悪いんだよあれって(笑)。

マックなコツは、「ディスプレイケーブルを繋ぐだけ」後は機械が勝手にやるように演者が前もって普通は設定していますから。。。

懇親会では、八戸からきていたツカチャンやオカちゃん先生、モリタ関係者とも色々お話し、帰り際意気投合したのが福留先生 。なんでも今月今回のブツが入るんだとか。。その後、有楽町のガード下でホッピー飲んでもやし炒め食って、最高にまずい氷頭ナマスくゎずに早々店をでて、帝国ホテルのラウンジとバーをはしご(ガード下とのギャップがすごい(笑))、ひたすら飲みましたなぁ。。。また宜しくお願いします<(^^)

金曜日, 4月 21, 2006

借りたお金を返すのは法じゃなくモラル

どうする?アイフル?っていったって・・・・・返せないもんは返せない!と言う風潮は誰が作った???
お金の貸し借りは昔からあるだろうけれど、貸したヤツが悪者になったり返せない正義?がまかり通ったり、変な世の中ですな。マチ金からお金借りて、取り立てが非人道的だから貸した人が返してすらもらえないで処分ですか。む〜。逆手にとるヤツ沢山出てくるだろううなぁ。。。借りたものは返す。あたり前のモラルが崩壊しただけでしょうけど、モラル維持の足しにはならなかった「借金取りに一部上場も二部もねぇんだよ(ヽ(`Д´)ノ)」という取り立て屋の言っている意味も解らなくはない(笑)。。

実は私10年近く前、とある東京の同業者から、8桁円ほぼだまし取られたことがあり、その返済にしこたま苦しみました。弁護士に相談したら、向こうのが百戦錬磨、詐欺罪にならない詐欺もどき。あんたの何倍もこういう事にかけては上手だから、高い授業料だと思ってあきらめなさい、、、と言われたんですな。。この弁護士もどうかと思うが(笑)。私も別に守るべきものがなかったら刺し違えてもいたでしょうが、守るべきものが沢山あったので忍び涙をのみ、ひたすらひたすら頑張ったんですね。もちろんそれもむこうは計算ずく。険悪な状況になりはじめた時彼が言うんですわ。「オレに金貸したおまえが馬鹿なんだからしょうがねえだろ。」「無いものはないんだようぅ。バカタレガ。」って。・・・・・・

ハハン。アイフル騒ぎとおんなじ理屈ね。しかし、こいつみたいなとんでもない医者もいるんですから、患者の皆さん、世の中ちゃんと見極めて医者にかかりましょうネ。。

さて、さっき、スイスのvevey と言う町のショッピングモールにいる龍仁と家内から電話。お買い物中ナンだけれど、頼んだノキアの新製品は高すぎてパスという連絡。パスされた携帯電話はこれ 。なんと580CHFもする。日本円で今日のレートなら53422円。高すぎだろ〜〜(笑)。この町のライブカメラ発見 。とても暖かな一日だったようです。。
この町はネスレの本社があり、チャップリンが余生を送った穏やかなとても美しい町なんです。

水曜日, 4月 12, 2006

HP、ブログ活用術・・だってサ

業界紙のアポロニアにHPブログ活用術なるものが掲載されている。なんでも、来院促進のためにHPはすこぶる重要なのだそうな。著述されている2名の先生方は確かに誰でも名前は聞いた事がある先生。別にHPで登場しなくともそれなりの蘊蓄をお持ちの著名な先生です。その片方の先生が言い切った。初めて来院する患者さんの半分はHPを見て来るんだと!だから、コンテンツはニーズに合わせた小奇麗な分かりやすい表現と更新が必要・・・・ま、あたり前。しかし、来院動機のHP!これは驚きとともに衝撃であり、逆にある意味あきれたですよ。おしゃれなイタ飯屋じゃあるまいし、どんな美辞麗句を並べると(失礼)そうなるもんなんでしょう。と言うより、都会での患者の漂流とは、かくも凄まじい難民を排出しているのでしょうか。素晴らしい歯科医院にHPを介して・・もじどおりスクワレタのですなぁ。日本の歯科医療とは一体・・・・・。

何も情報集めを否定してるんじゃないですよ。適正な情報を掲載するなと言っているんじゃないですよ。勘違いしないでくださいね。

インターネット上は無法地帯と化していますが、そのことには一言もふれていません。私の知る、かつて親しくしてしまった詐欺師まがいの歯科医師のHPは、それはそれはそれなりに素晴らしくでき上がっております。ちょい有名人のインタビューや推薦文などもありますなぁ。剣呑剣呑。。。

これらの先生やコンサル会社(WEB制作)の言い分を私なりにまとめると、HPやブログは患者さんを引っかける餌なそうな?!歯科の情報や状況に飢えている患者が、ネットと言う海原で餌を探して泳ぎまくるのだ。そこに歯科専用ポータルサイトなどと言う撒き餌があり、ポータルサイトやランキングサイトで幾つかの本命らしいサイトに食いつく。しかし、そこまでの情報はネットに流れている情報を鵜呑みにしているので、ポータルサイトと歯科医院の間にはビジネスが成り立つ。まあ当然です。歯科業界そこまで落ちぶれたか・・・・・・・。

当院は何から何まで(サーバからブログスクリプトまで)自作ですから、こう言うモノとは無縁の状況で10年経過しました。ですから、かなり個人的な表現や理解しにくい表現も多々あります。度重なるポータルサイトからの誘いも全てNO! 載せるのは勝手だが一銭も払わない条件。あるいは前述の歯科医師のたぐいなどが同居していたら、即座にリンクお断り。
もう一つ、彼らに言わせるとHP上で院長の個人的な独り言的ブログは用の無いものなんだとか(笑)。はいすいませんm(ToT)m
日本中、貴社で作製したおんなじようなHPがごろごろするさぁ。

一体彼らは、どれくらいの規模を維持するためにどれくらいの患者を確保したくてHPにエネルギーを費やすのか?初診の半分をHPからの患者にする事はそんなに意味のある事なんだろうか?今まで通り口コミとリコールではダメな世の中だとしたら、ネット上を見れば分かるじゃないですか、そう、そんな業界とっくにすたれるって。・・・ああ、もうすたれてるからこうなるのか・・しみじみ。。

しかしなぁ、家に一番近い近所の歯科医院はそんなに信用できんのかい!何も相談にはのらないオオバカ歯医者かい??
今回の特集の著者sの方向性、無知すぎてナンか無性に腹立つなぁ・・・・ヽ(`Д´)ノ。。。。。

月曜日, 4月 10, 2006

過去のない男

ひょんな事(以前の映画の書き込みを読んで頂いて)から、いつも貴重なCDやDVDを頂く患者さんから、またまた貴重な「過去のない男」のDVDを頂いた。

日曜日久しぶりに3時間ほど自由時間が出来たので、ここぞとばかりに見させて頂きました。

以前書いた「ウイスキー」と言う映画もそうなんですが、映画=ハリウッドはもういいよと言う感じの人沢山いませんか?ウイスキーにしろこの映画にしろ、映画ってこんな感じだよ・・・と言う思いがふつふつと湧いてきます。音楽、表情、しぐさ、匂い、空、足下、犬、水・・・・・あたり前の事をあえてあたり前に表現するけれど、とても新鮮。これが映画の醍醐味です。SFXもCGも面白いけれどそれまで。。奥が深いと言うのは浅くないと言う事。ハリウッドの映画の面白さは、作品の浅さだと思います。浅いから皆で楽しめる利点は否定しません。

でもね、こんな映画見ちゃうと、本物の映画って言うヤツにはまるわな(笑)。この2人の顔が、素晴らしい描写でどんどん引き込まれます。これ、美男美女じゃお話にならない所が、みそ!

話は変わりまして・・・・・
昨日、ウチの従業員だった(結婚妊娠で休職中)方のお母様のお葬式に行ってきました。実家はとてもおいしいおそば屋さんで、先週の木曜日に昼食で伺い、お母様にお会いいたしまして、ウチの坊主がスイスから帰ってきていますから、色々とお話しました。今度6月に帰国する時は色々なスイスチーズを買ってくる約束等していた矢先の突然の訃報でした。享年52歳。私とは5つしか違わない、とてもお元気な明るい素敵な方でした。喪主のご挨拶で、残されたご主人が「大好きで」を3回も続けておっしゃっていたのは、さすがに涙を誘いました。青天の霹靂のご家族。悲しみの渕からの立ち直りには相当時間が必要でしょうね。あせらず、またおいしいお蕎麦をお願いいたします。

人の命とは・・・・とあらためて考えてしまいました。。。

どうにかならないのか?

今回の改定で一番困っているのは歯周疾患総合診療料の廃止に近い扱い。4年前厚労省はこの導入に関して、補綴中心の削る被せる旧態の治療から管理型歯科医療への移行と将来への疾病予防健康予測として、3ヶ月以内に1回ぐらいの割合での定期の予防管理を行ないましょうと言ったのだ。その評価は24本以上歯がある場合で衛生士の実地の指導を合わせると7050円(10割計算)。この金額に合わせ、歯周病をきちんと取り扱う医院は様々な機器の選定や導入を行い、より快適にスムーズに管理が出来るように設備投資を行なった。その背景にはこの導入が、明らかに学術的にも理にかなっており、これからの歯科疾患を考える上で有用だと判断したからだ。当院でももちろん、管理専用のユニットを増設し、一般治療とは全く別枠でアポイントを取り、快適な管理が出来るよう何段もの階段を頑張って登ってきた。

それが今回の評価で、7050円→1200円.....(☆_★)
何と言う事でしょう。
しかも6ヶ月の長きにおいて、追加修復や不測の事態は全てこれに含まれ、驚く事にレントゲンすら撮影できない。これは明らかに、「そんな事はするな」と言う事以外に考えられないでしょう。頑張って上がってきた階段を振り返ると、厚労省の役人が全て壊して、下で手を振りながら、「そんな高い所まで行って、おりられますか?」

高い所まで到達している歯科医院ほど、完全な兵糧攻めにあい、飛び降りなければ従業員元とも全員餓死。しかし、飛び降りる時には怪我もするだろうし、死ぬヤツも出るかも。

マスコミは歯科がこれほどの事になっている事を何処も報道しない。理由は、医者歯医者イジメが商売になるから。ジャーナリズム等と偉そうに、実態はこんなもんでしょう。だいたい、今までかかりつけ初診料が2740円。此処から色々なものを準備し、機具を消毒滅菌し目に見えない様々な事を行なう、治療計画の説明や資料はもちろん、ユニフォームだってキレイじゃなければ。にもかかわらず、今回1800円に。・・・・・・・

医科の先生曰く、、「医科なら暴動が起きるよ、歯科の先生たち、我慢強いのね。」

患者さん達に逆に聞きたいですね。
いいんですか?本当に。こんなんで。。。
国民歯科健康は地に落ちる事マチガイナイのだが、、、、今来てくださる患者さん達を一緒に「飛び降りましょう」と心中の誘惑をする訳には行かないですよ。これが医師の正義と良心。
そこにつけ込む、役人もすごいが、、、、、。

土曜日, 4月 01, 2006

混乱

本日から2006年度医療改定版がスタートします。
過去に例をみない史上最悪の改定で、国民の口腔健康は地に落ちます。
連日、深夜に及ぶ受付事務やドクター&衛生士のミーティングだったのですが、今朝、いざ蓋を開けると大変な事務量にへとへと&時間が足りない状況が続いています。しかもこれだけのエネルギーを消耗して報酬はわずか雀の涙ほど・・・・。
わしらは事務職員じゃない!歯科医師だ!こんなことで正常な歯科治療が出来る訳が無かろうと言う事が分からない歯科役人こそ、最低の歯科医師達!まあ、臨床の現場に送り出すには色々難があるが、お勉強は出来ると言う、とある方々が、役人になると言う話ですが、私ナンゾは頭悪いのでなろうとしてもなれませんからネ。。
兎に角!
現場は異常に混乱しています。まともな、移行措置の通達も遅れに遅れている現状で今もう新しいシステムの臨床は始まっているじゃない!!!。ホント役人とは、責任は自分にないとばかりにいい加減すぎませんか?しかも、「う〜ん?それは規則違反だ!」が大好き。
どうしてくれるんだ?誰のための改定だ?何が目的の改定だ?医療費削減など歯科は、全体のわずかに8.7%しかないぞ。そんな所を削って一体いくら浮かせようと言うのだ?