土曜日, 12月 28, 2013

美味でした

今年も後もうわずかですな。
先般、小澤先生退職富士吉田開業予定祝い(笑)の最後の八戸の晩餐で「焚久味」さんに 。。


相変わらず美味しゅう品々に、皆、舌鼓を打ったのでした。今回はいつもよりクオリティのわがままを言って、普段あまりお目にかかることの出来ない(写真は無いけど)極上特大+大将見たこと無いクラスのノドグロとか。

美味い!!
個人的にはアワビと牛と金目鯛のあんかけがお気に入りでした。
極上毛ガニも剥いて貰うのがスキ。

ホントはまだまだお料理あったんだけれど、、、食うのに夢中でこれしか撮れなかった訳でして、、。
白子を焼いての甘酢かけは、もう。。幸せ。
言っときますが、山梨にこんな美味い物はないだろう(笑)。桃とブドウと山菜だろな。とか。(笑)怒るな(笑)。

この味を思い出して、ひたすら精進して欲しいですね。ウチのシステムと哲学で怖いものなしだろ。
で、本日、沖縄の宮里先生から「ゴーヤビール・ドライ」なるものが。。

飲んだこと無いけど、どちらも小苦いから良いのかな。と言う事は多分相当美味いだろうな。忘年会で使わせて頂きます。っていうか、この間「バブ酒」頂いたばかり。申し訳ない。
アップルシネマディスプレイのVESAマウントに手間取っていたけど、ちゃんと出来ました。このアップルらしくない仕組みは何とも。。
アームを付けて、10キロにもなる27インチディスプレイ×2が自由自在。サイコー。
これが本当のワシのデスクトップ(笑)。縦長27インチは、残念ながらWINマシンPC。でもこれがまた結構縦長なので非常に便利なことに気が付いた。今日び、ディスプレイ3台時代に突入ですな。今度2月頃に来るMacプロなら、画面3台接続してウチ一台はあたかもwinマシンのように振る舞わせても、何も問題ないスパコンだもの。楽しみ。






木曜日, 12月 26, 2013

よくぞ行ってくれました

安倍さんが靖国参拝をしました。案の定、韓国と支那は気が違ったかのようなコメントで、ワシ個人としてはいい気味です(笑)。面白いのは、国内に目を向けても、韓国支那と同じようなコメントを話し気が触れている日本人が大勢いることでしょうか。

歴史認識の違いとか言いますが、支那や韓国の言い分が如何におかしいのか、また、それを此処まで、捏造してでも自国益のために使う厚顔さが世界中の嫌われ者だと気が付いていないのは彼らだけだというのにね。
ちなみに、日本共産党のコメントと支那共産党の言い分が全く一致しているので大笑いしました。なるほど。テレビを付ければ、やはりキチガイのように各局非難声明ばかりを垂れ流し、この行為の賛同者など1%もいないかのような報道姿勢は、やはりこの国の左傾病魔はこの辺かなと再確認。

明日の朝刊が楽しみなのはもちろん「朝日」だね。なんてったって「憲法」さえあれば国家が滅びても良いと思っている人達のようだから、支那韓国に平身低頭何て言い訳を考えるのかなぁ。ま、自虐言い訳だとしても、最近特に面白いのはPKOでの南スーダン。まさに気の触れた暴漢に襲われた時、友人を置き去りにしてでも逃げ帰るタイプの友達なんて友達じゃ無いでしょ。憲法には
「平和を維持し専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたい。いずれの国家も自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」
ね、朝日の自己矛盾深刻じゃ無いですか?。。(同情)撤退したらダメでしょ。。

インターネット時代ですからね、これから世界中の反応をキチンと調べてみますよ。ていうか、この件に関して他国が色々言うのは、全く余計なお世話な訳だけど(笑)。


月曜日, 12月 23, 2013

怒濤の1週間でした

月曜から様々な会合が連日連夜6晩続きました。完全にいかれてます。

ですからさすがに今晩は休肝日としますな。23日は世の中祝日ですが、真面目な当院は通常通りの診療をいたします。その代わりといってはなんですが、、、29日の大そうじ&大忘年会を仕事納めとして、生意気にも新年5日まで休ませて頂きます。
とゆことで、陛下様、本当にすみません、<m(__)m>

23日は夕方からハッチでカフカ的K氏の(もう彼は変身からすっかり立ち直りカフカ的では無いが)「愛の言霊ライブ」9回目が開催されます。初回の頃はワシも結構出演させて頂いていましたが。だんだんに盛り上がりを見せ、ワシなどよりもよほどのパフォーマーが大勢出演するようになり、本人では無いですが大変嬉しゅうございます。
特に前々回ぐらいから、弘前から参加のSTKY先生とか、なかなか見応えがありますので気になる人はウヲッチ&サーチをしておくと良いでしょう。
そして、その後の懇親会に顔を出せれば良いなと思ってます。

色々書きたいことは山ほどあるのですが、今日一日というか半日、またまた一生懸命院長室の改造に取り組んでおりました。体中がきしんでいたいです(笑)。大改造ですから。
全ては新しいMacプロのためにですね。今注文をすると、受注生産で2月頃の到着になるんですと。
OSをマーベリックにすると10年以上慣れ親しんできた天下のスケジュールアプリ「nowup -to -date」がとうとう使用不能になります。院内はもとより出先からでもサーバーに接続してあらゆるスケジュールを管理してきた、いわばワシにとってはスーパーアプリだったわけですが、これも時代の変遷でしょうか。後にも先にもこれ以上の管理ソフトは未だお目にかかってはいません。非情に残念。

と言う事で、院内も含め14台で使用しているスケジュールソフトを、Appleのカレンダーソフトを立ち上げ管理しようとしているのですけれど、とても移行が難しく、今度Appleのサポートに連絡を取って詳しく教えてもらおうと思っています。
外部のクラウドサーバーを使えば良いじゃん、、と思っているあなた(笑)。とんでもない、そこには大きな落とし穴があるんですよ(笑)。自前サーバーで無くてはならないんですw。

それから、「昔は良かった」は非常に面白いので、もっと後日詳しく解説したいと思っています。

それから、1月の某講演会に講師として招かれていたのに、大きな勘違いをしてしまいとんでもない穴を開けてしまったのです。本当にすみません。KYKW君面目ない。電話のお誘い通り、穴埋めは帰八予定の30日夜にちょこっと、みろく横町で、、と言う事で勘弁してください<m(__)m>。

だめだなぁ、最近。反省。。。

木曜日, 12月 19, 2013

解説、、こっちが先(笑)

先に紹介した、昭和30年代の話や、昔は良かったか、、の本はとても面白いので後日また。今回は一気に読めた「悪韓論」。著者の室谷氏は時事通信の政治部記者時代ソウル特派員を経験し、本当の韓国を知っている氏ならではの事実解析が非常に面白い。

とは言っても、書き連ねるのも何かムカムカするかの国の基本的な情報を整理してみた。
ちなみに、これが分かると、現韓国大統領が世界中でばらまく、誰もがうんざりする反日至上主義外交ごっこが、彼女にとって何故必要なのか何となく分かってくるんですな。


李王朝から続く宿痾としての身分制度
エライ人と下人の感覚は、到底ワシらでは想像できないほど物凄い。泥水飲んでいる下人を蹴散らしながら豪勢なメシを食い、食い残しやこぼれたモノやゴミををテーブルの下に捨てる習慣はここからじゃ無いかな。しかし日本統治時代に、こういう習慣を知らない日本民族が、「こんなもの!」と破壊してしまった(笑)。統治終了後、確かこんな感じだったよねと以前にも増して物凄い身分制度差別意識が、あたかも法律のごとくわき出して今に至るのです。そしてその身分制度の下位に日本人を入れていることは間違いないわけです。

だから、大卒で無ければ人でなし、、と言う仕組み
大卒で無ければ人間扱いされない韓国の闇は、親が大卒で無かったばかりに経済的に困窮している家庭でも何とか大学に入れたいと頑張らせるのだという。しかしその結果大量の大卒就職浪人が。。ちなみに韓国での100人以上の企業に於ける新人大卒採用者の平均年齢は28.2歳。これだけでもこの国の異常さが見えませんか。
しかも、ワシの次男が行っていたスイスの小さな学校にも必ずと言って良いほど韓国籍の子供が来るように、国外への留学者数は人口の1%弱という(数なら中国インドに次いで世界第三位、割合ならダントツ一位)とんでもない数字。何となく分かる気がする(笑)。で、帰って来たら留学のサティフィケートひっさげ就職活動だ!

しかし、もっとたちが悪いのは韓国人留学生の残留孤児。どういうことかというと、一番留学生が多いフィリピンなら、留学中例えばフィリピン女性と同棲する。子供が出来る、卒業と共に母国に逃げ帰る、コピノと呼ばれる父無し子が1万人を超える(2011年)。こんなベトナム戦争時のライタイハンのようなことを現代でも何とも思わずやっているこの低レベルな国民性を何とするか。
これじゃあ、反日を隠れ蓑にせざる終えない韓国の構造もよく理解できるといもの。あぁ、日本人は冷静に大人だなぁ(笑)。

何か此処まで書いてきたら、この本の解説本が書けそうなのでやめよっかな(笑)。

でも、これだけは言いたいが、息を吸うようにウソをつくだけで無く、性犯罪率世界一のこの韓国という国と米国の西海岸の売春婦は7割以上が韓国人女性だという事実を踏まえて、自称慰安婦などと結託して、純粋な売国奴河野とかダマして涙させ(笑)、しかも金の力で縁もゆかりも無い米国のグランデールに自称慰安婦像を建てご満悦。

こんな事をワシらは決して許さない。テキサスオヤジの心意気にみんなで賛同しようじゃ無いですか。是非ホワイトハウスに署名して撤去しましょうあんなもの。

Remove offensive state in Glendale , CA public park

やり方がよく分からない人はこちらにどうぞ。
テキサス親父日本事務局



火曜日, 12月 17, 2013

ハブ酒

沖縄からワシらの勉強会の忘年会に参加するためにだけに来た宮里先生の、ワシへの秘密のお土産「ハブ酒」。話に聞いた事はあるが、これはこの辺りで飲まれる「まむし酒」に近い物だろうか。ま、水だけで100日は生きられるというハブの生命力を泡盛で絞り出したものと思えば良いのかな。

効能効果・・頭痛、抜け毛(笑)、腰痛、精力、倦怠感、イライラ、二日酔(うははは)、食欲不振、残尿感、動悸、息切れ、胃腸障害、不眠、高血圧、低血圧、等々何でも良いんじゃね?(笑)
兎にも角にも、体も気持ちも元気になること間違い無しなんだろうな。取り合えずまだ、飲んでない。ちなみに、飲んで減ったら継ぎ足し用の泡盛がもれなく付いてくるので減ったら足すを繰り返せば、、、、相当長い期間味しく飲めるのだそう、、、で・・・・・・。

muuuu〜〜どしよ。。

とりあえず、今週一週間、怒濤の忘年会連チャンなので、朝起きたら一杯飲むのか??
いや、忘年会の時、誰かにこっそり飲ませるために、違う入れ物にそっと入れておこうかな。いやいや、何かの罰ゲームにしようか、などど夢は膨らむのでした。

数ヶ月後後、超健康体のワシを見たら「あ、ハブ?」とか声を掛けてください。まあ、美味いものじゃないかもしれないことは確かかもしれないけれど、こんな貴重なお土産本当に感謝。もちろん宮里先生は愛飲しているのだろうか?
う〜ん、元気だものなぁ(笑)。

さ、今日もこれから忘年会ですw。。




土曜日, 12月 14, 2013

懐かしいブツ

女子医局の押し入れにある、たいそうながらくたを、今度こそ整理破棄すると事務に告げられそこに向かうと・・・・。

懐かしいMacやHD、3Dプロジェクター等々色々出て来ました。な、懐かしい。
左端の古いのはMacintoshIIfxという名器。CPUが68030・40MHzという当時では最高速マシン。ビデオ編集など高度な処理を難なくこなせていた。まだ周囲はDOSやWIN3.1という稚拙な環境だっただけに物凄い事だったと記憶しています。確か91年頃、医院の機器としてリースをくんで使っていました。知る人ぞ知るRasterOpsというメーカーのとんでもない金額のビデオカードを入れてディスプレイも当時としては破格だったアップル256カラー640×480(ちいさっ)でしたね。日付を1990/3/19に設定しブート時にcommand+option+F+Xキーを押すと開発スタッフの写真が表示されたりして、物作りの原点があるような気がしました。ちなみにリース金額は200万弱だったと思う(爆)。SE/30の後継機種でこれです。その後のワシのMac遍歴は精神異常を来すのです。

ま、此処に転がっているのは全て院内で使っていたものが老朽化して使わなくなったモノばかりで、特にサーバーに使っていたので残っていたものですが、個人的に使用するMacは、この12月に発売されるMacプロを購入するとすると25年で10代目となるおぞましさです。ちなみに院内全体では概算ですが50台を超すでしょうね。加えて、しょうもないWINマシンですら10台超しますから。。いくら仕事に使うとは言え信じられない(笑)。まんまとはまってしまったわけだ(笑)。

さて、昨日Amazonから届いた本です。来週は一日足りと外に出かけない日はありません。怒濤の忘年会ウィークです。肝臓が心配、、なら、控えれば良いのだけれど、麻痺した大脳がそれを解釈できないでいるワシです。でも、そんな中でもこの本は明日日曜とか読んでしまおうと思っています。

特に、自称保守として、保守論壇が時々話す「昔は良かった」が果たしてどうなのか検証したくて真ん中の本を購入。そして、昭和30年代生まれのワシとしては、記憶には無いこの時代のおぞましさを今一度思い出し、果たして現代は不毛なのか?と言う事ポジティブな思考や、世界中で行われた大気中核実験が昭和33年で100回、昭和37年では178回を数え、東京の37年当時の被曝量は1平米あたり0.1ミリシーベルト以上を楽にカウントしていたわけで、ま、今の規制レベルなら人住んじゃいけないくらいの東京(笑)。3日に一回は何処かで核実験が行われ、日本中みんなそれを浴びていたんだよね。
う〜ん、医療人としては失格の「人って案外だいじょぶじゃね?」と言う楽観論を引き出したいし。。

そんなこんなで、何処まで正確な話かは分からずとも、思考回路を軌道修正するには良いんじゃないかな。あ、悪韓論は良書です(キッパリ)。





木曜日, 12月 12, 2013

HERZ会忘年会・・・30年

昨晩はワシらの勉強会HERZ会の大忘年会でした。思い起こせば今年で、HERZ会は30年を迎えます。歴史の詳細はHPを見て頂ければ良いのですけれど、よくぞ此処まで続いてきたなという感じですね。若手歯科医師達の頭の修練の場が、いつの間にかワシ自身が年取ったので、老年歯科に的が移りつつあるのが面白いですな。新しく参加する若い先生方は、何か不満があるかもしれませんが、そこはそこで何とか解決して頂きたい。

歯内療法ののヒエラルキー
もともと院内勉強会の抄読会がスタートです。今でもその延長線上にあると言っても間違いないです。臨床医、しかも仕事に忙殺、そして歯科以外他にもやらねばならないことが山ほどある、そんな条件の下でのお勉強は、なかなか辛いモノがあるはずです。
加えて、主宰者にカリスマ性がある訳じゃ無い。そのマネをしてサティフィケートをもらうための勉強会じゃ無い、かといって飲み会主体じゃ無い、などなど、スタディグループとしては非常に異質だったかもしれません。でも、ここをきっかけに偉い先生達は偉くなっていますが(笑)。

以前、参加者にこんなことを言われたことがあります。
「最近勉強会がつまらない」
うははは、なになに、つまらない?じゃあ、あなたが楽しくしてよね。なになに、それじゃあ参加している意味が無い。
こゆひとは、もういなくなりました(笑)。さっきも書いたように、主宰者があの手この手で参加者を楽しませる気はさらさらありません。会員を維持管理するのは、実は、不本意なのです。将来を見据えた本当の哲学議論を腹を割って話して、その後酒を飲む。これで良いじゃないですか。

こう言う飲み会でも気が付きますが、近頃入会した数名は、とてもガンコです。その頑固さの何処に問題があるか何処を同意してもらえるかは、これからの経験則で修正されるでしょう。誰だって自分が一番。でももっと大切な優先順位が患者であると言うことを逆にその自分が無理強いしている事に気が付く頃、う〜ん、ワシと同じくらいの歳になっているんだろうなと、上から目線で(笑)ほほえましく見ているのでした。

深夜まで、話は尽きなかったのでした。。

月曜日, 12月 09, 2013

なんやかんやの週末でして

土曜の診療後7時過ぎですが、天気の悪そうな青森に車で向かいました。翌日の午前中から某組織の総会議がありまして、財政を担当しているワシとしては休むわけにはいかなかったのです。八戸が晴天の冬の日は、大概青森市は大雪です。幸い軽い雪だけでみちのく自動車道を抜け、青森市内についたときは雪は小康状態で助かりました。

9時頃だったので腹がへりましたから、宿泊近くの駅前寿司店へ。酒のつまみにあれこれ頼んだ小物は結構美味かったね。久しぶりに食べた身欠き鰊のあぶった奴は美味でした。で、メシが食いたくなって、お任せで握ってもらったんですよ。・・・・・これがいけなかった。寿司は八戸だね。全くいけない。こんな不味い寿司を食べたのはどれくらいぶりかな。どれをとってもヘタレなネタに愕然としたわけです。ダメじゃんこれじゃ。。。

以前の院長室
それでも何故か(笑)結構食ってしまったワシは、ただただ不満足さが残り、帰り際コンビニよって、あれこれつまみと酒を買い部屋のみでした。これが失敗した。翌日曜、帰って来て体重計に乗ってここ数ヶ月で一番の体重に逆戻り、、とほほ。

新しい院長室
会議は粛々と終わり、帰路につきました。帰り道は雪。八戸は快晴。県内でもこんなに違うなんてね。夕方から院長室の後片付けをしまして、つい先日書棚を作ってもらい整理しきれなかった残りの整理に取りかかりなんとか形になり一安心。気分が違って来るから良いですね、こういうの。


横浜ランドマークタワーのハンティングワールドのブテックからお歳暮の宅配が届いていたので開けてみると、なんておしゃれ。色々なトマトの詰め合わせでした。流行っているのかな。しかも、好物だし。
おされなトマト詰め合わせ


秘密保護法案、もめたけれど通過したようで、世の中のサヨク共地団駄踏んでいるでしょう。産経を除く大マスコミはこぞって反対ありきの反対論をでかでかと報じ、左翼市民グループは大連団です。拡大解釈をあおっているのは君たちじゃ無いの??少なくとも自立国家として必要だと考えてのこの決定に、ごく少数の人間の利益のためにこう言う法案が作られるとか、そりゃ、まさしく共産党がいつも言っていることだから信用なんて出来ないし、それより何より今のマスコミの、例えば記者クラブ内での談合のような「秘密」のほうがよほど危険でしょ。何が民主主義の冒涜なんだ??あげくにこれは民意じゃ無いとか言いだしたときには、もう頭おかしいんじゃ無いかと。
ちなみに、各新聞社は一般的な世論調査の他にWEB上でも5000人規模で調査を行っているけれど、これがまた全く逆の数値が出るものだから何処も黙秘(笑)。完全にWEB調査で逆転していることを、特に朝日とか毎日は全く報道しないところが、この国の情報汚染の程度を物語っています。本当に山本のような気が触れた奴が、議員特権の国家に関する機密情報を中核派にダダ漏れさせて良いと思うのだろうか?

リベラルサヨクの言う、自由とは、何処までいっても好き勝手な個人主義だと理解している人は沢山居ますよ。彼らの言う平和とは、かつてのアナキスト達が言う平和だと理解している人は沢山居ますよ。国家の舵取りと個人主義、利己主義は議論する場所が同じではないし、ハタと周りを見回して、例えばDQNな名前が氾濫している例えばジェンダーが不法にに氾濫している、そんな酷く混濁しているこの状況こそ良い証拠じゃ無いですかねぇ。


木曜日, 12月 05, 2013

アマロスなんて無い!!

あまちゃんが終了して放心状態になって心神喪失している人達が居るらしい(笑)。このアマロスの人達は、次に始まった「ごちそうさん」を見てるのかしら?あまちゃんは地元話題だったし、何より脚本も面白かったし、そして能年ちゃんがめちゃくちゃ良かった。だからこれだけの人気だと分析された。最高視聴率は20%位で平均17%くらいかな。

ところが、全然ニュースになっていないけど、その後に始まった「ごちそうさん」は、平均23%最高25%を叩き出しているようで、朝の連続テレビドラマ始まって以来の快挙なんだそうな。うあぁ〜、見てなかった!!

と言う事で、NHKオンデマンドの餌食となり、945円で一ヶ月何でも見放題契約をして見てみたんだよ。。
これは秀逸!素敵なドラマに仕上がっています。ていうか、マジ面白いが。。。。。

大阪編から始まる小姑との対決は、まさかのじぇじぇじぇな倍返しは今でしょ!を皆期待しているのかな(笑)。
ワシはその辺はどうでも良いのだが、、め似子の子供時代の子役「ハナちゃん」にはまった。こんなに美味そうにメシを食う子供がウチに居たらそりゃ楽しいだろうな、、とか妄想。
で、その後のめ似子役の杏ちゃんがすごくいい。何か個性的な女優さんでスキでも嫌いでも無かったけれど、絶妙に上手い役者ぶりを発揮していると思う。ファンになるね。確実に両親のDNAは引き継がれているな。うん。これだけモノを食うシーンが多いのは仕事柄非常に興味が湧くのだけれど、杏ちゃんよく食う。各シーン、テイク幾つまでいってたかは知らないが、、、、本当にご苦労様ですな。

よく考えたら、わし、上手そうにばくばくモノを食う割には太っていない(笑)女子に引かれるのね。うん??おぉ、合点!だれ?(笑)

さ、兄ちゃん、ブームに乗り遅れまいとあまちゃんを朝まで通しで見たという豪傑ぶりを此処でも発揮してください。面白い事請け合いですから。まだまだドラマは続きますが。
食うのが好きな諸氏、超お勧めですぜ。ちなみに何度も書くのだけれど、以前流行ったワシの脳内メーカーは、、頭の中全て「食」となっていた(笑)。。。。

ワシは前世は犬だったから仕方ないか(笑)。



水曜日, 12月 04, 2013

Macの気持ち

20年以上前から世代を交代しながら使っているマイパソコンはMac。最初に買ったのがMacintosh SE/30と言う機種で1989年12月に買ったかな。日本語をバンドルした漢字トーク6.0.4搭載で価格は80万を超えていたなぁ。。しかもカラーのディスプレイを即繋げて今では当たり前のツインディスプレイ。この発想は、当時DOSなWIn3.1とかで右往左往していた方々には夢のような世界だったに違いない。

あれから24年のこの12月、とうとう新しいMacプロ、いわゆるちょっと前のスパコン仕様のブツが登場する。発売日は未定だけれど、何度も何度もHPを確認して今か今かと待っているのですよ。

MacPro
ウチにはすでに同じ形のゴミ箱がある
ところがです。毎回数年おきに買い換えの時期になり新しいブツを物色し始めると、現在使用中のメインマシンが挙動不審になるんです。これホント。まさかと思ってググルといやぁ、あるある(笑)。
今現在のマシンもいきなりカーネルパニックの連続ですよ。どうなっているんだろう。今の今までこんな事は全く無かったわけです。で、毎回思うんですが、こいつら意思表示が出来るんじゃ無いかと勘ぐりたくなるくらい色々なことが起き始めるんだよなぁ。

「今までこんなに頑張ってきたのにおいらを捨てちゃうのね」という感情表現のような、何と言うか。。。。そのたびにPRAMクリアの回数が増えなんとか記憶を忘却しようと試みるのですけれど、上手くいかない。最近じゃマシンをスリープして寝ると翌朝自分でリスタートしていることがしばしばになってきて、何かかわいそうな気がしてくるんだなぁ。

毎回ですよ、買い換えの時は。不思議ですねぇ。。とは言っても、新旧交代は必然です。ジョブスさん何か仕掛けてたんでしょ。昔の機種、例えばIIfxとか、ケースを開けると裏側にジョブスさんのサインと刻印があってそれこそマシンに対する思い入れが感じられていました。モノを作ると言うことは、思いを込めると言うことなんだとその時思いましたが、今じゃアップルもメイドイン支那が主流になってなんか残念で仕方なかったんです。

ところが今回の新しいMacプロはメイドインUSAにこだわったとか。支那では生産しないと言う事で、DELLなどに比較して価格は非常に高め。うんうん、こだわりと思いは大切です。と言う事で、院長室の大改造計画を進める本当の意味は、実は、新しいマック君に快適に仕事をしてもらう、、それだけのために。

またこれからの約5年間、頑張って欲しいと願うのでした、、、って、まだまだまだ本体は無いけど(笑)。

ちなみにWin8は空前の販売不振だとか。確かに、なんだこれは?が満載(笑)。新しいOSとしての価値も意味も何か今ひとつ見いだせないのですが、Winな方々如何か?



火曜日, 12月 03, 2013

くされサヨクに腹が立つ(笑)

ワシのブログファンはこういうの期待していると、結構メール頂くので、、、久々吐きますか。ワシは実名だから逃げも隠れもしないが、インテリサヨクは「きぃ〜」って食いつくだろうなぁ(笑)。

とあるSNSでの話。知ったかぶりのマスコミ関係者が現政権や通過法案に対して、よくあるサヨクバイアスのかかった話を、それこそ知ったかぶりに投入。冷静な人が「それってホントなの?エビデンスは?」と聞くと、「確かな筋からそう言われている」みたいなどうでも良い返答。
此処で登場くされサヨク。いやいやこれは本当ですよと、いかにもな話を延々と書き連ね、ね、酷い話でしょ?みたいな一定の理解を得ようとする。この如何にもな正義面が、ワシのような単純な保守には無性に腹が立つわけ。理屈じゃぁない。

本当の中身なんぞどうせ無いし、自分の周囲の同調話がでかい話になっているだけとみた。これ、反原発のプロ市民運動でもそうだけれど、同じパターンの情報汚染だと言うことにみんな気が付いているかな?ネット上をよーく深くサーフィンすると(古っ(笑))、極左グループページにマニュアルがあるんだよね。で、インテリサヨクは知らぬ間にこのマニュアルを踏襲しているんだね。。実に面白い。

この手の人達の共通項は、マズ、9条信者。間違いない。戦争と平和という反対語でも何でも無い造語で悦に入る。安全保障を語る人は、どんな立場の人間でも「戦争好き」と決め込んでいる。全体より何より自分が好きでたまらない。誰かの為や全体のために命を賭けるなんて死んでも(笑)出来ないし、理解も出来ない。世界で一番大切なのは自分の命だと信じて疑わない。もしそういう人が居るなら、それは大きな力にダマされているんだと力説する。

もう一つ彼らに共通なのは、現場主義じゃ無い。世界中に足も運んでいないくせに「世界ではこうなんだ」とか、悲惨な現場に行ったことも無いくせに、現場の状況を偉そうに解説する。多くの政治家と直に話しもしたこと無いくせに、声髙鷹に批判する。最低。

単純保守のワシだけれど、現場を知らずに偉そうに話した事は無い。現場を知らなければ批判はしない。政治家と数多く直接議論しなければその政治家のことをとやかくは言わない。疑問に思うことは世界中足を運ぶ機会があれば直接末端の話を聞いてから判断する。直接その政治家と直に話して議論してからではないと批判はしない。だからワシは直接国会に行く。
これっておかしいですかね。
偉そうな人にいっとくけど、じゃあおまえ一国の総理になれるのかよ。。。。

認めて尊敬するから議論に本当の内容が出て時に軌道修正できるというもの。これ教育の基本理念じゃ無いのかな。ミギもヒダリも無いですよと言う特有の言い回しは、くされサヨクの常套句だと気が付いていない悲しさかな。線引きする自分は正義を語れないと、かわいくないと、自分に言い聞かせているんだろうな。ま、がんばってちょう。

此処まで書くと「はい、レッテル張り」とこれまた常套句(笑)。

どうでもいい話を延々と、はい、「毒の素」吐きました(笑)。。ごめんなさい<m(__)m>。




日曜日, 12月 01, 2013

ベルメゾンK地鎮祭

土曜の午前中、来年6月からスタートする我々のプロジェクト「有料老人ホーム・ベルメゾンK」の地鎮祭が執り行われまして、診療を少し抜け出し、当院駐車場後ろの建設予定地に作られた地鎮祭用のテントに向かいました。

先に、ホーム用の水源として井戸を掘るため、近所の小田の神様をお呼びしたのが8月だったのですが、神様のおかげで幸い豊富な水脈にあたり、ホームのお風呂や下水関連水源には一般上水道を使わなくとも大丈夫になりました。やはりこう言う神事はとても大切です。

今回も地鎮祭には小田の神様に来て頂きました。昨日まで雪交じりの不安定な天気が、土曜の午前中は風も穏やかに晴れ渡り大変助かったわけです。厳かに始まりました儀式ですが、風も無く揺れもしなかったテントが、降神の儀式の時に突如はためき慌ただしくなりまして、ワシだけでは無く皆が「あぁ、神様達がおいでくださった」と感じたに違いありません。本当に不思議なものですね。
その後、昇神まで何事も無く恙なく済ませ
て頂きました。参加して頂いた関係各位の皆様方には本当に此処までこれたことを感謝いたします。

我々のプロジェクトは、今本格的にスタートを切ったばかりです。生まれてから死ぬまで歯科医師として、歯科でしかできないことで、何処かの誰かに関わっていくことは出来ないものだろうかという哲学発想がスタートになります。
以前から何度も書かせて頂いている、予防サロンと万が一の疾病再建治療、そして生涯メインテナンスが、健康寿命のさらなる延長に結びつくことは明白なんです。



今まで漠然としていたあまりエビデンスの無かった、例えば「認知症と無歯顎」の問題は神奈川歯科大学の
グループが米国心身医学会に投稿した4000人以上の患者をを対象にした研究論文により、「明らかに歯やその機能を失うことで認知症による介護認定を受けた割合が高くなる」事が明確になってきたわけです。

ワシは相当前からエビデンスでは無く経験則として、ブラキシズムの出来ない口腔環境が、明らかに大病を持ち込む、、と個人的に検証したり実感して、事ある事に色々発表とかしたのですが、ブラキシズム自体を悪習慣と考える米国かぶれの医師(未だに偉そうにパラファンクションとか言いやがる)が多く、まるでキャッチボールが出来ない議論経験を何度もしています。どうやらそれも解消されそうですね(笑)。

兎に角、目出度い土曜日なのでありました。


土曜日, 11月 30, 2013

HERZ会さよならこんにちはプレゼン

木曜日の夜はHERZ会定例会でした。今月は当院5年目の小澤先生のさようならプレゼンと新しい仲間になったKND先生やTKDT先生のこんにちはプレゼン。
小澤先生はこの12月で退職し、故郷富士吉田市で新規開業です。思えば研修医時代、何処も同じようでぱっとしない研修医受け入れ歯科医院(本人談)を沢山回り、最後の最後に此処はちょっと他とは違うかもしれないと気が付いて選択してくれた彼です。プレゼンの内容を見ながら、この5年間に思いをはせる院長です(笑)。想像以上に育っているのは本当に嬉しい限りですな。

しかし、これで当院を卒業していくのは、今年開業の奥寺先生を始め来年3月退職予定の松館先生を含め3名になります。医院規模は全く変わらず、来院患者数も変わらない中、医師補充が全く出来ない、医師不足まっただ中の地方の実態をあからさまに感じているワシです。みんな首都圏に行きたがり、そここそ先進デンティストリー本丸だと勘違いして、結局なんだかなぁの歯科医師で妥協するケースを沢山見ています。

若き歯科医師達よ、日本を本当に背負っているのは地方だよ。
きみ、良い体してるね、ウチに来ないか?

さて、新人会員はよくおいでくださいました。ワシの恩師のKND先生の長男は、ワシが勤務していた時期である幼稚園の頃から知っている。ワシが年取ったわけだよな。大学ではちょっと見慣れない臨床研究をしてきたため、発表内容も顎補綴中心のコアな話が非常に面白い。これからも期待できます。
もう一人TKDT先生は、これも縁が深いのですが、同窓の大先輩のご子息です。ワシの長男が違う世界に旅に出ようとしたとき(笑)、親身に相談に乗ってくださり、色々なアドバイスを頂きました。ウチの息子もそうだったのよって、、言う話はとても勇気づけられたものです。それが今では世界のペリオ人と渡り歩ける若き大先生ですわ。ま、NTBR大先生達とはちょこっとテリトリーが違いますが、ワシにしてみればそんなのはどうでもよろしい。誰と知り合いとかじゃなく、私は何のために何をするかだね。だから、ファウンデーションをしっかりと持っているんだから、君は何でも出来るだろうし、それは本当に羨ましい財産なんですよ。
これから八戸を背負っていく、すばらしい若い先生方に期待いたします。

う〜む、こんなに素晴らしい先生達が入会したが、ウチの勉強会は何もご褒美とか無いからね。なんかの資格を取らせるとか、エライ感じのサティフィケートが出るとか。そゆの欲しい人はそゆとこに行った方が良いかもよ。純粋な勉強会です。

ていうか、誰かウチの勤務医に来てくれませんか?死ぬほどこき使われるでしょう(笑)。そうゆうの好きな人もそうじゃない人も、人間的に昇華したい人、勤務医募集要項で、ウチに来ればあれこれ出来ますと宣伝している歯科医院に嫌な感じを持つ人、大募集です。





日曜日, 11月 24, 2013

旅に出て太って帰る。。

台湾のICOIアジアパシフィックコングレスは、なんだかなぁ、の学会でした。10月のEAOが素晴らしかっただけに、インプラント関連学会としては10年以上前ののりで、そう、なんだかなぁ。。

揚げ句に、参加している日本人の中には下品さが際立っている人がおりまして、スタート直後から学会会場はうるさいし(日本人)アワードセレモニーでも(聞いた話ですが)どこぞのやかましい日本人DH姉ちゃん達の下品さが際立ったと。。残念で仕方ありません。
日本から比較的近い国際学会ということもあるのでしょうか、普段国際学会に参加しそうもない感じの方々の参加は素晴らしいと思うのですが、いかんせん品格に欠けた日本人をクローズアップしているようで、恥ずかしいったらありゃしない(笑)。そんなワシはなぜか上から目線ですが(笑)。
内容も、ま、こばちゃん言う通り「ひどくつまらない」、これも残念な感じの学会なのでした。


と言うことで、個人的に青森から参加したこばちゃんや、沖縄の宮里先生と、個別ミーティングで議論を深めました。特に宮里先生があえて持ってきた症例に関してワシなりの見解をディスカッション。
そしてその後、ワシらのアジアや世界への歯科的野望(爆)を達成するために、パワースポットである龍山寺へ向かったのでした。。
龍一族らしい(ある患者さんに指摘された)ワシとしては、このお寺を無視するわけにはいかないなと、7人の神様に向かったわけです。
ででで!、写真を撮ってもらうとこの通り。ワシに龍がまとわりついているのがお分かりでしょうか?あら不思議な写真です。

おぉ、これで来年も様々な思いが叶うことでしょう。皆さんも可能な限りワシにまとわりついたほうがいいと思いますよ(笑)。

さて、台湾では、非常に美味いメシにありついたわけですが(それはFBで紹介)、まあ台湾な通りのそれはそれはのご馳走でした。おかげで旅に出て太って帰る、、という水曜どうでしょうののりで食いまくったわけですが、なぜか部屋に備え付けの体重計は、日本を離れる時より痩せて表示されるのです。???此れは何かの陰謀か。

陰謀で思い出しましたが、町中でふと見ると至る所にある「工作員募集」の張り紙に、やや驚きながら、通常作業員のことを工作員と言うと分かったのはその後の話(笑)。
そういえば、みんなから、クマちゃんは支那と韓国には絶対入国出来ないね、もし入国できたとしてもポケットにやばい物をこっそり入れられてイミグレーションで取っ捕まって死刑だね、、と褒められ(笑)、あぁ、みんなワシのことを良く理解していただいている、、と、ちょっと天狗になった、そんな台湾なのでした。






水曜日, 11月 20, 2013

フェイク!支那!

今日の夕方から東京に移動するのですが、今日飛び込んできたニュースに多くの日本人が感動したとか。
「江沢民らに逮捕状、チベット虐殺容疑、スペイン全国管区裁判所」---パリ時事通信

スペインの全国管区裁判所は19日、支那の江沢民国家主席(87)、李鵬元首相(85)ら政権幹部経験者5人の逮捕状を出した。1980〜90年代にチベットでの「ジェノサイド(大虐殺)」に関与した容疑とされる。AFP通信によると、裁判所は刑事告発した人権団体メンバーにスペイン国籍を持つ亡命チベット人がおり、中国当局が捜査していないことを理由に逮捕状を出した。

どうですか、本当の支那を知らないのは情報操作されているワシら日本人だけかもしれないことを痛感しますね。ちなみにこれも多くの人は知らないかもしれませんが、同容疑での逮捕状はこれで2回目なんです。2009年にアルゼンチン連邦裁判所は、同じくジェノサイド容疑ですでに彼らの逮捕状を出しているんですけれど、日本では全く報道されませんでした。このときの支那の慌てようも全く報道されませんでした。何故でしょう。。

他国が何を根拠に内政干渉するのかという支那の言い分を真に受けているのは、日本と韓国だけです。韓国はあの通り反日で成り立っているかわいそうな国で、すでに支那のパラサイト化はどんどん進んでいるのですが、支那の崩壊が見えている世界各国は、真の正義と秩序を支那に求め始めていることは確かなんですね。しかし支那自体、韓国同様フェイクです。フェイクに振り回される我が日本が逆に浮き彫りになります。

また、支那の反日も政府によって作られたフェイクです。支那庶民を大量の情報操作で反日大衆に仕立て上げ、あげくに金まで払って反日をあおる構図をワシらは知らなければなりません。尖閣に向かった大漁船団は一艘あたり10万元の金を政府からもらい大船団を作りましたが、そのことを冷静に伝える日本のマスコミは皆無でした。

バカ鳩が、支那の情報操作によって支那に都合の良いように洗脳されている状況も何もかも、実態の無い偽物と嘘で作られた国家だからこそ出来る技なのでしょうか。そんな支那はウイグルやチベットのジェノサイドを隠したいことは明白ではないですかな。これが事実だと支那自体が認めれば、支那の経済も政治も人民も全て世界から否定されますもの。

この間の天安門の事件は、ウイグルの所為にしようとした自作自演ではないかと言う疑惑が持ち上がっています。一年間に起きる死傷者の出る国内紛争は700件近いわけで、毎日この国のどこかで民族紛争や市民の反逆が起きている事実も含め、今国家としての体をどうするのか注目ですな。

ちなみに、ビンラディンの石像を貿易センタービル跡地に立てるのと同じ所行を韓国は支那の力を借りてやろうとしています。そう、安重根の石碑。もう目が泳いで何処を見てるか分からないこの韓国政府に付ける薬は無いな。

我が国は、気が触れたこの2国に対して毅然とした態度と外交を展開して頂きたいものですな。



月曜日, 11月 18, 2013

土日月、青森でした、、そして台湾

いつもとは違う土日月のスケジュールで、毎月の青森書類めくり@画面にらめっこを終了。皆さんご迷惑掛けました<m(__)m>。と言うのも、水曜からインプラント学会で台北に向かうためスケジュール調整させて頂いたんです。そんなに学会がスキか?と言われると、、何とも(笑)。ただ、世界中の学会に参加しながら、ウチの衛生士に言ったように、「空気を吸って感じてくる事から自分の仕事の幅が広がる」と信じていますし、まさに毎日の仕事で感じています。

あれほど支那の悪口を言っているワシですが、台湾はちょっと違うだろうなと、今回初めての訪問です。ただ、ワシら日本人が理解しなければならないのは内省人と外省人の違いです。日本統治時代が終了した後、支那から台湾に移民した人やその子孫を外省人と言います。統治時代から居る元々のタイワニーズを本省人もしくは内省人というのです。基本的に支那人は反日でしか生きて行けませんから、外省人は反日です。ところが、内省人は日本統治時代、日本国が物凄いお金を掛けて教育も含めたインフラ整備をしたことに感謝していますし、現在の台湾の近代化の礎は日本の統治のおかげと考えている人が大勢居るため親日なのだと聞いています。

しかしです。外省人は小金を持っていたため政治的な力が極めて強く、公の場では外省人が力を発揮しているケースが多々あるから、その偏向報道で台湾も支那も反日だと信じている人が少なからずいるのだとか。だいたい外務省が日本人の渡航先データにおいて支那と台湾を一緒にして計算するものだから、圧倒的に台湾が人気なのに、あたかも日本人が大勢支那に行っているかのような錯覚を、わざとさせるあたり、ドンだけチャイナスクール出身が役人に紛れ込んでいるのよと嫌になりますね。

売国奴河野が、台湾に緊急に着陸したとき、支那に気を遣って台湾に降りなかった話は有名。なんだかんだ言っても、かつて台湾行きが成田では無く羽田だった経緯も、我が国が如何に左翼に牛耳られていたかの証かな。で、肝心の彼らはというとそんなこと気にしちゃいないと思いますよ。だって立派な独立国として成り立っているんだからね。

そんな台湾を見て本当に気の毒な程の韓国のバカさ加減は何だろう。いい加減K-POPも終焉を迎え売り上げががた落ちどころの騒ぎではないくせに、それは日本の所為だと言うし、じゃあ、、と、アジア全体に売り込もうとしてもアジア全体で韓国が好きと答えた割合は3割を切るわけで日本は7割。韓国は素行の悪さが支那に並んでトップクラスのようで。。韓流の皆さん、心まで整形して実態が分からなくなっているこの国、まだスキですか??ちなみに、この間食事中にチャングンソク、とか言う奴のスマホゲームのCMをみて本気で吐き気がしてきたが、正常な神経なら皆そうだと思うが、我が大和撫子達はまだ群がるのだろうか。国家も個人もこの気持ちの悪さは如何か。。

というわけで、ある情報雑誌の特集を見たら・・・・・
こんな特集で半分以上埋まっていました。
韓国が背負う嘘の代償。
歴史認識ーライダイハンを残した韓国軍の蛮行
慰安婦ーオバマが無視し東南アジアが辟易する朴大統領の慰安婦告げ口外交
食品ー根拠ゼロの日本産禁輸で憂さを晴らし中国より危険な自国の毒食品を食べている
整形ー整形天国で親子の絆も民族の特徴も消されていく
経済ー韓国経済は日本から離れて繁栄できない
技術力ー自然科学部門でノーベル賞ゼロ、部品一つ作れない技術大国の惨状
歴史問題ー巨費を注ぎ込んで未開の国朝鮮を近代化、日本統治の事実を隠す歴史捏造の愚
などなどまだまだ沢山(笑)。
ダメだね、この国、きっと。

相変わらず話はそれましたが(笑)、と言う事で、水曜夜から韓国とは雲泥の差の素晴らしい隣国台湾に行って来ます。



土曜日, 11月 16, 2013

あっという間の1週間とチェルノブイリ考察       

口腔リハビリ学会から帰って来て、月曜から怒濤のように仕事をして(笑)気が付いたらもう土曜日です。。あ〜、1週間あっという間だった!しかも、スウェーデンに向かったウチのDH2名のFINエアーがストライキに入り、帰国便はどうなるのかとちょっと心配したり。今、連絡をもらったスケジュールではルフトハンザに乗り換えて無事帰国できそうで何よりでした。

この間に、ちょっと雑用をこなしながら読んだんですが、カルト山本とか原発被災地の人達には全く嫌われている事実が発覚。なんでだろうと色々調べると、やはり根も葉もない風評のもとが彼らにあると福島の人達は認識している様ですな。そのエビデンスが全く科学的に根拠のない物で、しかもそれはワシらがダマされているという前提で拡散されるものだから地元の人はたまったものじゃないらしい。そこで、賢いワシは検証してみた(笑)。

チェルノブイリの事故が福島より酷いのか違うのかと検証するとチェルノブイリのが確実に科学的に50倍の放射性物質を放出した現実から当然こちらが酷いと言う事は皆さんおわかりになると思う。その前提でお話ししますから、そこで違うというバイアスがかかった人はもう読まなくてよろしい(笑)。

チェルノブイリ原発から3キロ離れた所にプリピャチの町がある。事故後住民は政府からの移転命令で、住居は空になりそのまま原発事故現場で働く技術者らの宿舎となっていた。その後それらも2000年には終了し技術者達が去ったゴーストタウンが専ら日本ではテレビなどで報道される放射能に侵された死の町、、みたいな。もう此処で偏向報道だね(笑)。
ここから10キロほど離れた所にあるスラヴィティチと言う町のことは日本では全く報道されていない。此処にはかつてプリピャチに住んでいた人々が移住しており子供達が溢れる夢の町となっていることを心しておくべきだろう。これこそが福島復興の鍵なんですよ。そんな提案の一つも出来ないクソ山本議員はまず、自分の足で福島の深部を訪れそこに住んでいた人々の苦悩を共有し、そしてウクライナのキエフに向かい正しい知識と経験を積むべきだと思うがね。
で、ここから

チェルノブイリでは炎上する原発の建物に入って作業した人々は高被曝で全員無くなっていますが、一般の住民には他の地域の住民に比較して健康度の有意差は全く無いわけで、これはキエフのアーカイブを調べればすぐ分かるはず。ていうか、福島浜通の人達が一番気にしていたことは生活に於ける放射能の許容レベルだと思うんです。地元では年間1ミリシーベルトを超えると危険であるかのような思い込みがありますが、キエフではその数値は桁違いでは無いのかと指摘されるらしい。なるほど、チェルノブイリでも福島でも深刻なのは放射能汚染では無く、山本達が拡散する情報汚染であったのか。。。
ウクライナでは300ミリシーベルトだけれどそれと比較するのはもちろんナンセンス。ICRP基準に従って5年間で100ミリシーベルト1年で20ミリシーベルトを超えず最終目標としての長期的に1ミリシーベルトを、、と言うのが理想だろうけれど、1ミリシーベルトだけが一人歩きしては福島の復興は絶対にあり得ないわけで、その問題に積極的に取り組む姿勢こそ政治家に必要なのではと思うわけです。

こう言うコラムを見つけると本当にそう思いますよ。本当の被害とは何なのか、内部被曝で子供達が危険?20年以上前のこの事故からワシらは新の復興のお手本を学ぶべきと考えるのはワシの思い上がりなのだろうかねぇ。。。いや、医療人としてむしろ世界一の保有台数の医療CTの被ばく線量がそのリスクを上回って世界一の長寿をもたらしている現実を直視するべきと思うが如何か。

あ、変なカルト的放射能バイアスのかかった意見は無視します(キッパリ)、、(`・ω・´)。ワシの先祖は江戸時代は福島なんです。だからこう言う事を真剣に考えちゃう。。。。




月曜日, 11月 11, 2013

口腔リハビリテーション学会やその他(笑)

土日の2日間、鶴見大学で行われた口腔リハ学会に参加してきました。こう言う学会に参加すると思うのですが、ワシらが普段行っている臨床はつまり口腔リハビリなんですな。何らかの障害があって、そこを改善する事こそすなわちリハビリテーションの定義です。

かつて、アメリカンナソロジーの大家「保母須弥也」先生が「オーラルリハビリテーション」と言う本をお書きになり、世の歯科界にリハビリテーションの言葉が浸透しました。確かにこれが出発点になってワシのヨーロピアンナソロジーは花開くのでした(爆)。
リコンストラクションを前提にしたこれらの考え方は、当然ワシの医院のファウンデーションコンセプトの一つでもあります。インプラントの小賢しいテクニックの披露合戦など末端の末端だと言うことを痛感します。そして、これはあくまでも疾病治療と再建治療とのリレーションを考えるに、あくまで疾病ではなく再建であるという点に注目すれば、リハビリ自体「ん?」と言うことになりかねませんから、正しいと感じる認識とその認識に対する哲学が益々持って必要となるわけです。ウチの勉強会のみんなにも参加して欲しかったと痛烈に思う学会でありました。

一般的な歯科診療は、まさしくリハビリを前提とした処置となります。ですから保存修復もペリオもエンドもそして義歯やインプラントに至る様々な歯科細則全てがこれに当てはまるのですが、今世紀初頭から、特に高齢者の摂食嚥下障害に対するエビデンスが確立されてきて、いわゆる口腔リハビリとはそれら全てを網羅した全人的考え方と進化したわけです。だから逆に、それこそが口腔リハビリと勘違いされる側面も持つようになってしまいましたが。。

ですから今学会の演題も驚くほど多岐にわたるのです。そしてその中から特に摂食咀嚼障害にターゲットを絞った特別講演は非常に興味深いモノでした。まあ、詳細は少しずつ書いていきますが、発音と口腔リハビリとかVF無しでの頚部聴診による摂食嚥下障害の診断が可能とか、ワシにとっては新しい新鮮な話題で大変楽しかったわけです。筋ジスのDMD,MD,MGカテゴリーなど記憶の彼方に飛んでいましたから、その咬合訓練やリハビリの危険性や本当にもっと勉強しなきゃ。パーキンソンの服薬と摂食誤嚥の話など「へぇ〜、そうだったのか!!」の連続でした。恥ずかしい<m(__)m>。

さて、土曜の夜、ジャーナリストのO氏や保険医協会局長と、日曜スウェーデンのカロリンスカ大学に向かうウチの衛生士2名の壮行会を行いました(笑)。ポイントは、、何を学んでくるかでは無い事をはっきり言っておきました。ま、ほとんどの先生方は。お金出して行ってもらうんだからそれなりのことをキチンと勉強してきて、ウチの病院に還元できるように頑張りなさい。。だと思うんですね。でもワシは違う。そんな事は言わない。
「1週間スウェーデンの空気を吸ってきなさい」
これだけです。

浅草人形町から有楽町のガード下に河岸を移し、朝早い彼女らではありますが話は尽きなかったのでした。特に一人、カナちゃんは初めての海外旅行が弱冠22歳にしてスウェーデンというのは本当に恵まれた環境なんだと理解して、思う存分「他国の風」を感じてきて欲しいモノです。あ、サポートの野沢ネイサンはほぼ自腹参加、これはこれで素晴らしい事。二人とも、残って仕事しているみんなの分よろしくお願いしますよ。来年はエビちゃんかアキノだからね。次の世代を背負うのは君たちだから。これで、スウェーデン研修組は5名になったかな。嬉しい限りです。

そうそう、土曜日の昼、愚息の誕生日だったので、昼飯を一緒に鶴見近辺で。大学では完全ネイティブ英語は君しか話せないようで、外人来た時とか色々良いように使われているみたいだけれど、それはそれ、絶対後で自分に返ってくるから安心して超ドベタな歯冠彫刻の宿題に励みなさい、、と、小遣い渡した(笑)。

そんな土曜日曜だったのでした。。



金曜日, 11月 08, 2013

中核派が天皇の権威に屈した?!

中核派機関誌「前進」より抜粋 ・・・・あれあれ??変な期待して損した(笑)。

# 10月31日に行われた園遊会で、福島原発事故が引き起こしている深刻極まる現実を訴えて、山本太郎参院議員が天皇に手紙を直接渡した。このことに対し、自民党を始めとする国会の与野党およびマスコミが、山本氏に許すことのできない卑劣な攻撃を集中している。山本氏に「議員辞職」を迫ったり、参議院としての処分を検討したりと、天皇制イデオロギーと白色テロルの恫喝による、山本氏の闘いの圧殺がたくらまれている。

あれあれ??

彼が今回の選挙で中核派やその支援グループから、それこそ「支援」を受けていたことはもう有名です。よく考えるに、中核派から支援を受けている人間が、あに図らんや天皇の権威にすがった訳ね、、、というおかしな構図が浮かび上がりませんか??

過激派の支援を受け当選しているにもかかわらず、就任直後議員権力行使をどっかにおいちゃったまま天皇に、ま、いわば、すがっちゃったと言う事は、日本の左翼の歴史の中でも一大事件なんじゃ無いですかね。で、その後の左翼の動向はというと、、、死んでも擁護する(笑)らしい。

# 大恐慌下に最末期の脱落日帝・新自由主義の危機の中で、天皇制が「帝国主義ブルジョアジーの反革命的結集のシンボル」として登場してくることに対しては、労働者階級人民の「生きさせろ!」の怒りと決起がさらに激しく巻き起こっていく。われわれはどこまでも山本氏とともに、国鉄決戦と反原発決戦を軸に闘いぬくであろう。

・・・・・・・・クスッ(*^。^*)
左翼の人達って、天皇制打破じゃないのかぁ〜い。ところが当の山本は天皇制をいわばシンボルとして担ぎ上げているわけで、こいつ本当に頭どうかしてるね。しかし左翼も左翼、一度支援したからには引くに引けないという訳かな?結構泥沼だね。
実は彼ら今年は頭の痛い年。中核派の中に公安の工作員(笑)が紛れ込んでいてしかも彼は幹部だったんですよね。名前を荒川という。あなたはすごいね。内部分裂の火だねとしては十分すぎるくらいなスキャンダラスな事。これに加えて山本だよ(笑)。中核派幹部達が内部に於いて一体どんな議論を喧々諤々しているのか、想像するだけで・・・・後は言わない。

ま、いずれにせよ「直訴」したことには変わりないわけで、侍従長が「お読みになってはおりません」と言っているし、う〜ん、一体彼は・・。  果てしないバカに振り回され、イデオロギー自体が崩壊する様として、その代償は左向きの人達にとっても非常に大きいんじゃ無いか?? 思想は自由だからね。ヤレヤレです。

なんかさ、益々目が離せないのは、山本の術中?? うははは、まさか。そんな器量は無い(キッパリ)(`・ω・´)

ところで、こう言う事を実名で書いたりして、、やはりワシは標的にされるのだろうか?



火曜日, 11月 05, 2013

ワイン・・は、ウマケりゃいいわけで

11月の第3木曜日が迫っていますが、ワシはこの日は台北にいるので、中華とヌーボーか。宮里先生も高木兄ちゃんも、コバちゃんも、みんな、インプラントと中華とヌーボー(笑)。

ところで、過去においてボジョレーヌーボーの評価を拾えるだけ拾ってみたら・・・・
2003年:過去100年で最高
2004年:100年に一度と評価された昨年を上回る出来
2005年:100年に一度と言われた一昨年をしのぐ
2006年:昨年同様最高の出来映え
2007年:柔らかく果実味豊かで上質
2008年:豊かな果実味とほどよい酸味
2009年:50年に一度の出来
2010年:昨年と同等の出来
2011年:近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
2012年:史上最悪

何だかなぁ〜〜〜(笑)。2012年だけが正直だね。
しかし他はセールスな言い回し限界じゃ無ない? で、いつのが良かったわけ? しかも、すぐ飲まなきゃどんどん美味しくなくなるしね。

ワシはワインが日本酒の次に好きだけれど、ワインセラーにはビンテージを含め50本くらいは(エヘン)眠っているし、何時でも美味い物を取り出せるけれど、ボジョレーヌーボーは、ま、八戸の山の木ブドウジュースって感じなので、バカみたいにありがたがったりはしない。
だいたい醸造過程が特殊で、ブルゴーニュの極めて限られた南部の量産栽培なものだから、バブルの時の猫も杓子もありがたがって飲んでいるザマを奇異に感じてはいたけど、確かに12本とかまとめ買いして振る舞ったりはしていたが、結局自分では1本飲んで、「もういいや」てな感じでほとんどは料理酒となっていましたな。

香りはフルーティーだけど(葡萄酒だから当たり前)コクもうまみもほとんど無いさっぱり感が逆に老若男女に受けるらしい。だからフランスではあまり好まれないばかりか、ワインの味を理解していない日本や支那に大量に送りつけるらしいが本当だろうか??

そんなモノを買うぐらいなら、ワシの今お勧めの2000円を切る「シャトー・サン・ドミニク」2008年は如何だろうか。パーカーさんが98点という物凄い点数を叩き出した2008年のシャトー・ラフィットの醸造チームがそのまま担当。コンサルはあのルパンを造り出した世界屈指の凄腕ですよ。そんなワインがこの安さですからね。ラフィットの実力がそのまま受け継がれています。
クセになるかぐわしさと、奥深い魅惑的な香り。ベリー系の味わいは口の中ではじけ、繊細でありながら輪郭はハッキリしていて余韻は驚くほど長い、これはバカウマですな。・・・・・なんてね。

なんてただの能書きでして、、、要は、飲んだ人が美味いと思えばそれまでなので、あまり周囲にとらわれないように(笑)。何と言われようが、信じるのは自分の感覚ですから。。



金曜日, 11月 01, 2013

汚された園遊会

此処で話題にするのも嫌な感じだけれど、ブームに乗って(笑)書く。
どうにもこの気の触れたカルト山本議員さんは手に負えない「不浄」な何かを持っているに違いない。だいたい、園遊会に呼んだ役人が、すでに中核のシンパとなっているだろうからこそ、こう言う神聖な場に、このような不浄な人間が呼ばれたのだと憶測するのはおかしいだろうか?責任者出てこい。もしあの手紙が毒物だったらどうするのか。そんな危険性のある人間が、呼ばれるとはどういうことなんだろう?行きたいと言って行けるモノなのか?園遊会。


彼の言う「福島の子供達の被曝の現状を・・・」なんて、自分達のお仲間が作り出した特別な現状と違うのですかね。それを世界中に発信しているわけで、実はアイルランドに行ったときこんなことを言われました。

「福島近辺の子供達に放射能の影響で鼻血をながす子供が沢山居るという話が伝わってきましたが、どうなんですか?」
ワシはハッキリ
「医療人として正直申し上げると、そんな話はエビデンスが無いただの風評でしょ、そういうのが1番復興の妨げになって肝心のことがおろそかになる最大の原因なんだと思いますよ。」

こんな怖がらせるだけの風評を蒔いているのが彼らで、ワシのような冷静な判断は「何か大きな力」にダマされているんだとか(笑)。これ、何でもそうですがサヨクの典型的な理論ですな。

ワシは小学生の頃しょっちゅう鼻血ながしていた。高校生の時は決まって数学の時間だらだらと鼻血をながした(笑)。これはきっと当時世界中で行われた核実験のせいだと言う事です(笑)。バカ。

そんな事より、バカが直訴したときの陛下の「関わってはいけないものに、関わらない」というとっさのご対応ご判断は素晴らしい。まして、手紙を手渡されたとき、何かゴミを渡されたかのようにそちらには目もくれず隣にいた侍従長にすぐに手渡した。素晴らし。しかしである。陛下の顔は幾ばくかの緊張を隠しきれず、ましてやこのような異例なことに対しての反応であるから、その時の陛下の心中を考えるに、そう言う状況を作った「山本」は万死に値すると言っても過言では無かろう。

もうさ、彼の後ろにこの事を肯定する60万都民がいると思うと、この国の行く末を真剣に案ずるワシは、何か逆に滑稽でもあるかな。何とも言えない背中がざわつくきれい事の正義を並べ立て、しかもこの国の歴史や人や文化を丸ごと否定してでもなお自分の事しか考えられない。実は本音は福島の子供達を守りたいのでは無く、自分が助かりたいだけなことは明白じゃ無いかな。
守りたいなら己を犠牲にしてでも、そこに行く、そこで行動する、みんなそんな思いで復興に携わっているというのに。放射能が怖いのでフィリピンに移住するとか言う奴に、ベクレッてる昼飯はイヤだとか言う奴に、どんな偉そうなきれい事を言われても、ワシだったら言い返すね。
「おまえは最低のクズ野郎だ」

しかし、ワシなどただの庶民だが、如何せん彼は、国会議員なのであ〜る。







水曜日, 10月 30, 2013

こんな最低人間を議員にしたのは誰だ?!

大島での被災地復興に行った最低議員二人。だれだ?こんな奴を国会議員にしたのは。。

以前から、ワシのブログで散々こき下ろしている「カルト山本」。この低脳議員のおかげでどれだけの人が嫌な思いをしているのか。
最近では「国会の弁当ベクレてる」発言で顰蹙。要は自分の事しか考えられない奴だから、とっととフィリピンにでも移住して国会議員返上しなさい。で、今日のニコ動で、まさかの軽装での大島視察(遊覧)時、スタッフとは言え自衛隊へのクソサヨ発言。
「人殺したくて自衛隊行く人も居るんですかね」
「なんで迷彩服なんですかね」
こんな奴らと一緒に仕事してるのだもの、所詮底の知れたイカレタ奴らです。もうさ、自衛隊=軍隊=戦争=迷彩服=怖くてイヤだ=真っ先に逃げる、、なんて構図が手に取るように見え隠れします。何て低脳。こんな奴に票を入れた連中は一体誰なんだという答えが次。。

そう、本当にワシらが気をつけなければならないのは、この低脳な議員や取り巻きを、手のひらで操ろうとしている、非常に頭の良い「インテリ左翼」が見えないところで活動を始めたと言う事だ。頭の悪い、特別な放射能なバイアスだけがかかった木偶の坊の議員のほうが都合が良いことは確かでしょう。中核派の中心核は、明らかにこの国の何かを狙っているわけで、そして彼らは山本というお馬鹿を操作して国会とのリンクを果たすことの第一弾に成功したのだからね。
「革命的共産主義者同盟全国委員会」そう、中核派は、120件以上の致死傷害事件を起こしていることは以前も報告した。こんなテロ集団を、訳の分からないリベラルや市民グループという得体の知れないうごめく集団が、そして事もあろうか真面目な反原発信者が、確実に後押ししたことは間違いないし、その煽動は中核派以外の何物でも無いわけだからね。
先般訪れた秋葉原の変遷に驚いたとワシは言ったが、実は何も変わっていないところも沢山あるわけで、中核派の賢いテログループなら、この町を少し歩いただけで、最新鋭ミサイルや携帯型地対空ミサイルスティンガーなどの電子部品が、、、ばらばらなら、、いとも簡単に手に入る町な訳で、そこを知り尽くした奴が居ないことを願うばかりなのですよ。

もう一人の最低議員はまだ名前が分からないけれど、これも大島。被災地ボランティアの視察に訪れた彼は、彼らの泊まる宿が高すぎるとか、無料で宿泊できる場所を提供しろとか、もう頭おかしいのね。311でも、被災地診療に1週間後から積極参加したワシらの基本的考え方は、「現地に迷惑を掛けない自己完結ボランティアを」だし、それは参加する限り当たり前の事。
ま、これも実は山本っていう噂があるけどね。どうなんだろ。ちなみに彼の信者さん達は人気をねたんだネガティブ報道だからと、逆に喜んでいる。こう言う神経がもうバカ。

ところで、最近の支那のヤバさぶりに、資料を集めて色々紹介してみようかと思った矢先、天安門のこの事件です。ワシの予言通りこの国は崩壊に向かうのでしょうか。そうです、日本の皆さん、手を引くなら今ですよ。ウイグルの次はチベットですから。。今まで隠し通してきた様々な事件を、順を追ってそのうち紹介しましょう。。。



日曜日, 10月 27, 2013

晩秋

土曜日、スタッフのほとんどが小児歯科学会参加のため、久しぶりに休診となりました。前日夜痛飲していたため、午前中はかなり遅い時間まで寝てました。雨かと思いきや、以外と晴れていたので、昨年甘くて美味しいクリにありつけた南郷区の某所に車で向かうことにしました。

雨上がりと言うこともあって、始めバイクかなぁと思っていたんですが、雨上がり、落ち葉、もうこれだけで、軟弱オッサンバイク乗りはパスなんです。だって、転びそうでしょ。

南郷区の某所は、昨年同様いい感じでクリがはじけていました。ま、くりなんざ、何処にでもあるのだけれど、甘くて美味しいとなればちょっと話は別です。と言う事で30〜40分も腰をかがめて拾いましたね。
今年は昨年に比べてなんか大きいなぁ。しかし大きいから美味いとは限らないわけで、昔から小粒の芝ぐりが1番旨いと言われますからね。いえいえ、丹波のクリは別格ですが。


まだまだ取れそうだったんですけれど、別に売るわけでもないからほどほどで切り上げてきました。それに、正直、何処の誰の山なんだろう(笑)。ごめんなさい。

で、これをどうやって食うかというと、ま、この日の晩ご飯でしたが、、、答えは「焼き栗」。




昨年も紹介しましたね、包丁で軽い切れ目を入れて、お魚とか焼くガスレンジのグリル部分に転がして、15〜20分焼くわけですが、時々見ないとすっかり炭になる奴も居ますから注意してみてください。それから火力は中火より弱くですな。
秋から冬にかけてスイスやイタリアに行くと、絶対街角に出ている屋台がこの焼き栗です。初めて食べたとき、その素朴なおいしさに驚いたんですよ。

クリは茹でると、何か美味しさの一部分が溶け出す感じで、しかも食べにくいし。かといって、生から皮を剥いてオリーブオイルとかでからっと揚げてもすごい美味いのだけれど、生から皮を剥く作業って尋常じゃない(笑)。クリご飯だってそう。と言う事でやはり焼き栗が1番なんです。
で、味は、、、、う〜ん、昨年より味がしないというか甘くないというか、、天候の所為かなぁ、暑すぎたとか多分色々(笑)。

しかし、秋の味満喫。クリを食いながらこれら3冊の本を読む。なかなか良い本です。特に「中国はもうおわっている」は、ビジネス書ベストセラー、2週連続第一位。その後すぐに出た「今中国で起きている大破局の真相」もベストセラー間違いなし。
日本のマスコミの支那バイアスのかかっていない本当の情報が見えます。
石平拓大教授が、「日本に来るまで南京大虐殺とか聞いたことがなかった」と言っていたのを思い出します。彼は北京大学哲学科ですが、経済学者でも歴史学者でもあります。中国の民主化に力を入れている人物です。そんな教科書で習ったこともないようなことを、日本では大問題にしている疑問と、それならばとそこに食いつく中共とサヨクのいやらしさがよく分かりますな。
鉄筋家族は、ま、テッパン。連載スタートした93年からキチンと研究している(笑)。









水曜日, 10月 23, 2013

帰国、即青森、中国人、アイルランド

無事ダブリンから帰国し、その足で家に帰らず青森の仕事に直行するあたり、ワシはワーカーホリックなのかと疑ったりして。今日の明日も青森でのお仕事です。帰って来てまだ本業をしていません(笑)。

アイルランドでいろんな人に出会ってちょっと聞いてみた日本人って?どう?
すると意外とみんな日本の事がスキ。結構安心したね。で、やはり嫌いなのは支那人だって。傍若無人で勝手すぎ、回りの迷惑顧みず好き勝手な事して、そして、、兎に角散らかす、ゴミでも何でもその辺に捨てる、これみんなやはり許せないらしい。
アイルランド、ダブリンは、日本と同じくらいゴミがないですよ。本当にキレイな町で驚きます。欧州でゴミが1番酷かったのはコペンハーゲン(笑)。酷かった(笑)。スイスはキレイ。高木の兄ちゃんが立ち寄ったパリは、30年くらい前に行ったけど、そうね、何か犬のウ○チだらけでもう大変。ずっと下向いて歩かないと十中八九間違いなく踏む。今はだいぶいいって聞くけどその時のイメージがねぇ。ホテルがシャンゼリゼのすぐ脇だったけど、部屋に帰ると何か臭うんで、、、ふと靴を見ると、あぁ〜〜〜。_| ̄|○
今はどうなのかしら。

この次のブログあたりから、何か勘違いしてる「支那の戦勝国気取りのザマ」を書こうと資料集めてますから、支那は覚悟するように(笑)。そういうのがスキでこのブログを注視している人は必見です(予告)。

アイルランドは本当に美しい国でした。300枚くらいとってきた写真中から、自分の好みで厳選したとっておきの写真を幾つか紹介したいと思います。ワシは「みち」が昔からそして今も、、とてもスキなので、あえて選んだこの写真。
ウイックロウマウンテンズ国立公園の荒涼とした空と雲もスキ。

(写真をクリックすると実物解像度の50%で見る事が出来ますよ、またGPSデータを入れてありますから、そういうアプリを持っていれば何処で撮ったかすぐ分かります)


そしてどうしても外せない、グランドカナルスクエアーの新しいダブリンらしい一コマ。

で、トリニティ大学の図書館。ダブリン紀行でも使ったこの2つの写真は、ワシらの知らなかったアイルランドを象徴していないかなぁ。。













よーく見てください、from兄ちゃん柿ピー(笑)&ベビーサラミあり




ギネスビールの旨さは此処でなければ絶対に味わえないとアイリッシュが自慢するだけのことはある異常な旨さに脱帽。サーバーをギネス本社が毎日洗浄に来るらしく、一日たりともアイルランドの水で洗わないと味が変わるのだと言います。本当にピュアですがすがしくクリーミーな泡なのにのどごしの感覚が鮮烈でコクとうま味が絶妙なんですな。

是非又行きたい国の一つになった訳です。


EAOの内容も、いつになく今回は特に素晴らしかった。米国の学会ではお目にかかれない内容。詳細はHERZ会でご報告いたします。

日曜日, 10月 20, 2013

ダブリン紀行その6 EAO最終日 総括

長いようであっという間だったアイルランド滞在。昼も夜も結構忙しいし、今まであまり経験しなかったはずのジェットラグで突然猛烈な睡魔に襲われたりして(笑)。気がつくと朝という感じの繰り返しで瞬く間に過ぎた6日間でした。。
EAO最終日も朝からとても素晴らしいお話を聞かせていただきましたね。老人と歯科とインプラントの話はこの先絶対に避けて通れない課題です。ジュネーブ大学やKCL(ロンドンキングス大学)の女性の教授のお話が特に素晴らしかったですな。だれも避けることの出来ないエイジングに歯科からのアプローチは非常に重要なのです。


しかしなぁ、日本の医科の先生達がどこまで分かってくれるか。。自分たちが一番だと思っている学閥主導の先生方が、海外から見ると滑稽だものなぁ。
ま、それはいいとして。

AVOCAというブランドはご存知か。アイルランドの伝統工芸をファウンデーションにした素敵なブランドです。ここの直営店に行きまして、診療室用のブランケットを買いました。ちなみに日本での購入価格の半分です。でもですね、久しぶりにワシが予言しましょう。このブランド、数年先にはブレイクします(キッパリ)。(^O^) 日本代理店の一つをこれから望むなら今がチャンスですよ。ワシのこう言う予言は、今まで外れてないですからね。あるいは、ワシと一緒にブームを創りませんか??(笑)。

来た早々からとてもお世話になった普通のドクター
偉い人じゃない、これがいい!!

総体的にこの国は、ワシの訪れた20カ国中では、とてもとてもいいです。日本に負けないくらいの民度があります。そしてそれは揺るぎない優しさや強いプライドで成り立っているようです。UKに対しての大人の対応は、最低民度の韓国に是非とも見習っていただきたい。韓国よ、このままでは君たちは落ちるところまで確実に落ちるだろう。。
アイルランドを見習え。君ら以上に歴史の変遷は自国民に苦悩を強いた。しかし彼らはそれを今の価値観で計ろうとはしていませんよ。日本のリベラルとサヨクと韓国と支那は、その辺を良ーく考えて、、、小論文の提出は来月末まで待ってあげるから(笑)。

今日の最終講演のチューリッヒのグルンダー先生は、以前いみじくもワシにこう言った。
「素晴らしい仕事は素晴らしい景色の中で生まれる」
此れは単にスイスライクな素晴らしい景色というだけではなさそう。素晴らしい景色とは目的のある夢のある現実を目的にあらゆる手段で頑張ることだ。その中には本当に素晴らしいアルプスがあるかもしれないけれど、それに負けない素晴らしいビジョンがあることが、素晴らしい仕事を生むんだと言うことだと、I think。

来年、絶対にもう一度来たい国。そうまで思わせる何かがある国。しばらく住んでみようかと思わせる国。ま兄ちゃんにとっての、ハワイと言う所かな。いやいや兄ちゃんも相当気に入っている国のはず。ハワイほどじゃないかもしれませんが(笑)。

絶対又来ます、さよならダブリン!!