水曜日, 5月 30, 2012

HERZ会

本日はウチの勉強会であるHERZ会の定例会でした。なんか連絡が上手くいかずに、そう、例のスパム攻撃でサーバーが撃沈した時期とメーリングリストの配達が重なり、うまく連絡が届いていなかったらしく、参加者はウチの若い衆と、夏堀デンタルクリニックの若い衆と柄本先生などでしたが、それでも10人以上は集まったわけです。

本日は夏堀組の症例発表で面白かったですよ。ウチの若い衆でもそうですが、若い先生方が熱心に本気で歯科医療に取り組む姿って、なんか良いですよね。実は物凄くレベルが高いことに気がつきます。こういう先生方がこれからの歯科医療を引っ張っていくんだなと感慨深いモノがあります。
と言う事は、こっちはもう足の小指と薬指くらいしか業界に引っかかっていないのかなと一瞬思いますが、いやいや、まだまだですぞ(笑)。

何人かに持ってきてもらった症例がとても若かったので、7月の末にもう一度、そしてその後・・を加えて再度発表してもらう事に。。ついでに納涼会ですね(笑)。でも今年は寒いからどうなることやらです。

寒いし、景気も悪いし、復興もいまいち進まないし、もう6月だって言うのに何か空気も社会ももやもやしてますね。




久しぶりですな


今日来た患者さんなんですが、20数年前の若い自分を信用していただき補綴治療を終えた方でした。当時歯周病もそれなりに進んでいたものだから、頑張れるだけお互い乗り越えるまで頑張りましょうなんて言った記憶があります。
それ以後定期的なメインテナンスを20年以上欠かさず今日に至っていました。そしてその口腔内は20数年前に補綴終了した時点と全く変化がない素晴らしい状態。

「久しぶりに先生の顔を見たわ」
「クリーニングで来てるんだから私の顔は見ない方が安心でしょ?私が顔を出すと言うことはどこかトラブルがあると言う事じゃないですか(*^_^*)。今日はたまたま久しぶりだったので」
「もう20年以上経つのね。それなりにおかげさまですよ」
「いやいや、○○さんが頑張ったからでしょ(*^_^*)」

こんなたわいも無い会話がとても嬉しくて仕方ありませんでした。年取ったなワシ・・と感じた瞬間でもありました(笑)。カルテは歯周病管理データで菓子箱のように厚くて、そりゃもう年期が。。

こういう環境を沢山作り出したいために、プリベンションサロンを創ったのかなと、ちょっと不思議な感じにもなりまして。残そうと思えば歯は残るし健康になろうと思えば口腔内も体も健康になるわけで、だけど、、分かっちゃいるけどやめられない(青島名言)・・・煩悩の数々に、そりゃ普通の人は負けますしそれが人だもの。ストイックさに美学を求めるほどワシも賢くはないしね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで、尊敬する山形の兄ちゃんの自転車の誘いを蹴って同じくらいの値段の注文したバイクがあるんだけれど(自転車高っ!)、入れる車庫もないし雨ざらしになるだろうな。ま、そんなもんかとあまり気にしないワシでした。
いきなりセレブな成金の人は車やバイクをぴっかぴかにするらしい。本気のセレブもぴっかぴかにするらしい。でも、ワシがしょっちゅう行ってたスイスやドイツでそれなりの人に聞くと、車を洗うのは年に2〜3回とか。「だって雨降るでしょ・・」だって(爆)。日本人車洗うの好きだもんねぇ(笑)。
向こうでドロドロのAMGとか超レアなブガッティ ヴェイロンの薄汚い奴とか見ると、ああ、この人にとっては下駄代わりなのね、、う〜んカッコイイと思うのはおかしいだろうか(笑)。こち亀に出てくる田子作さんのように、フェラーリにすぐ飽きてキノコの栽培ハウスにしちゃう発想が、、、うははは、大人。昨日の話じゃないけれどモノはモノなのね(笑)。

火曜日, 5月 29, 2012

なんかしっくり来ない

7月のスマイルクラブ(山形のインプラントと国策の勉強会)のプレゼンを命令(笑)されて、さて、どうしたモノかと情報収集していて、今更ながらにちょっと気になることが沢山出て来て困惑してます。

インプラントは目的じゃないし、そういう発表をサンディエゴで兄ちゃんがアメちゃん相手にガツンとやって・・そうだよなぁ、そうなんだよなぁ、と共感することしきり。で、世の中どうなっているかと言えば、インプラントに関する得体の知れない漠然とした不安や大きな誤解を解くために、やはりここでもちょいとした資格のインプラントコーディネーターが必要などという言葉を読むに至り、頭の中にクエスチョンが沢山出て来ますね。

人は大きく分けて2つに分かれると言うのは某フランス文学者。18世紀の昔から人をつぶさに研究すると「人を好きな人」と「モノを好きな人」の2つに分かれるという。医療人でモノをこよなく好きな人は沢山居るし人を好きな人も沢山居るが、はて、ワシはどっちだろうと考えた。う〜んワシはやはり人が好き。モノも好きだし新しいモノにはすぐ手を出す。でもそれだけの話。スペックにこだわるわけでもなく固執はしない。だってモノ自体人のためにあるんだもの。
モノを眺めて悦に入る感情は分からないでもないが、それがどうなのか理解は出来ない。デカルトの実体二元論はヨーロッパに於いて一世を風靡した。その遺伝子を引き継いでいるとは思えない日本人だけれど、アメリカナイズされるとどうしてもモノに固執し始める。これって戦後の特徴でしょ?モノを得るには金が要る,,これもアメリカだよなぁ。

で、ハタと自分の知る限りのインプラントロジストのカテゴリーを大きく2つに分けて見た、偉そうにね(笑)。インプラント自体歯科医学の物理主義的唯物論。と言う事は、人が好きな歯科医師がしょうが無くインプラントを選択すると、結果、アベレージ以上のもの自体期待はしない。だって人が相手だもの。ところが、モノが好きな歯科医師がインプラントを選択すると、アベレージは関係なくそのこと自体に固執するよね。見事に唯物論!

そういう雑ぱくなカテゴリーで怒られるかもしれないけれど、ワシが好きなインプラントロジストは人が好きな歯科医師だね。モノに帰結するインプラントロジストはモノを共有する友達が沢山居ると思うけれどどうなんだろ。

開業して24年、人が好きだから東洋医学も未だにインプラントに応用するし、その科学的根拠が必要なら大枚はたいてモノも買う。でも、帰結は人だものな。

これ遺伝的にFFS(Five Facter Stress)で説明されてるから、このあたりをプレゼン?・・う〜ん。面倒(笑)。

日曜日, 5月 27, 2012

春の婆古石蕎麦とジェラート

このブログで何度か紹介している、七戸の婆古石そばを食べるために、昨晩の深夜に及ぶドクターミーティングの疲れが取れただろう午前11時頃起き出してすぐ向かいました。
最近ではあまりなかった好天に恵まれ、相変わらず、婆古石なおばちゃんの蕎麦も旨いしね。




その後いつもの樹齢500年はくだらない倉岡大銀杏にお参りして、芽吹いたばかりの銀杏を観察。かつて夢に見たこの木の精霊「銀杏人」にこれからの行く末をお話しして帰路につきました。




途中、七戸道の駅で買い物をしたあと車を走らせると、ふと遠くに菜の花が咲き誇っています。ああ、そうだ、あそこはかつて自分が我が物顔で遊んだ盛田牧場じゃないかと立ち寄ると、かつてのダービー馬を生んだ牧場は影も形もなく、金子ファームと言うところがオサレなジェラートを提供しており、これが美味いらしく人だかりです。


ま、食うわね(笑)。十和田のKDJ先生にも偶然出会ったり、おぉ、娘とタンデムツーリングですか。子供が小さいときは楽しいからね、今のうちにウンと遊んだ方が良いですな。もうすぐ寂しくなりますから(笑)。


良い日曜日でした。。。


土曜日, 5月 26, 2012

ドクターミーティング

本日土曜は、恒例のドクターミーティングです。仕事が終わる7時半頃から食事もしないで始まります。丁度DHもその時間帯に何かの研修をやるそうで、ウチはみんなホントに熱心で頭が下がりますよ。

そんなドクターミーティング時に使用する為に、実は先月一台のラップトップを買いました。そう、ウインドーズマシンですな(笑)。で、今日それを使うために、久しぶりにWINマシンをあれこれいじりました。

何ですかね、ラップトップもMacBookAirとかMacBookとか使い慣れてると、使い方がどうというのじゃなく、この某台湾A社、ウィンメーカーのこのマシンの何から何までのクオリティの低さに脱帽ですね。決して安くはないんですよ。CPUだってi5だから別に悪くはないでしょ?

13インチにもかかわらず、キーを打つと平らなところに置いてるにもかかわらず、画面がゆさゆさ揺れます(笑)。要するにヒンジがおもちゃ。その画面を少し後ろに傾けただけで重量バランスが適当配分なので倒れます(笑)。どんなアプリを立ち上げても、テキストがぎざぎざでジャギーを我慢して使っている今時のwinユーザーに頭が下がります。目え、つかれないかぁ?

じゃあ、なんで国産のモノを買わなかったかと言えば、、、要はくだらない使いもしないアプリがごしゃごしゃと用もなく連なってインストールされており、それより何よりデザイン等あまり考えていない風で、とにかくダサい(笑)。これにつきますか。カッコイイWinマシンのラップトップ

と言うわけで、本当に何年かぶりに、Winマシンの悪口を書きました。賢明なるWinユーザーの方は、マック使いの戯言と笑止し、、決してウチのサーバーにクラッキングとかハッキングとか試みないようにお願いします。





金曜日, 5月 25, 2012

歯科衛生士法

ここ数年の懸案事項として業界の話題にちょくちょく出てくる歯科衛生士法の改正が、なんかいよいよ出来そうな気配で良いですね。特に日歯会長の進める第2条1項にある「歯科医師の直接の指導の下・・」を「歯科医師との緊密な連携とその指導の下・・」に変更するのはとても良い。

だいたい、まだまだDHをデンタルアシスタントに毛の生えた程度でしか考えていない人も多い中、こういう法改正は既存の職種の業務範囲が広がる可能性や希望を含んでくるので良い傾向ですよね。在宅でも診療室でも出来る事がどんどん広がる可能性があれば、今の学生だってもっと勉強しようという気にもなるというもの。

そういえば、横浜だっけ?「口臭改善道場」を主催しているDHに関して各方面から色々意見が出ていますよね。ワシはこれに関しては良いんじゃないかと思っていますよ。歯科医師が口臭外来を治療カテゴリーに入れるよりはよほどマシと思ってました。歯科医師的アプローチは同じ口臭でも違うじゃないですか。でもDH的アプローチは生活習慣から始まるとても日常に隣接したメソッドですから好感が持てますし、それでDHが万が一自立の道を見つけるのなら応援しますよね。

プリベンションセンターの開院を6月6日に備え、何か色々モノカネヒト試算を益々正確にすると、その運営には相当の覚悟が必要な事が浮き彫りになってきます。モラルハザードが当たり前の日本で、どういう啓蒙をどのポジションの人達にどういう形で入っていくか、それ次第では予防が本来の目的から外れてそれ自体が目的になる危険な側面も出てくるのですよ。

北欧のDHの世界を直接垣間見てきたウチのスタッフ達は、それをどうやって日本の法律に当てはめていけるか四苦八苦しています。でもその努力はかってください。

あ、コペンで足止め食ったにもかかわらず逆にそれを楽しんだ山形の兄ちゃんに敬意を表します(*^_^*)。

木曜日, 5月 24, 2012

うはははは

中央日報によると、なんかさ、北朝鮮が中国漁船を西海(ワシらは黄海)で拿捕したらしくて、もっとも北に大切な国と正日さんの遺書にも書き残してあったらしいのに、、いいのかね。3隻で29人だそう。で、しかも、解放するには1隻あたり40万中国元(508万円)合計120万元(1524万円)送金しないと全員殺害すると・・・・・。つまり身代金を払わない時は殺すよ、、って、見事な犯罪ではないですか。しかも国と軍が関わっているということで、北という国が如何に無法者かよく分かるというモノ。

そんな国にぺこたらして、中国様に近いからと土下座に近い外交や、朝鮮総連の不正をうやむやにしたり、あるいは朝鮮学校の授業料まで面倒見ようというのは、国家としてここまで優しくつきあって良いのだろうかと疑問に思いませんか??

イヤむしろ、今回の場合若造の指導者が掌握し切れていない不良軍部と地下に潜む共産主義犯罪組織(?)とも言うべきものが結託して起こした事件だという憶測は流れているものの、要するに食うに困った海賊と何も変わらないわけで、比較的待遇が良いとされた軍でさえとうとう犯罪に走るほど切羽詰まっていると言う事なんだろうかね。

某国の海軍が海賊だなんて、一体何世紀前の話よって言う感じ。。。まさに極道国家。

結局、漁民が海賊だけれど海軍はさすがに其処まで落ちぶれていない(笑)某中国政府がブチ切れて、相当脅しをかけたらしく、13日後中国漁民は解放されたらしい。拘束されている間毎日暴行を受け家畜のような扱いを受けたと報道されている・・・・が、ま、これもなんかどうなんだろうと勘ぐるワシは相当中国嫌いとみた(笑)。

それよりも、北、,益々やばくないですか?かの国は「党」と「工作機関」と「軍」で出来ている国で将軍様がその全てを取り仕切っている。それが最近、なんか、ばらばらじゃないか?と思っている人も沢山居るのでは。だって、突然ミサイルが飛んだり、核実験はやらないよと言いつつやると言ったり、最近のアクションは本当に唐突。

ワシらが思う以上に、大変な状況になっているかもしれないですね。
大丈夫ですか我が国の政府は。突然ミサイル振ってきた時絶対助けてくれないでしょ。自衛隊がどれだけスタンバイしても助けられないと思うなぁ。勘弁してくださいよ。




水曜日, 5月 23, 2012

月刊日本

青森の行き帰り、新幹線のなかで久しぶりに骨のある論文を読んだんです。どうも最近、今日はこうしましたあれしました、カワイイ、ウフフ、がんばるぞぉ〜、なんて言う、芸能人のうわごとのようなブログが多いので、キチンとしなきゃねと。

西村氏の「嘘で固めた日本国憲法」を読んだ後、テレビタックルでやはりうわごとのような事ばかりいっている社民党の党首を見ていると、この国のサヨクと自由と平等の勘違いの改善は、一筋縄ではいかないなと理解できますね。かつて誌上で元東大教授の酒井氏が朝日新聞の言論テロリズムに関して糾弾しているが、まさしくですね。そこに内包されるように存在するこれら左翼的ニヒリズムが、今の壊れた国家意識や個人主義を作り上げていることは間違いないでしょう。

だから、憲法解釈に関して憲法そのものを国体国家として意識する改憲派と、GHQマッカーサーに供与されたシナリオの中で意識する護憲派とは全く相容れるわけが無いわけで、どちらがと言う論争を好むマスコミ自体がサヨク目線で憲法を見ている訳ですね。
だいたい、戦勝国は二度と敗戦国が立ち直れないように、特に日本のように(国体一丸で白人には理解不能の精神構造は非常に恐怖を感じた)手強かった相手には、こてんぱんにする為にも、歴史改竄、天皇否定、等要するに日本自体を、世界的には体裁良くたたきつぶす必要があった訳で、その上に乗ってお祭り騒ぎするかのような日本人の「護憲、平和」という寝言が、今更ながら忌々しく感じるのはワシだけとは到底思えないのですよ。

そんな事を、秀逸なる「月刊日本」を読んで感じた一日でした。。。

重いでしょ?(笑)


火曜日, 5月 22, 2012

日食

日食でしたね。。少し見ました(笑)。ワシは日食より、この間書き込んだ黒点の方が気になりますが。。

我が家には、20センチと25センチシュミットカセグレン望遠鏡があります。その昔、シューメイカーレビー彗星の木星衝突写真を撮影するために購入しました。当時は天体青年だったんですね。もう20年以上前の話ですから。そんな熱を今まで持続することが出来ず、今や埃をすっかりかぶっています。この間ちらと見たらまだまだ現役の輝きでしたから、メンテできる欲しい人に差し上げますよ。特に惑星を追いかけて撮影する機能に優れてます。赤道儀でもありますから天体撮影も綺麗です。自動追尾ですから凍えることもありません。CCDは新しくした方が良いでしょうね、自宅でディスプレイで鑑賞できます(笑)。太陽だって上の写真のように黒点までキチンと撮影できる太陽キットも備えています。。。

そんなワシが、あ、日食ね、ちょっと見てみるか、、、ぐらいテンション下がったのは自分でも信じられないくらい残念なことですね。だめだなぁ。。

これから青森です。最終日ですから今月も終わったかなという感じですが、まだまだあります。がんばろ〜。


日曜日, 5月 20, 2012

困った(笑)

色々紆余曲折がありまして、、、

こちらに暫時復帰です。
思い起こせば2000年からいろんなブログアプリで試したり失敗したり、、、
そのわけは、、とにかく人と違う物が作りたかったから  だけなんですが(笑)。

やはり一番気に入っていたのは、むかーしから使っていたiblogというアプリでしたが、開発メーカーが消えてしまい(その昔OS9の時代、アップル製品に密かにバンドルされていた)64ビットの移行に伴い全く使用できなくなりまして、64ビット版は出ていたことは出ていたんですけれど、、、使い勝手がかえっておかしくてね。

そこで移行したのがOSXサーバーのWWWコラボレーション機能としてのWikiサーバーに付随するBlogパーツでした。それがひっくり返ってもうてんやわんや(笑)。

それまでにもやはり大型ブログをサーブしている大手に乗ろうかと、楽天やら何やら試したのですが、楽天はなんか遅くて遅くて。久しぶりに覗いたGoogleブログが機能満載でしかも五月蠅くなくて、、、これで良いかなぁ、、なんて。

賢い登別の後輩のHP直結ブログは、何と2000年というその頃から全く同じで、たいしたもんだ!飽きの来ないデザインといつまでも新しい感じと、重要なポイントとしての人と違う形式と、そしてなおかつHP更新をブログで済ませる離れ業は脱帽です。。でもさ、飽きない?(笑)

ワシのこんなくだらないブログでも継続は力なんですが、、、彷徨う大量の記事というのもなんかもったいないね。。。。検索すら出来ない。反省です。。

明日は久しぶりに仙台まで買い物です。6月開業の新しいプリベンションサロンの小物とかね。やはり・・牛タン食ってこよ。