土曜日, 11月 30, 2013

HERZ会さよならこんにちはプレゼン

木曜日の夜はHERZ会定例会でした。今月は当院5年目の小澤先生のさようならプレゼンと新しい仲間になったKND先生やTKDT先生のこんにちはプレゼン。
小澤先生はこの12月で退職し、故郷富士吉田市で新規開業です。思えば研修医時代、何処も同じようでぱっとしない研修医受け入れ歯科医院(本人談)を沢山回り、最後の最後に此処はちょっと他とは違うかもしれないと気が付いて選択してくれた彼です。プレゼンの内容を見ながら、この5年間に思いをはせる院長です(笑)。想像以上に育っているのは本当に嬉しい限りですな。

しかし、これで当院を卒業していくのは、今年開業の奥寺先生を始め来年3月退職予定の松館先生を含め3名になります。医院規模は全く変わらず、来院患者数も変わらない中、医師補充が全く出来ない、医師不足まっただ中の地方の実態をあからさまに感じているワシです。みんな首都圏に行きたがり、そここそ先進デンティストリー本丸だと勘違いして、結局なんだかなぁの歯科医師で妥協するケースを沢山見ています。

若き歯科医師達よ、日本を本当に背負っているのは地方だよ。
きみ、良い体してるね、ウチに来ないか?

さて、新人会員はよくおいでくださいました。ワシの恩師のKND先生の長男は、ワシが勤務していた時期である幼稚園の頃から知っている。ワシが年取ったわけだよな。大学ではちょっと見慣れない臨床研究をしてきたため、発表内容も顎補綴中心のコアな話が非常に面白い。これからも期待できます。
もう一人TKDT先生は、これも縁が深いのですが、同窓の大先輩のご子息です。ワシの長男が違う世界に旅に出ようとしたとき(笑)、親身に相談に乗ってくださり、色々なアドバイスを頂きました。ウチの息子もそうだったのよって、、言う話はとても勇気づけられたものです。それが今では世界のペリオ人と渡り歩ける若き大先生ですわ。ま、NTBR大先生達とはちょこっとテリトリーが違いますが、ワシにしてみればそんなのはどうでもよろしい。誰と知り合いとかじゃなく、私は何のために何をするかだね。だから、ファウンデーションをしっかりと持っているんだから、君は何でも出来るだろうし、それは本当に羨ましい財産なんですよ。
これから八戸を背負っていく、すばらしい若い先生方に期待いたします。

う〜む、こんなに素晴らしい先生達が入会したが、ウチの勉強会は何もご褒美とか無いからね。なんかの資格を取らせるとか、エライ感じのサティフィケートが出るとか。そゆの欲しい人はそゆとこに行った方が良いかもよ。純粋な勉強会です。

ていうか、誰かウチの勤務医に来てくれませんか?死ぬほどこき使われるでしょう(笑)。そうゆうの好きな人もそうじゃない人も、人間的に昇華したい人、勤務医募集要項で、ウチに来ればあれこれ出来ますと宣伝している歯科医院に嫌な感じを持つ人、大募集です。





日曜日, 11月 24, 2013

旅に出て太って帰る。。

台湾のICOIアジアパシフィックコングレスは、なんだかなぁ、の学会でした。10月のEAOが素晴らしかっただけに、インプラント関連学会としては10年以上前ののりで、そう、なんだかなぁ。。

揚げ句に、参加している日本人の中には下品さが際立っている人がおりまして、スタート直後から学会会場はうるさいし(日本人)アワードセレモニーでも(聞いた話ですが)どこぞのやかましい日本人DH姉ちゃん達の下品さが際立ったと。。残念で仕方ありません。
日本から比較的近い国際学会ということもあるのでしょうか、普段国際学会に参加しそうもない感じの方々の参加は素晴らしいと思うのですが、いかんせん品格に欠けた日本人をクローズアップしているようで、恥ずかしいったらありゃしない(笑)。そんなワシはなぜか上から目線ですが(笑)。
内容も、ま、こばちゃん言う通り「ひどくつまらない」、これも残念な感じの学会なのでした。


と言うことで、個人的に青森から参加したこばちゃんや、沖縄の宮里先生と、個別ミーティングで議論を深めました。特に宮里先生があえて持ってきた症例に関してワシなりの見解をディスカッション。
そしてその後、ワシらのアジアや世界への歯科的野望(爆)を達成するために、パワースポットである龍山寺へ向かったのでした。。
龍一族らしい(ある患者さんに指摘された)ワシとしては、このお寺を無視するわけにはいかないなと、7人の神様に向かったわけです。
ででで!、写真を撮ってもらうとこの通り。ワシに龍がまとわりついているのがお分かりでしょうか?あら不思議な写真です。

おぉ、これで来年も様々な思いが叶うことでしょう。皆さんも可能な限りワシにまとわりついたほうがいいと思いますよ(笑)。

さて、台湾では、非常に美味いメシにありついたわけですが(それはFBで紹介)、まあ台湾な通りのそれはそれはのご馳走でした。おかげで旅に出て太って帰る、、という水曜どうでしょうののりで食いまくったわけですが、なぜか部屋に備え付けの体重計は、日本を離れる時より痩せて表示されるのです。???此れは何かの陰謀か。

陰謀で思い出しましたが、町中でふと見ると至る所にある「工作員募集」の張り紙に、やや驚きながら、通常作業員のことを工作員と言うと分かったのはその後の話(笑)。
そういえば、みんなから、クマちゃんは支那と韓国には絶対入国出来ないね、もし入国できたとしてもポケットにやばい物をこっそり入れられてイミグレーションで取っ捕まって死刑だね、、と褒められ(笑)、あぁ、みんなワシのことを良く理解していただいている、、と、ちょっと天狗になった、そんな台湾なのでした。






水曜日, 11月 20, 2013

フェイク!支那!

今日の夕方から東京に移動するのですが、今日飛び込んできたニュースに多くの日本人が感動したとか。
「江沢民らに逮捕状、チベット虐殺容疑、スペイン全国管区裁判所」---パリ時事通信

スペインの全国管区裁判所は19日、支那の江沢民国家主席(87)、李鵬元首相(85)ら政権幹部経験者5人の逮捕状を出した。1980〜90年代にチベットでの「ジェノサイド(大虐殺)」に関与した容疑とされる。AFP通信によると、裁判所は刑事告発した人権団体メンバーにスペイン国籍を持つ亡命チベット人がおり、中国当局が捜査していないことを理由に逮捕状を出した。

どうですか、本当の支那を知らないのは情報操作されているワシら日本人だけかもしれないことを痛感しますね。ちなみにこれも多くの人は知らないかもしれませんが、同容疑での逮捕状はこれで2回目なんです。2009年にアルゼンチン連邦裁判所は、同じくジェノサイド容疑ですでに彼らの逮捕状を出しているんですけれど、日本では全く報道されませんでした。このときの支那の慌てようも全く報道されませんでした。何故でしょう。。

他国が何を根拠に内政干渉するのかという支那の言い分を真に受けているのは、日本と韓国だけです。韓国はあの通り反日で成り立っているかわいそうな国で、すでに支那のパラサイト化はどんどん進んでいるのですが、支那の崩壊が見えている世界各国は、真の正義と秩序を支那に求め始めていることは確かなんですね。しかし支那自体、韓国同様フェイクです。フェイクに振り回される我が日本が逆に浮き彫りになります。

また、支那の反日も政府によって作られたフェイクです。支那庶民を大量の情報操作で反日大衆に仕立て上げ、あげくに金まで払って反日をあおる構図をワシらは知らなければなりません。尖閣に向かった大漁船団は一艘あたり10万元の金を政府からもらい大船団を作りましたが、そのことを冷静に伝える日本のマスコミは皆無でした。

バカ鳩が、支那の情報操作によって支那に都合の良いように洗脳されている状況も何もかも、実態の無い偽物と嘘で作られた国家だからこそ出来る技なのでしょうか。そんな支那はウイグルやチベットのジェノサイドを隠したいことは明白ではないですかな。これが事実だと支那自体が認めれば、支那の経済も政治も人民も全て世界から否定されますもの。

この間の天安門の事件は、ウイグルの所為にしようとした自作自演ではないかと言う疑惑が持ち上がっています。一年間に起きる死傷者の出る国内紛争は700件近いわけで、毎日この国のどこかで民族紛争や市民の反逆が起きている事実も含め、今国家としての体をどうするのか注目ですな。

ちなみに、ビンラディンの石像を貿易センタービル跡地に立てるのと同じ所行を韓国は支那の力を借りてやろうとしています。そう、安重根の石碑。もう目が泳いで何処を見てるか分からないこの韓国政府に付ける薬は無いな。

我が国は、気が触れたこの2国に対して毅然とした態度と外交を展開して頂きたいものですな。



月曜日, 11月 18, 2013

土日月、青森でした、、そして台湾

いつもとは違う土日月のスケジュールで、毎月の青森書類めくり@画面にらめっこを終了。皆さんご迷惑掛けました<m(__)m>。と言うのも、水曜からインプラント学会で台北に向かうためスケジュール調整させて頂いたんです。そんなに学会がスキか?と言われると、、何とも(笑)。ただ、世界中の学会に参加しながら、ウチの衛生士に言ったように、「空気を吸って感じてくる事から自分の仕事の幅が広がる」と信じていますし、まさに毎日の仕事で感じています。

あれほど支那の悪口を言っているワシですが、台湾はちょっと違うだろうなと、今回初めての訪問です。ただ、ワシら日本人が理解しなければならないのは内省人と外省人の違いです。日本統治時代が終了した後、支那から台湾に移民した人やその子孫を外省人と言います。統治時代から居る元々のタイワニーズを本省人もしくは内省人というのです。基本的に支那人は反日でしか生きて行けませんから、外省人は反日です。ところが、内省人は日本統治時代、日本国が物凄いお金を掛けて教育も含めたインフラ整備をしたことに感謝していますし、現在の台湾の近代化の礎は日本の統治のおかげと考えている人が大勢居るため親日なのだと聞いています。

しかしです。外省人は小金を持っていたため政治的な力が極めて強く、公の場では外省人が力を発揮しているケースが多々あるから、その偏向報道で台湾も支那も反日だと信じている人が少なからずいるのだとか。だいたい外務省が日本人の渡航先データにおいて支那と台湾を一緒にして計算するものだから、圧倒的に台湾が人気なのに、あたかも日本人が大勢支那に行っているかのような錯覚を、わざとさせるあたり、ドンだけチャイナスクール出身が役人に紛れ込んでいるのよと嫌になりますね。

売国奴河野が、台湾に緊急に着陸したとき、支那に気を遣って台湾に降りなかった話は有名。なんだかんだ言っても、かつて台湾行きが成田では無く羽田だった経緯も、我が国が如何に左翼に牛耳られていたかの証かな。で、肝心の彼らはというとそんなこと気にしちゃいないと思いますよ。だって立派な独立国として成り立っているんだからね。

そんな台湾を見て本当に気の毒な程の韓国のバカさ加減は何だろう。いい加減K-POPも終焉を迎え売り上げががた落ちどころの騒ぎではないくせに、それは日本の所為だと言うし、じゃあ、、と、アジア全体に売り込もうとしてもアジア全体で韓国が好きと答えた割合は3割を切るわけで日本は7割。韓国は素行の悪さが支那に並んでトップクラスのようで。。韓流の皆さん、心まで整形して実態が分からなくなっているこの国、まだスキですか??ちなみに、この間食事中にチャングンソク、とか言う奴のスマホゲームのCMをみて本気で吐き気がしてきたが、正常な神経なら皆そうだと思うが、我が大和撫子達はまだ群がるのだろうか。国家も個人もこの気持ちの悪さは如何か。。

というわけで、ある情報雑誌の特集を見たら・・・・・
こんな特集で半分以上埋まっていました。
韓国が背負う嘘の代償。
歴史認識ーライダイハンを残した韓国軍の蛮行
慰安婦ーオバマが無視し東南アジアが辟易する朴大統領の慰安婦告げ口外交
食品ー根拠ゼロの日本産禁輸で憂さを晴らし中国より危険な自国の毒食品を食べている
整形ー整形天国で親子の絆も民族の特徴も消されていく
経済ー韓国経済は日本から離れて繁栄できない
技術力ー自然科学部門でノーベル賞ゼロ、部品一つ作れない技術大国の惨状
歴史問題ー巨費を注ぎ込んで未開の国朝鮮を近代化、日本統治の事実を隠す歴史捏造の愚
などなどまだまだ沢山(笑)。
ダメだね、この国、きっと。

相変わらず話はそれましたが(笑)、と言う事で、水曜夜から韓国とは雲泥の差の素晴らしい隣国台湾に行って来ます。



土曜日, 11月 16, 2013

あっという間の1週間とチェルノブイリ考察       

口腔リハビリ学会から帰って来て、月曜から怒濤のように仕事をして(笑)気が付いたらもう土曜日です。。あ〜、1週間あっという間だった!しかも、スウェーデンに向かったウチのDH2名のFINエアーがストライキに入り、帰国便はどうなるのかとちょっと心配したり。今、連絡をもらったスケジュールではルフトハンザに乗り換えて無事帰国できそうで何よりでした。

この間に、ちょっと雑用をこなしながら読んだんですが、カルト山本とか原発被災地の人達には全く嫌われている事実が発覚。なんでだろうと色々調べると、やはり根も葉もない風評のもとが彼らにあると福島の人達は認識している様ですな。そのエビデンスが全く科学的に根拠のない物で、しかもそれはワシらがダマされているという前提で拡散されるものだから地元の人はたまったものじゃないらしい。そこで、賢いワシは検証してみた(笑)。

チェルノブイリの事故が福島より酷いのか違うのかと検証するとチェルノブイリのが確実に科学的に50倍の放射性物質を放出した現実から当然こちらが酷いと言う事は皆さんおわかりになると思う。その前提でお話ししますから、そこで違うというバイアスがかかった人はもう読まなくてよろしい(笑)。

チェルノブイリ原発から3キロ離れた所にプリピャチの町がある。事故後住民は政府からの移転命令で、住居は空になりそのまま原発事故現場で働く技術者らの宿舎となっていた。その後それらも2000年には終了し技術者達が去ったゴーストタウンが専ら日本ではテレビなどで報道される放射能に侵された死の町、、みたいな。もう此処で偏向報道だね(笑)。
ここから10キロほど離れた所にあるスラヴィティチと言う町のことは日本では全く報道されていない。此処にはかつてプリピャチに住んでいた人々が移住しており子供達が溢れる夢の町となっていることを心しておくべきだろう。これこそが福島復興の鍵なんですよ。そんな提案の一つも出来ないクソ山本議員はまず、自分の足で福島の深部を訪れそこに住んでいた人々の苦悩を共有し、そしてウクライナのキエフに向かい正しい知識と経験を積むべきだと思うがね。
で、ここから

チェルノブイリでは炎上する原発の建物に入って作業した人々は高被曝で全員無くなっていますが、一般の住民には他の地域の住民に比較して健康度の有意差は全く無いわけで、これはキエフのアーカイブを調べればすぐ分かるはず。ていうか、福島浜通の人達が一番気にしていたことは生活に於ける放射能の許容レベルだと思うんです。地元では年間1ミリシーベルトを超えると危険であるかのような思い込みがありますが、キエフではその数値は桁違いでは無いのかと指摘されるらしい。なるほど、チェルノブイリでも福島でも深刻なのは放射能汚染では無く、山本達が拡散する情報汚染であったのか。。。
ウクライナでは300ミリシーベルトだけれどそれと比較するのはもちろんナンセンス。ICRP基準に従って5年間で100ミリシーベルト1年で20ミリシーベルトを超えず最終目標としての長期的に1ミリシーベルトを、、と言うのが理想だろうけれど、1ミリシーベルトだけが一人歩きしては福島の復興は絶対にあり得ないわけで、その問題に積極的に取り組む姿勢こそ政治家に必要なのではと思うわけです。

こう言うコラムを見つけると本当にそう思いますよ。本当の被害とは何なのか、内部被曝で子供達が危険?20年以上前のこの事故からワシらは新の復興のお手本を学ぶべきと考えるのはワシの思い上がりなのだろうかねぇ。。。いや、医療人としてむしろ世界一の保有台数の医療CTの被ばく線量がそのリスクを上回って世界一の長寿をもたらしている現実を直視するべきと思うが如何か。

あ、変なカルト的放射能バイアスのかかった意見は無視します(キッパリ)、、(`・ω・´)。ワシの先祖は江戸時代は福島なんです。だからこう言う事を真剣に考えちゃう。。。。




月曜日, 11月 11, 2013

口腔リハビリテーション学会やその他(笑)

土日の2日間、鶴見大学で行われた口腔リハ学会に参加してきました。こう言う学会に参加すると思うのですが、ワシらが普段行っている臨床はつまり口腔リハビリなんですな。何らかの障害があって、そこを改善する事こそすなわちリハビリテーションの定義です。

かつて、アメリカンナソロジーの大家「保母須弥也」先生が「オーラルリハビリテーション」と言う本をお書きになり、世の歯科界にリハビリテーションの言葉が浸透しました。確かにこれが出発点になってワシのヨーロピアンナソロジーは花開くのでした(爆)。
リコンストラクションを前提にしたこれらの考え方は、当然ワシの医院のファウンデーションコンセプトの一つでもあります。インプラントの小賢しいテクニックの披露合戦など末端の末端だと言うことを痛感します。そして、これはあくまでも疾病治療と再建治療とのリレーションを考えるに、あくまで疾病ではなく再建であるという点に注目すれば、リハビリ自体「ん?」と言うことになりかねませんから、正しいと感じる認識とその認識に対する哲学が益々持って必要となるわけです。ウチの勉強会のみんなにも参加して欲しかったと痛烈に思う学会でありました。

一般的な歯科診療は、まさしくリハビリを前提とした処置となります。ですから保存修復もペリオもエンドもそして義歯やインプラントに至る様々な歯科細則全てがこれに当てはまるのですが、今世紀初頭から、特に高齢者の摂食嚥下障害に対するエビデンスが確立されてきて、いわゆる口腔リハビリとはそれら全てを網羅した全人的考え方と進化したわけです。だから逆に、それこそが口腔リハビリと勘違いされる側面も持つようになってしまいましたが。。

ですから今学会の演題も驚くほど多岐にわたるのです。そしてその中から特に摂食咀嚼障害にターゲットを絞った特別講演は非常に興味深いモノでした。まあ、詳細は少しずつ書いていきますが、発音と口腔リハビリとかVF無しでの頚部聴診による摂食嚥下障害の診断が可能とか、ワシにとっては新しい新鮮な話題で大変楽しかったわけです。筋ジスのDMD,MD,MGカテゴリーなど記憶の彼方に飛んでいましたから、その咬合訓練やリハビリの危険性や本当にもっと勉強しなきゃ。パーキンソンの服薬と摂食誤嚥の話など「へぇ〜、そうだったのか!!」の連続でした。恥ずかしい<m(__)m>。

さて、土曜の夜、ジャーナリストのO氏や保険医協会局長と、日曜スウェーデンのカロリンスカ大学に向かうウチの衛生士2名の壮行会を行いました(笑)。ポイントは、、何を学んでくるかでは無い事をはっきり言っておきました。ま、ほとんどの先生方は。お金出して行ってもらうんだからそれなりのことをキチンと勉強してきて、ウチの病院に還元できるように頑張りなさい。。だと思うんですね。でもワシは違う。そんな事は言わない。
「1週間スウェーデンの空気を吸ってきなさい」
これだけです。

浅草人形町から有楽町のガード下に河岸を移し、朝早い彼女らではありますが話は尽きなかったのでした。特に一人、カナちゃんは初めての海外旅行が弱冠22歳にしてスウェーデンというのは本当に恵まれた環境なんだと理解して、思う存分「他国の風」を感じてきて欲しいモノです。あ、サポートの野沢ネイサンはほぼ自腹参加、これはこれで素晴らしい事。二人とも、残って仕事しているみんなの分よろしくお願いしますよ。来年はエビちゃんかアキノだからね。次の世代を背負うのは君たちだから。これで、スウェーデン研修組は5名になったかな。嬉しい限りです。

そうそう、土曜日の昼、愚息の誕生日だったので、昼飯を一緒に鶴見近辺で。大学では完全ネイティブ英語は君しか話せないようで、外人来た時とか色々良いように使われているみたいだけれど、それはそれ、絶対後で自分に返ってくるから安心して超ドベタな歯冠彫刻の宿題に励みなさい、、と、小遣い渡した(笑)。

そんな土曜日曜だったのでした。。



金曜日, 11月 08, 2013

中核派が天皇の権威に屈した?!

中核派機関誌「前進」より抜粋 ・・・・あれあれ??変な期待して損した(笑)。

# 10月31日に行われた園遊会で、福島原発事故が引き起こしている深刻極まる現実を訴えて、山本太郎参院議員が天皇に手紙を直接渡した。このことに対し、自民党を始めとする国会の与野党およびマスコミが、山本氏に許すことのできない卑劣な攻撃を集中している。山本氏に「議員辞職」を迫ったり、参議院としての処分を検討したりと、天皇制イデオロギーと白色テロルの恫喝による、山本氏の闘いの圧殺がたくらまれている。

あれあれ??

彼が今回の選挙で中核派やその支援グループから、それこそ「支援」を受けていたことはもう有名です。よく考えるに、中核派から支援を受けている人間が、あに図らんや天皇の権威にすがった訳ね、、、というおかしな構図が浮かび上がりませんか??

過激派の支援を受け当選しているにもかかわらず、就任直後議員権力行使をどっかにおいちゃったまま天皇に、ま、いわば、すがっちゃったと言う事は、日本の左翼の歴史の中でも一大事件なんじゃ無いですかね。で、その後の左翼の動向はというと、、、死んでも擁護する(笑)らしい。

# 大恐慌下に最末期の脱落日帝・新自由主義の危機の中で、天皇制が「帝国主義ブルジョアジーの反革命的結集のシンボル」として登場してくることに対しては、労働者階級人民の「生きさせろ!」の怒りと決起がさらに激しく巻き起こっていく。われわれはどこまでも山本氏とともに、国鉄決戦と反原発決戦を軸に闘いぬくであろう。

・・・・・・・・クスッ(*^。^*)
左翼の人達って、天皇制打破じゃないのかぁ〜い。ところが当の山本は天皇制をいわばシンボルとして担ぎ上げているわけで、こいつ本当に頭どうかしてるね。しかし左翼も左翼、一度支援したからには引くに引けないという訳かな?結構泥沼だね。
実は彼ら今年は頭の痛い年。中核派の中に公安の工作員(笑)が紛れ込んでいてしかも彼は幹部だったんですよね。名前を荒川という。あなたはすごいね。内部分裂の火だねとしては十分すぎるくらいなスキャンダラスな事。これに加えて山本だよ(笑)。中核派幹部達が内部に於いて一体どんな議論を喧々諤々しているのか、想像するだけで・・・・後は言わない。

ま、いずれにせよ「直訴」したことには変わりないわけで、侍従長が「お読みになってはおりません」と言っているし、う〜ん、一体彼は・・。  果てしないバカに振り回され、イデオロギー自体が崩壊する様として、その代償は左向きの人達にとっても非常に大きいんじゃ無いか?? 思想は自由だからね。ヤレヤレです。

なんかさ、益々目が離せないのは、山本の術中?? うははは、まさか。そんな器量は無い(キッパリ)(`・ω・´)

ところで、こう言う事を実名で書いたりして、、やはりワシは標的にされるのだろうか?



火曜日, 11月 05, 2013

ワイン・・は、ウマケりゃいいわけで

11月の第3木曜日が迫っていますが、ワシはこの日は台北にいるので、中華とヌーボーか。宮里先生も高木兄ちゃんも、コバちゃんも、みんな、インプラントと中華とヌーボー(笑)。

ところで、過去においてボジョレーヌーボーの評価を拾えるだけ拾ってみたら・・・・
2003年:過去100年で最高
2004年:100年に一度と評価された昨年を上回る出来
2005年:100年に一度と言われた一昨年をしのぐ
2006年:昨年同様最高の出来映え
2007年:柔らかく果実味豊かで上質
2008年:豊かな果実味とほどよい酸味
2009年:50年に一度の出来
2010年:昨年と同等の出来
2011年:近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
2012年:史上最悪

何だかなぁ〜〜〜(笑)。2012年だけが正直だね。
しかし他はセールスな言い回し限界じゃ無ない? で、いつのが良かったわけ? しかも、すぐ飲まなきゃどんどん美味しくなくなるしね。

ワシはワインが日本酒の次に好きだけれど、ワインセラーにはビンテージを含め50本くらいは(エヘン)眠っているし、何時でも美味い物を取り出せるけれど、ボジョレーヌーボーは、ま、八戸の山の木ブドウジュースって感じなので、バカみたいにありがたがったりはしない。
だいたい醸造過程が特殊で、ブルゴーニュの極めて限られた南部の量産栽培なものだから、バブルの時の猫も杓子もありがたがって飲んでいるザマを奇異に感じてはいたけど、確かに12本とかまとめ買いして振る舞ったりはしていたが、結局自分では1本飲んで、「もういいや」てな感じでほとんどは料理酒となっていましたな。

香りはフルーティーだけど(葡萄酒だから当たり前)コクもうまみもほとんど無いさっぱり感が逆に老若男女に受けるらしい。だからフランスではあまり好まれないばかりか、ワインの味を理解していない日本や支那に大量に送りつけるらしいが本当だろうか??

そんなモノを買うぐらいなら、ワシの今お勧めの2000円を切る「シャトー・サン・ドミニク」2008年は如何だろうか。パーカーさんが98点という物凄い点数を叩き出した2008年のシャトー・ラフィットの醸造チームがそのまま担当。コンサルはあのルパンを造り出した世界屈指の凄腕ですよ。そんなワインがこの安さですからね。ラフィットの実力がそのまま受け継がれています。
クセになるかぐわしさと、奥深い魅惑的な香り。ベリー系の味わいは口の中ではじけ、繊細でありながら輪郭はハッキリしていて余韻は驚くほど長い、これはバカウマですな。・・・・・なんてね。

なんてただの能書きでして、、、要は、飲んだ人が美味いと思えばそれまでなので、あまり周囲にとらわれないように(笑)。何と言われようが、信じるのは自分の感覚ですから。。



金曜日, 11月 01, 2013

汚された園遊会

此処で話題にするのも嫌な感じだけれど、ブームに乗って(笑)書く。
どうにもこの気の触れたカルト山本議員さんは手に負えない「不浄」な何かを持っているに違いない。だいたい、園遊会に呼んだ役人が、すでに中核のシンパとなっているだろうからこそ、こう言う神聖な場に、このような不浄な人間が呼ばれたのだと憶測するのはおかしいだろうか?責任者出てこい。もしあの手紙が毒物だったらどうするのか。そんな危険性のある人間が、呼ばれるとはどういうことなんだろう?行きたいと言って行けるモノなのか?園遊会。


彼の言う「福島の子供達の被曝の現状を・・・」なんて、自分達のお仲間が作り出した特別な現状と違うのですかね。それを世界中に発信しているわけで、実はアイルランドに行ったときこんなことを言われました。

「福島近辺の子供達に放射能の影響で鼻血をながす子供が沢山居るという話が伝わってきましたが、どうなんですか?」
ワシはハッキリ
「医療人として正直申し上げると、そんな話はエビデンスが無いただの風評でしょ、そういうのが1番復興の妨げになって肝心のことがおろそかになる最大の原因なんだと思いますよ。」

こんな怖がらせるだけの風評を蒔いているのが彼らで、ワシのような冷静な判断は「何か大きな力」にダマされているんだとか(笑)。これ、何でもそうですがサヨクの典型的な理論ですな。

ワシは小学生の頃しょっちゅう鼻血ながしていた。高校生の時は決まって数学の時間だらだらと鼻血をながした(笑)。これはきっと当時世界中で行われた核実験のせいだと言う事です(笑)。バカ。

そんな事より、バカが直訴したときの陛下の「関わってはいけないものに、関わらない」というとっさのご対応ご判断は素晴らしい。まして、手紙を手渡されたとき、何かゴミを渡されたかのようにそちらには目もくれず隣にいた侍従長にすぐに手渡した。素晴らし。しかしである。陛下の顔は幾ばくかの緊張を隠しきれず、ましてやこのような異例なことに対しての反応であるから、その時の陛下の心中を考えるに、そう言う状況を作った「山本」は万死に値すると言っても過言では無かろう。

もうさ、彼の後ろにこの事を肯定する60万都民がいると思うと、この国の行く末を真剣に案ずるワシは、何か逆に滑稽でもあるかな。何とも言えない背中がざわつくきれい事の正義を並べ立て、しかもこの国の歴史や人や文化を丸ごと否定してでもなお自分の事しか考えられない。実は本音は福島の子供達を守りたいのでは無く、自分が助かりたいだけなことは明白じゃ無いかな。
守りたいなら己を犠牲にしてでも、そこに行く、そこで行動する、みんなそんな思いで復興に携わっているというのに。放射能が怖いのでフィリピンに移住するとか言う奴に、ベクレッてる昼飯はイヤだとか言う奴に、どんな偉そうなきれい事を言われても、ワシだったら言い返すね。
「おまえは最低のクズ野郎だ」

しかし、ワシなどただの庶民だが、如何せん彼は、国会議員なのであ〜る。