水曜日, 12月 31, 2014

今年もありがとうございました

今年もあと残すところ数時間となりました。

ここのブログをご覧の皆様他、私たちに関わりのあったすべての皆様に感謝いたします。特に、このマニアックな愚痴や提言に興味を持ってくださった方々に深い感謝の意を表します。ちなみに、、、国別ではこんな結果に

これをどう判断すれば良いのかは分かりませんけれど、本当にありがたい話ですな。支那や韓国の閲覧者が予想以上にある現実をポジティブに捉えるかネガティブに捉えるかはワシ次第ですか(笑)。

くまさか歯科グループは、来年に向けて未来に向けて大きな夢を持っています。キルケゴールのごとく「思いもしないことは実現しない」という哲学を基礎に、歯科医療がこの先どういう世界で活躍できるのか模索するスタートの年でした。

今私たちの施設では、ねたきりだった人が起き上がり、歩き、流動食だった人が普通食になり、と話には聞くけれど実感できないでいたことが、歯科という学問を通じて目の当たりになってきています。

本来の歯科の部門でも、疾病治療と再建治療を確実なものとするために、スキルアップだけでなく、心の面や医療哲学の面からも取り組んで行こうと考えていますし実践しているはずです。スタッフはひたすら感をなるべく表に出さず余裕と遊びの笑顔でカバーし兎に角仲良く。キャパシティーは無限のはずですから。限界があると思った途端、限界は訪れることを今一度心に刻んで。
しかしそれだけではなく、誰が見ても恥ずかしくない、そして世界中何処に行っても通用する「歯科」を実践していく義務を強く考えています。 

さて、かっこいい話に聞こえました?(笑)
今年も本当に皆さんにお世話になりました。本当にありがとうございました。

ワシは普通に紅白見て、行く年来る年見ながら蕎麦食って寝ますw

良い年越しを!!!!!

月曜日, 12月 29, 2014

仕事納めHERZ会そして大掃除で大忘年会

土曜日は当院の仕事納めでした。スタッフの皆さん、一年間本当にお疲れ様、そしてありがとうございました。
ちょうどこの日は、HERZ会となっちゃんのご厚意で、メリーランド大のペリオ准教授斉藤先生を八戸にお招きし、最近のインプラントプロビジョナライゼーションについてお話を賜りましたが、ワシが2007年のAAPで初めて目にしたプロビジョナライゼーションと言う思考がなんと進化していることか。。米国の最新の思考回路やマニアックな研究に感心しました。
が、いつもわしが言うように、米国の歯科は世界最先端であるにもかかわらず、日本の数倍疲弊している中で(米国型医療ビジネスだから当たり前だが)、一握りの特権階級に対して、なぜ?---いかに費用とエネルギーと時間をかけるのか---という根本的な問題は、米国ではまだまだ蚊帳の外でしょうね。スーパーテクは誰のためのものなのか、スープラストラクチャーの必要十分な美しさは誰のためのものなのか、そもそも論からの疑問はやはりぬぐえないものでした。もちろん世界中のドクターだって「患者のため」と言うだろうが、詭弁だとばれているからねぇ(笑)。
ワシはそのことを否定はしません。霞喰って生きてはいけませんから。しかし、日本の社会保障の不自由さに比較して、実はもっと不自由なシステムである所の改善されたシステムが、あの自由な国になぜ生まれないのか、現場で研究している方々も含め精進して欲しいものです。FDIによると世界には歯科医師を必要としている人たちが28億人に上り、そのうち5000万人は発展途上国ではなく「米国」にいるという事実とどう向き合うか、とても興味があるのでした。
その後皆さんと食事をしてそして飲んで、素晴らしい夜のお開きは27時と相成ったのです。

さて翌日曜日は、朝から大掃除です。皆さん8時過ぎには集まりだしまして、せっせと大掃除。一年間のほこりを払いましたね。恒例のお掃除大賞(誰が一番きれいにしたか)目指して頑張るわけです。今年特に驚いたのは、研修学生がお手伝いに来てくれたこと。しかもみんなとても良く気が付き、とても良く働きます。今時の若い子でここまでしっかりした子達はお目にかかったことがありません。親御さん方の素晴らしい教えなんですね。最高にかわいい彼女たちのおかげで、院長室なんて、5〜6年ぶりにぴっかぴかになりまして、本当にお疲れ様でした。ありがとう!忘年会では、どしどしはしゃいじゃってね(笑)。

さ、くまさか歯科グループ大忘年会は夜からでした。参加スタッフ総勢50名くらいかな。ホームの勤務で来られなかったスタッフには本当に頭が下がります。その代わり、ここにいるみんなでその分も楽しまなければ。ビンゴの最優秀賞はiPadエアー。リフレッシュ休暇争奪戦は最高6日間。ゲットした人たちは、自身の心のために十分に活用してください。

二次会三次会四次会と、昨日に続きワシの身体は悲鳴を上げ始めましたが、27時過ぎまでの四次会ですら20数名の生き残り。本当にウチのスタッフは素晴らしいね。
皆さん本当にありがとうね〜。

木曜日, 12月 25, 2014

年末の速い時間に隠れる変な国

玉八師匠が来るよとアナウンスして一週間たちます。翌日からあっという間に2日間の演目が終了しました。いやぁ、実に面白い面白い。江戸の粋を十二分に堪能させて頂きました。素晴らしいHERZ会の忘年会でしたな。

そんな陰に隠れて、今更どうというわけじゃないけれど、ナッツリターンの話で盛り上がる世間です(笑)。元々先進国じゃないんだから、官民癒着とか当たり前の国だし、主要財閥がGDPの80%近くをたたき出す構図は、アフリカの発展途上の国々と同じですからね。
記者会見も、何度かリハーサルして、こんな感じで頭下げると反省色が強く見えるとか演出が付くあたりも、まさしく民度が低いにもかかわらず大金持ちになった特有のバカさ加減ですね。

しかし、この連中は基本的には親日で、日本と仲良くしないと大損をすると認識している人たちです。歴史も知識もきちんと外国で教わったせいか、正しい認識を持っていることは間違いないのですが。。。。
で、財閥と対をなす貧困層中間層は、まさしく反日の急先鋒で、これは公務員の中、特に教育関係者や文部省に工作員を沢山送り込んでいます。だから此奴ら、韓国親日名簿なるものを作り、公立学校すべてに配布していることが明るみに出ましたね。この名簿に出てくる奴らを売国奴(笑)と呼びさげすむ教育をするのだそうです。こんな人間にはなってはいけないと言う教育。完全にイカレている韓国ですな。

そんな国なのに、平昌五輪、経済的につらかったらウチも手伝うよ、、と長野。優しさを通り越して何か怖いと思うのはワシだけか?

で、もっと笑うのが、この名簿の中に記載されている人たちこそが、韓国10財閥のお歴々(笑)。なんかさ、その構図を反日に押しつけているのが見え見えじゃないか??
ホント、気が触れた国だこと。一体何がしたいんだろう??

ヘイトスピーチを気が狂わんばかりにしているのは韓国であって、新大久保近辺のヘイトなんてどうでも良い規模ですから。世界中に散っている韓国人達は世界中の地図を勝手に無許可で日本海と言う記載をボールペンやマジックインキで消しまくるあたり、これが彼らの常識なのだとしたら、よほど未開の地での民族であるに違いないと。
ワシはいつもそう思っているから、だんだん腹立たしさより哀れさが優先してきた(笑)。





菜花

昨夜の夜は多分世の中では何とかイブ。子供が大きい大人には無縁の夜(笑)。焚久味さんで会合がてらのご飯。
久しぶりの美味しい夕餉に感謝いたします。
  
あさりとトマトとアボガド
焼きたらきく
お造り

エビ団子揚げ蒸し蟹あんかけ
なめた







冬のご飯ははらこ飯



木曜日, 12月 18, 2014

江戸の粋 幇間(ほうかん)芸

明日は、我がベルメゾンKで「悠玄亭玉八師匠」を江戸からお招きして、小一時間の幇間(ほうかん)芸を披露して頂きます。その様子は後日書き込みますが、師匠はすでに日本に4人しかいないお座敷太鼓持ち芸の方です。芸者遊びの合間に太鼓持ち芸を披露させる御大尽がほぼ消滅状態の新しいお江戸で、今なおこの芸を継続しておられる師匠には頭が上がりませんね。ご覧になりたい方は是非13時までにベルメゾンKへお越しください。無料ですよ。








ここで逸話を一つ。座敷に呼ばれ一通り演目を披露した所で御大尽に声を掛けられた。
「おまい、太鼓持ちだろ。」
「なら、目の前のコイの泳いでいる池に飛び込んで泳いでみな。」

「・・・・・・・・」

「ようがす(と言ったかどうかは知らない(笑) お任せを・・」
と、ザンブと池に飛び込んだ。ひとしきりパフォーマンスをした後ずぶぬれになりながら池から上がってくると御大尽が声を掛けた。
「おつかれさん、ふすまを開けて隣の部屋をのぞいてみな。」
そこには、今の着物より高価な着物一式が足袋までそろえてあったそうな。。

社会主義的な賛否は別に(笑)、こう言う江戸で言うところの「粋」な事が、ワシラは出来なくなってしまった時代に生まれているわけですな。ていうか、そんな芸人に渡せる稼ぎがあったら自分の事に使うかもしれない個人主義の台頭は、些かさもしい心持ちとでも言いましょうか。
本当の芸人はこうやって減っていくのでしょう。
ちなみに後継を望む若者は皆無なのだそうです。寂しい限りです。

プロフィールはこちら。いやぁ、凄い人が来てくれる。。

本当に楽しみですな。



火曜日, 12月 16, 2014

ステルスマーケティングとカモになる歯科

先般、ある都内の先生と歯科医院ホームページの有効性とか話をしました。
ワシはHPを自力で作ったのが1994年だから、かれこれ20年近く経つわけです。で、率直に今思うことは、ウチの場合はこれを見て来院される患者さんは驚くほど少数であること、、、でしょうか。

作成当時は、インターネット人口自体40〜50万人くらいと言われていて、少なくとも八戸では数名いるかいないかでしょう(笑)。だから当初のHTMLを駆使したHP作りなんぞあくまでもやばい趣味(笑)の一つでした。ですからその先生も、業者に頼んで何処も似たような作り(例えばインデックスタブ、例えば似顔絵、例えばQ&A)の星の数ほどあるHPの一つである自院のHPのありかたに懐疑的ではありましたし、高いお金払ってSEO考えて果たしてこれが一般企業のように有効なのか否かを考えているわけですね。

しかし昨今、なかなか思うように患者さんが集まらない歯科医院の有効な手段としてHPとSEO対策を推奨する経営コンサルの暗躍(笑)のおかげで、この手のマーケットは大盛況なのだとか。無知な歯科医師につけ込んであれやこれやとオプションを用意し、果たしてそれがどうなのかという検証すらしない業者まで現れる始末です。

ここに彗星のごとく(笑)ステルスマーケットの市場が現れます。デンターネット等に代表される口コミサイトの信憑性を疑う賢明な歯科医師もいれば、いやいや、これを信じてくる「患者様」がいる以上ここが重要なポイントだ、、と勘違いしている歯科医師も大勢います。かつてに比べればその割合は平静さを保ちつつあると聞きます。しかし、色々見回せば、やはりHP上で堂々と「ウチが口コミサイトで一番になりました」と嬉しそうにネット公言する変わり者もまだ沢山見られます。歯科百選と同じ構図ですな。

ネット口コミに関する信憑性は問題になった食べログしかりですけれど、歯科のケースはもっと酷い現状だと聞きます。ステルスマーケットで有名なのは、デンターネットへの良い評判の書き込みですが、最近増えているのがウチでも被害に遭った(ま、被害と言うほど日常が変わったかと言えば何も変わらないが、すごく腹が立った(笑))事実無根の誹謗中傷書き込み。
悪質ストーカーみたいなのから毎日書き込まれる、、から、業者が金銭授受で書き込む、ものまで色々あるようです。しかも、書き込まれた悪評を消すステルスビジネスまで出現するあたり、歯科業界の頭の悪さがクローズアップされるわけです。
・・・・・・ぷっ、、同じ業者だと気がつかないのか??(笑)

ちなみに、おいデンターネット、勝手にウチを載せるんじゃないと何度言ったら分かるんだ?責任者は全くこちらのお手紙を無視。ていうか、管理責任者が誰なのか分からないいい加減な組織です。いくつか裁判を抱えていて忙しいからか?ステルスで大もうけしたんだから、もうそろそろ身を引いたらどうですかね。(毒)

ここで問題なのは、本当の書き込みがステルスの横行で見えなくなってしまっていることを、ワシらが誰も解決しようとしないことではないかな。本当の負の書き込みは、一概に単なるクレームとしてではなく、歯科医療の本来の解決するべき問題のヒントが隠れていたりするわけで、要するにインターネットの負の部分がそのままであると言うこと。
ネット上の情報の9割が嘘だと思いながらネットをのぞくのか、丸ごと信じてのぞくのか、要するに個人個人のレベルなんだと改めて思うのだが、それに便乗するステルスなビジネスとさらにそれに乗っかる歯科業界の情けなさに、涙するワシなのである(笑)。

つまりね、患者さんにとってはHPはタウンページのちょっときれいで便利なやつ、、、ぐらいに思っていれば、ま、問題は無いと言うこと。歯科医院の評価の基本は「本当の近所や仲間の口コミ」だから、ネット世界のいろんな書き込みは、読む人それぞれで判断してねと言うこと。
それより何より、歯科医院HPを丸ごと信じて大変な目に遭ったという患者さんも相当数いるわけで、笑えない話。誰のためのものなのか作っている人掲載する歯科医師が本当のことを考えていない証拠。

医療に対する哲学をお持ちの諸氏であるなら、これで自院の医療哲学が変わるものではないし。







月曜日, 12月 15, 2014

いつものように怒濤の1週間・・

選挙ムードに入って、ブログ自粛しておりました(笑)。ワシの選挙区の2大候補者はいずれもよく知る方々でして、時々陳情でお伺いする議員会館でも大変お世話になったお二人なもので、ある意味明言を避けておりました。先ほどの結果を見ますに、、、、落ち着きました。。

なんだかんだと与党自民の圧勝ですが。共産のような売国政党が異常な伸びを示していることを、与党は自戒するべきですよ。ここの委員長が先々月某国を訪れ、でれでれに喜んでいたことを忘れてはいけません。野党は野党で、なぜこれほどの人たちが与党に投票するのか自戒するべきです。組織票がどうとか逃げないで、本来の野党のあるべき姿を今一度考えるべきでしょうな。何でも反対反対が、いかに無意味か、しかもそれがエスカレートするとなぜか反日になるおかしな構造を野党は反省するべきです。
ちなみに、景気が悪いままだと言いながら、八戸でも深夜帰りのタクシーがなかなか拾えない状況です。こんなの何年ぶり、、いや、、十何年ぶりかもです。
景気回復こんな所でも実感してますがもっと頑張ってくださいね。

本日日曜日、昼ご飯を食べに「カワヨグリーン牧場」のレストランに行きました。テレビでラム肉を見ていたら、無性にラム肉が食いたくなって、しかもジンギスカンじゃ駄目で、骨付きラムチョップだなと言うことで。あれこれ喰いましたが、ま、普通にうまいフレンチのような、イタリアンのような。。。。。食い過ぎました。

夕食は、小平先生から頂いた餃子を焼くわけです。先日通販で買ったセラミックコートのフライパンを使いました。結果から言いますと、買ってはいけないフライパンです。最悪ですね。この何十年かで一番最低のフライパンでした。
ご覧のように、餃子はひっくり返しても底にくっついて落ちません。すごい!洗おうと思ったらこびりつきが激しくて汚れが取れません。結局水を入れてしばらく置いておく羽目
に。
今までの経験からですと、一番良いのはやはり少々値の張るテフロン加工ですね。時と場合によって、油を少し多めに使って良いのなら普通の鉄やアルミが良いですね。次にマーブル加工とか言うテフロンのすごい奴もそれなりかも、、、でも、そうでもなかったかな(笑)。


で、今回のこのクサレモノフライパンは、これからどんどんあちこちでその正体を発信しようと思っています。夜中の通販に相変わらず踊らされたか(笑)。残念。しかし本当に腹が立つ。そんなに高価じゃないのだけれど、大きさ3種類セットとかだったので、すごいゴミじゃないか(笑)。ちなみに、あれしちゃ駄目よこれしちゃ駄目よ、もしそうしたらフライパンの良いところは台無しよ、、と小さな字で書かれてあります。この辺がますます詐欺っぽくていやな感じですな。。。

さて、今週末はHERZ会の忘年会ですが、今週だけで5回忘年会出動です。
大変な事です。



月曜日, 12月 08, 2014

International Association of Risk Management in Medicine -at Tokyo University

土曜日曜と東京に出向き、リスクマネージメント学会主催の医薬品安全管理研修会に参加してきました。会場が東大の本郷キャンパスという事もあり、銀杏並木の見事な黄金色を見に多くの一般の方々も訪れ写真撮影などをしておりました。

2日間にわたり、法文2号館というところで行われたのですが、古いけれど格式のあるそして重たい教室にやや感動するお上りさんのワシです。ここで多くの優秀な頭脳が学び、この国のかじ取りをしている人たちが大勢いるのだろうかと思うと、バカなワシですがなんか頭が引き締まります(笑)。

リスクマネージメント学会と聞いてもピンと来ない歯科関係者は多いのではないでしょうかね。今回是非参加しようと思ったきっかけはいつものO氏に教えてもらった事ですし、何より今稼働し始めた歯科的老人ホームの組織作りに必要不可欠と思ったからです。
いやぁ、勉強になります。場所の所為ではないでしょうが、勉強になります。リスク回避の指針でワシら歯科関係者の良く起こす「責任指向」はあまり意味がなく、エラー回避には「原因指向」のアルゴリズムが本当に大切なんだと思い知るわけです。

そんなこと普段から当たり前でしょ?と思う諸君。本当にそういうシステムを作っていますか。これが結構煩雑だし、トライアンドエラーでデータ蓄積して最終形態を構築し、それがまた上手く機能するのか確認する事って、実際の臨床現場ではなかなか出来る事じゃぁないですから。
しかし、最悪、医療での死亡事故のようなアクシデントはハインリッヒの法則をもっと厳しい感覚で受け止め、時々出くわすインシデントで、原因指向的に修正する事で限りなくゼロに持っていけるんではなかろうかと、頭使うわけです(笑)。

コミュニケーションとコーチングの話も良かった。特に、コミュニケーションは医療人どうしの中ではマナーである感覚が面白いですね。患者とじゃぁないですよ、それはまた別の話。ここだけを勘違いしている歯科医師も沢山いますがね。
人は話すことで頭の中が整理されるわけですが、ここにメラビアンの法則というのがあります。コミュニケーションにおいて文字は7%、声が38%、表情で55%と言う決まりがあるようです。いかに現代人が文字に頼ってコミュニケーションを上手くとれていないのか、確かに臨床の現場で出くわすインシデントの陰には、この不足が否めません。

ま、兎に角、色々勉強になったのですが、ふと思いました。歯科医師がほとんどいないことにです。医師看護師介護士、今回は特に多くの薬剤師ですが、こう言う話に歯科医師はついて行けないのかな。確かに歯科系の学会やセミナーはハウツーじゃないと人が集まらないと聞きました。考える学会は歯科医師は来ないんだそうです。
医科歯科の違いを明確に説明できる歯科医師にあまり出会った事がないものだから、こう言ううがった意見を言うのかもしれません。まあ、残念ながら仕方ないしその結果が商業主義の学会やセミナーにしか人が集まらない疲弊感満載の歯科医療なんでしょうね。
超有名な偉いだろう歯科の先生が、なんて間抜けなことを言っているんだろう、、、と気がつく歯科医師が少なすぎるから周りから馬鹿にされているんだなぁ、、とふと思いました。

これって、歯科系大学に問題ないか??大学は学生にネガティブな潜在意識を植え付けていないか?将来の不安な歯科の話とか。若手インストラクターがお馬鹿だとなおさら。これは不安に繋がりそして不満になりそして不信感を抱くようになるわけで、だったら周りなんか関係ないよ、自分さえ成功すれば良いんだから、この特別な再建治療を覚えて付加価値をつけよう、それで生き残ればいいさ、、テな具合になり、医療への主体性も実感も価値も不足したまま開業し、そこに目をつけた賢い商売人たちは、その先生の素質や資質など関係なしに上手い具合に取り込むんだろうな。

これはこれでリスクマネージメントが必要か(笑)。。良い2日間の講義でした。。





金曜日, 11月 28, 2014

日本の歯科100選(再) そして9条の会(笑)

是非掲載を考えてください!! と、、、また懲りずに電話やらFAXやら矢継ぎ早に来た「日本の歯科100選」。受付嬢が困ってる(笑)。あのさ、昔のワシのブログ読んだ??
読んでないならここよ!(笑)

で、まだこういうのに興味津々の同業者がいるのだろうか?と気になってググると。うわぁ〜すんごいね。
掲載されました!!って自慢やら大喜びやらの歯科HPがわんさか。で、その中身が振るってる。「厳正なる審査の結果選ばれました」とか「素直にうれしい」とか「当院が選ばれた理由」とか、ま、素晴らしい治療を実践しているんでしょうから頑張ってくださいませ。
う〜んと、しかしこれ、嘘ばっかりでしょ。だってウチに載せてよって来るって言うことは、基本、掲載料さえもらえれば何処でも良いと思ってるんじゃないの??厳しい、いや、厳正な診査された覚えないし(笑)。患者さんに対する詐欺じゃないのか??

もう一度担当者は理解してください。ワシはこういうのには全く興味が無い。しかも掲載歯科医院の診療スキルレベルとか知ってるとこあるし。そう言う方々と一緒くたにして欲しくないですw。。。あるいは、何々市ならこの先生でしょ、、という、同業者なら誰でも尊敬する先生達が載ってないし。要するにただの広告本だとばれてますから。
よろしくね。



さて、話は全く変わります。
とある会議で出てきた「9条の会」。ワシは個人的に最低な人間の集まりだと思っている。独立国家の安全保障問題を、何処の誰かがフランス革命憲法をまねして、しかも黄色人種が白人に逆らったら最後はこうなるんだぞと言う戒め的な、絵に描いた餅逆バージョン状態で温存させることに血道を開ける、とんでもない人たちの集まりだと思っている。

かつて石原氏が「台風来ない」と憲法に書いてあれば台風は来ないのか?と言う発言で物議を醸したが、、まさにその通り。
加えて、インテリサヨク独特の絶対に譲らない支那韓国と同様の歴史認識から来る正論じみた説教。しかも、ワシなどのようなぼんくらはどう逆立ちしたって入れそうもない国立大学出のエリート様が、「あなたはきちんと勉強していないから・・・」とのたまう。ワシに言わせりゃそっちこそであるが、これじゃあ議論にならないのに「よく話し合うことが大切」とか偉そうに言う。丸め込む自信から来るんだろうか。話にならない。

さて、正体はと言うと、エリート人権派弁護士とかすごい肩書きの人がこう言っているからそれは正しいとか言うつまらない宗教みたいなものと感じますな。一体おまえら何処の国の人だ?と、疑われるのは困るらしく、9条を守ると騒ぐ割には、拉致問題や北方領土問題や尖閣問題や竹島問題など一切の黙りを決め込む卑怯さが許せないね。
だいたい、この国の民度を下げている日教組や共産党や社民党がとても仲良しというあたりに本当の正体が見え隠れする。特に共産党は資金的援助の噂も絶えない。
要するに、反日と手を組めるというところが9条の会の本質じゃないかな。加えて反原発が仲良しだから革マル派や中核派とも手を組める。
・・・・・なんなんだ此奴ら??(笑)

ワシは我が国の現憲法が9条寄りの憲法学者が絶賛するような憲法では無いと思っている。憲法をかみ砕いてよく勉強すればするほど、これほど日本人をおとしめる憲法はないなと感じる。9条ばかりではない。そこここに、アメリカ人の日本人たたきが隠れている。2度と米国様に刃向かわないように巧妙に遠回しに手足をもいだに過ぎないね。
この憲法は、日本人の手できちんと修正するべきだと、ワシは日本人なので、強く思うのだが。。



月曜日, 11月 24, 2014

アベノミクス批判に踊らされる庶民ではなく大衆

先般、アベノミクスは本当に駄目なのか?ということをブログったら、いくつかのご意見を頂いた。やはり、町の声は全く実感がないとか、一部企業だけが恩恵を受けているだとか、ま、ありがちなサヨクっぽい人たちまで巻き込んだ与党批判かな。加えて何かのテレビで総理がぶち切れたと、おもしろおかしく報じられる。

まさに我が国のマスコミの愚劣さかな。その愚劣なマスコミに巻き込まれてしまった庶民が大衆と化してしまったことかな。その大衆が偉そうにぶってしまう。これはこう言う理由で失敗だと。えっ?しかも全く的外れ。

一体誰のためにこんな騒ぎににしているのかまるで見当が付かない。マスコミは総理を批判する材料だけを選んでいるし、町の声などはもってのほか。これほど視聴者を誘導するのに有利な道具はない。そしてその編集が卑怯だから、できあがりは愚にも付かないことは、懸命なる庶民はよくご存じ。
ジャーナリズムとしてまっとうに評価できない頭の悪さが、そのまま大衆に映ってしまった感じ。だいたい日本経済の不調で喜ぶのは支那と韓国だけだというのに、まるで何処の国のマスコミだか分からない報道を元に批判をする偉そうな評論家も、、、円が安いときは円安の所為、円が高いときは円高の所為(笑)。
あのね、所詮経済学の要は、末端コンシューマがいかにその気になるかだけだと、大昔から言われてるでしょうに。要はアベノミクスでみんなその気になれば、経済政策はうまくいくんですよ。だから民主党時代に比較して、抜群にうまくいっているデータがそろっているというのに。自国の足を引っ張るのが好きな人たちが多いこの国です。

アベノミクスのアナウンス効果でしょ、これは
だから、アベノミクスは失敗だと、大して実感もしていないのに強くそう思う根拠は、そう思うように仕向けられているからで、このネガティブキャンペーンが軌道に乗れば、どんな経済政策も失敗するのでは?今までみんなそうだった。

実感がなかろうが、じゃあとりあえず、ダウ平均をこれだけの軌道に乗せたら?と言うことを、出来るのかみんな??ダウ平均が上がっても庶民は庶民はという大衆は、企業の経営陣に、もし回ったとしたらどう判断するんだ?できるのか?景気回復に企業の利益がどれほど重要か分かるのか?今回の政策後、6割以上の企業が賃上げをしたのに、アベノミクスはそれでも駄目だったのか?

ワシらは民主主義自由経済の元で成り立っていると信じていたが、どうやらこの手の人々は社会主義でなければ気が済まないらしいね。働いた人が働いた分の対価をもらえる仕組みより、みんな横並びで均等に対価が欲しいのだろうか。町の声で実感がないと吠える人たちって、死ぬほど毎日働いているかどうか先に聞きたいなぁ。。結構ネガティブに言う人って実はナマケモノだったりしないか(笑)?ちなみに、だから、シャンパンタワーの末端おこぼれだけ欲しい人にとっては、アベノミクスは何の役にも立たないでしょう。

正直、みんなそこそこでしょうに(笑)。みんな泥水すすって這い上がってきたわけじゃないでしょうに。で、権利や要求だけの声を高くしてこの経済政策は失敗とか、キャンペーン張ってどうするの??

今日もうちのポストに驚くほどの求人広告なげこみ。非正規社員で結構、頑張って正規社員になれるように死ぬほど働くからそれでも良いと言った若者の顔を思い出す。
その通り。まともな会社が景気で増えてくれば、まともな会社しか生き残れなくなり、まともな会社こそ利益が上がる事実を、なぜどっかにおいてきちゃうのかね。非正規社員の雇用ばかりが目に付くと、例の機関誌「赤旗」や準機関誌「朝日」あたりが騒ぐが、そりゃ分かるよ、あんたら共産主義だもの。あなた方だけが許せない順番だものねぇ。。。

ウチのような弱小企業でも正規採用までは数ヶ月の非正規雇用。当たり前でしょ。




金曜日, 11月 21, 2014

国策とメディア

色々な本を暇を見つけて読んでいるとき、ふと思ったことがあります。

ハリウッドの映画は実は国家プロジェクトであるという事が以前話題に上ったことがありました。こう言うメディアに徹底的に投資している米国の大手メジャーは、映画がヒットするたびに、そこで使われていた洋服、靴、什器備品、PC、デザインセンス、ありとあらゆるものが膨大な金を生むことを見越しています。

例えば、ティファーニーは小さなブランドでしたが、ティファニーで朝食という映画で財を築きます。ヘップバーンのちょっとしたティファニーアクセサリーが飛ぶように売れました。ジェームスディーンがリーのジーンズをはいていたけれど、CMで便乗してリーバイスのジーンズが飛ぶように売れました。マックレガーのジャケットが飛ぶように売れました。昔もさることながら、清涼飲料水もPCもファニチャーも兎に角ヒット映画のあとはものすごい勢いで世界中でなんでも売れるんです。


これは、こう言う環境を作った米国映画が手放すわけがありません。最近の映画もしかりなんですね。だからというわけではないのですが、作品自体の出来不出来は、何のことはない映画の興行収入と、国策としてのメディアを介した物売りで、とんでもない利益が出るという仕組みなのでした。


ところが最近、米国のメジャー各社がハリウッド映画に危機感を持っているという話を聞きました。その理由は日本のアニメです。海外のものとは比べものにならないクオリティーとアイディアと完成度に大きな危機感を持っていると言うことらしいのです。そのアニメに使われるメイドインジャパンのアイテムやグッズがどれほど世界を席巻するか。。。
しかし、我が国ではこの認知がほとんどありません。アニメイコールオタクやもの好きの世界という「立派ならしい」大人達の認識です(笑)。世界に対してのアニメ輸出がどれほど我が国に恩恵をもたらすのか、ぴんときている政治家とか投資家がいないものだから、米国メジャーはアニメ版権獲得に躍起になるわけです。

こう言う販売戦略しかり、安全保障に関する秘密保護法しかり、もちろんスパイに関する法律しかり、独立国家としての安全保障認識が欠落している平和ぼけが、良いのか悪いのか普通に考えれば海外から(韓国、支那は除く)「マジでのんきだねぇ」と言われても仕方が無いのかもしれません。

秘密保護法で「あぁ」と思いだしたのは、、、韓国共産党かと見間違えるほどの日本共産党の売国ぶりの背景に、脱原発や特定秘密保護法猛反対のファウンデーションがあると思うと、ま、普通、こんな奴らにこの国を任せるわけにはいかないなと庶民は思うのです。現に売国社民党はすでに消滅したも同然(笑)。当然です。
赤旗祭りに主催者発表10万人集まった、正確には8万人ほど。2万人さば読むことで天下の共産党機関誌「赤旗」を固持したいらしいが、目的は八代亜紀コンサートが2500円で聞けるからでしょ?しかしよく考えてみると八代亜紀さんのギャラが500万だそうで、8万人×2500円で2億!!やるなぁ、共産党(笑)。安くないですか?ギャラ(笑)。

そして、反吐が出そうな韓国支那大好き委員長の話を1時間以上もみんなよく我慢した。

ちなみに、韓国は共産党禁止法がありまして、じゃあなんで日本共産党がこびを売っているかと言えば、ソウルに赤旗ブランチを作りたいらしい。反日で歴史認識が一致する日本共産党は別だと考えているらしいが、、、、ぷっ、どっちもバ○ですね。




木曜日, 11月 20, 2014

アベノミクスと解散と

衆議院の解散が決まりました。消費税解散みたいでちょっと格好が悪い気もするがま、仕方ないでしょうね。
ところで、アベノミクスが失敗だったとか、マスコミや野党はこぞって牽制している風に聞こえてきますし、猛反発している方々も。そうなの?

まずワシの周囲の変化から。
この数年は、かつては毎週郵便受けに入っていた求人広告投げ込みチラシが全くなかったのだけれど、最近はすごく入っている。と言うことは、求人が増えている証拠ですね。
地方新聞の求人欄がここ2〜3年全くなかった。最近の地方新聞の求人欄は賑やか。
景気回復の印とワシは見ています。
やはり経済指標として、善し悪しは別にして手っ取り早く確認できるのがダウ平均株価。この表を見て欲しいが、これでもアベノミクスは最低なのかしら。民主の枝野氏が痛烈に批判する意味が分からないですね(笑)。だって、あなた方の時経済はどうなっていたのかしら?この表は、上が日本下が米国で時間軸を合わせています。ネットにあったものを便利なので勝手に拝借。すみません、作った人がいたらごめんなさい。。

ちなみに、拡大してみて欲しいんですが、民主党政権の3年間に、米国ではリーマンショックを何とか回復させていますよね。この差が色々言われてはいますが、今の円安に繋がっていることは明白じゃないですか?
ワシは個人的にはしばらくこの円安は歓迎します。いつも偉そうなことばかり言う韓国経済が崩壊するかどうか、サムスンが崩壊するかどうか、この円安を彼らがどうやって乗り来るのか注目ですね。


しかし、返す返すも残念な、この民主党円高政権は我が国の景気をどん底まで落としていたにもかかわらず、舌の乾かないウチからアベノミクス批判とは、どうかしているんじゃないかと思いますが、皆様如何か??単純なワシでさえ「結構うまく行ってるんじゃない?」と評価します。



さて、、、、、
沖縄の知事選は驚きました。新知事を推しているのはこう言う人たちがいます。まじですか?
これだけで普通、どんなに少数でも選挙ではアウトでしょ。中共友の会ってあんた、、、、絶句です。
沖縄の苦悩が見えます。


月曜日, 11月 17, 2014

山形口腔インプラント学会からアワビから青森

土曜から山形。蕎麦と酒が実にうまい。ウマイから実に食いすぎてそして飲み過ぎる(笑)。やばい街だねぇ。しかもガサーンがいる。

いや、蕎麦を食いに来たんじゃない。勉強しに来たんだった。口腔インプラント学会参加の今回の一番の目的は山形大学の村上教授のお話しを聞きたくて。氏は歯科医師ではないけれど厚労省の元官僚。緻密な計算された厚生行政の片鱗をかいま見ましたね。やみくもに、現在の社会保障制度の不備を指摘してに反対ばかりするグループもありますが(笑)、いつも思うがそりゃ違う。誰も悪くしようなんて思っていないところがみそ。そりゃ色々言わなければならない事は沢山ある。しかしね、同じ土俵で話をしなければ意味がない事は何度も言っているはず。外野からモノを投げ込んで試合を中断させても何も変わりはしないから。
厚生行政の難しさは、時折形骸化した役所仕事と現場の乖離がクローズアップされるけれど本質はそこではない。我が国の社会保障制度がいかに優れていて、我が国の国民はたとえばG7諸国と比較していかにその恩恵にあずかっているのか、まずはそこを知らしめなければならないわけだよ。サヨクどものいいとこ取りの他国における社会保障紹介はいかさまだね。日本はすごいとなぜ胸を張って言えないんだ?

日曜夕方八戸に到着。留守電・・ポストにアワビの伝言を忘れてはいない。どれどれ、おぉ、沢山あるね。いつも本当にありがとう。早速焼いたり刺身にしたり。うめぇなぁ。。
偶然女房殿は東京に出張。一人飯と相成った。で、腹一杯になって、風呂入って、爆睡したのでした。

よく本日月曜は、朝から青森です。なんか体調が悪い。アワビのせいじゃない。土曜の櫻井先生達との暴飲暴飲か(笑)。午後からとっとと帰ってきて仕事しようと血圧を測ると190を超していたので、なんか頭痛いしね。でも休めないんだよね、中小企業のつらいところ。
こんなところで申し訳ないが、ホント、勤務医募集です(笑)。

さて、新幹線の中でこんなものを発見。さすが支那。というか、どんなに反日かましたって、支那韓国のいい加減さは世界がお見通しさっ。。

http://www.sankei.com/west/news/141117/wst1411170006-n1.html

うははは、すごい番組だ!



木曜日, 11月 13, 2014

歯科とは誰のために何のために・・が・・

昨日、日本医療企画という会社の全国版雑紙「クリニックバンブー」の取材を受けました。これは、一般医療関係のクリニック向け雑誌で、歯科関係の方はまず見ることはないかもしれません。歯科医師が始める有料老人ホーム、、にことのほか興味があるようで、というか、これからの歯科関係者がどれだけ人の人生に関わっていけるのか、周囲の介護業界関係の注目でもあるわけです。

歯科医師が直接深入りする老人ホーム開業の経緯だとか、目的だとか、歯科医師が語る介護の近い将来は面白いものに写ったに違いありません。ヒト科の口腔の正常なCMファンクションとエイジングとは?なんて、米国の偉そうな先生だって知らない人が多いわけで、それを介護の現場に持っていく意味や意義は必ず近い将来大きな波になることは間違いないでしょう。←AOK先生待っててねぇ。。(笑)

日本の歯科医療の昏迷は、誰が誰のために?というとてもシンプルな命題に簡潔に答えられる人がいないせいだろうし、そう言うからには腹をくくっているんだろうね、と言う人が希少だからかもしれませんね。いやいやみんな言うじゃないですか、、患者のため、、と。・・・そうなんですか?・・・アメリカ人ドクターの中には患者のためなんて言わない人が時々いて、誠に潔い(笑)。
確かにパブリックインシュアランスを共産主義と否定する彼らには社会保障の社の字も理解できまい。見事にビジネスと言い切る姿はある意味好感が持てるし、それについて行く患者もすごいわけで。だけど、ワシは違うと思う。共産主義者ではないけど(笑)。

一方、基本的に社会保障の中で怪しくうごめくワシらは、最新の再建治療やハウツーを詭弁ともいえるマジックでパブリックなものに仕立て上げる特殊能力のある方々が素晴らしいとされる時がある。その精神スキルではない特殊能力を持っている人は良いとして、それこそが歯科医師としての上位性だと勘違いする同業者とはあまり仲良くは成りたくない。某Q的有名な先生方とか(笑)。だから、そう考えるワシのような変わり者は、その先生方の肩書きなど、もちろんどうでも良い。
そして、本来これは胸を張って医療として還元する義務があるのだけれど、我が国の場合それは医療ではなく医業の側面を表に出す方が、やはりどうやら偉いらしい(笑)。

そんな中でワシの冒険は明らかにエイジング&デンティストリーに向かったのだという話をしたつもり。マッサンの中で(笑)「どうせ短い人生だから冒険しなければ!人生は冒険!」とエリーのお父さんもサントリーの創業者も言っているではないですか。「冒険は無謀ではいけないけれど、駄目かもしれないと思ったらそれは死ぬときなんだ」と、カリプソ号で世界の海を探検したクストー船長が言っていたではないですか。

なっちゃんには、センセは違う世界に行ってしまった、、、と言われるけど(笑)そりゃ違う。エイジングとデンティストリーは、今まさに自分の話でありあなたもあなたもあなたもよ!とジュネーブ大学の女先生がダブリンEAOで力説したではないですか。
ワシはそこに直接飛び込んでいったに過ぎない、普通だけど引き出しがすごく多い(笑)歯科医師なのですから。

で、良いのか悪いのか、、、確かにこう言う所が買いかぶられるのかもしれませんが。。
(爆)




土曜日, 11月 08, 2014

盗人に軒を貸す

珊瑚の密漁船が支那から大挙して押し寄せて来た。珊瑚を盗みに来ているのだけれど、実は漁民を装った工作員である事は間違いない。これは尖角にうろつく漁民もそうだが、支那における漁師はすべて共産党政府の許可無くして漁をすることは出来ない仕組みであり、勝手に漁民が珊瑚の密漁に出かけるとかあり得ない話。すべて何らかの指示の元で行われていることは明白なのです。
200隻以上の船団を漁師達が勝手にするかって言うの。元締めが何らかのプランを出さない限り出来るわけがない。支那とはそういう最低の国家であると改めて認識した方がよろしいのでは。

そんな盗人に軒を貸す我が政府もどうかしていないか?支那の気が触れた政府要人に何かちょこっと言われるとすぐに優しい反応する。もちろんその大きな原因は、我が国に潜む支那大好き韓国大好き(この人達は両国の中が険悪でも日本国内においては仲が良いおばか)グループが、人権だとか差別だとかの御旗をふりふり我が国を明らかにおとしめる工作をする。まあ、左翼と言われる人々の中枢にいることは間違いない。

で、いつも思うのだけれど、左翼の手口って言うのがあって、巧妙なんだか稚拙なんだかよく分からない一種独特の手口(笑)。だいたいこれに乗っかるのがリベラルと言われるカテゴリーに入る良民(自称)や片仮名のサヨク(笑)。しかもこれがまた、支那の工作員が本国で指示を受けたのと同じような手口から見て、我が国の中に相当入り込んでいるんだなぁと、ある意味恐ろしい。
だって、「日本は素晴らしいすてきな国だ」と言えば右翼だと言われる土壌を完全に構築した強者達だからね。

ワシは原発は基本的には反対する。まあ、段階的に徐々に無くなり皆が昭和40年代ころの時代まですべてのエネルギー水準を何とか変えることが出来る環境が整えば、、だけれどね。原発は人のエゴをサイエンスで解決できない部分まで広げた結果なのだから、一部の気の触れた反原発論をヒステリックに叫ぶサヨクな連中とは一緒にして欲しくはない。スーパーサイエンスで解決できる日が来ればそれはそれで問題ない。
政治が悪い、役人が悪い、電力が悪いと悪いものオンパレードの結果原発があると信じて疑わない人たちと、まともに話する気にもならないしね。支那の核の方が原発の何百倍危険か、北の核の方がどれだけ常軌を逸しているか、サヨクな連中は彼らが好きだからねぇ。。。
順番が逆だろ。安全保障の上に成り立つエネルギー政策じゃないのか?そしてさらにその上のエネルギー安全保障の鍵は実は天然ガスと原油の輸送路であり、だぁから、ロシアがシベリアから直接パイプラインとか言い出して、おばかな連中が小躍りして喜んで(笑)。支那も日本の脱原発は実は大喜びしている。そう、原発問題は我が国の根幹を揺るがしかねない安全保障問題と直結している。

いつも結論は同じ。支那や韓国と仲良くしてどれほどの国益を得られるのか、きちんと計算するべきだし、米国の風で隣国とのつきあいを考えるのではなくて、自分の頭で隣国とのつきあいを考えなければね。ワシははっきり、支那韓国とつきあう必要は無いと断言するがそんなタカ派は右翼ものとレッテルを貼られるだろう。

安穏安穏みんな仲良く出来れば良いが、両国とも正常な歴史や道徳教育を受けていない以上、むこうは、そうは思っていないことも事実として受け止めなければね。

だから、盗人に軒を貸すのは人が良すぎるという話(笑)。で、世界からバカじゃねぇの?と言われる始末。個人と自分の周りの平和と自分の安全が日本国より数倍大事な平和ぼけなサヨクさん、妙案を(笑)。



月曜日, 11月 03, 2014

後生掛温泉

日曜日の午後から、後生掛温泉へ出かけました。なんか無性に温泉に入りたくなることってありませんか?ワシは時々あります。で、ここのイオウ泉がやたらと自分に合っているので突然でかけます。と言っても、もちろん予約は取りますが、ま、前日偶然いきなり空いていたと言うだけの話か(笑)。

到着するとものすごい雨に迎えられましたが、ま、風呂に入れば関係なし。FBにも書きましたけれど、ただただじっと、結構な降りの雨をひたすら眺めながら湯につかっていると、頭の中のごちゃごちゃしたものがみんなすーっと無くなります。

雨の音、雫の垂れる様、時折吹く風に混じる冷たい雨の感覚、イオウの匂い、冷たいわき水の旨さ、、何か人が本来持ち合わせている五感が当たり前に無意識に直接感じ、だからこそ、今ワシは成層圏まで意識が飛んでいるぞ、とか、第六感でさえも表に出てきたりします(笑)。

昔々、ウチで飼っていた雑種のポチ(シロだったかもしれない)は、ひどい雨の日は一緒に散歩に行けないので、というかワシが行かないので、犬小屋から何時間も雨を眺めていました。眠るでもなく起きているでもない彼の何かを確かに考えている表情がとても好きでした。崇高な哲学者を思わせるその所作にこっちが見とれていたりしますが、こちらのことに気がつくと、じつはバカですから雨の中に飛び出してきてずぶ濡れになりながら「散歩行こうよ!!」

露天風呂につかりながら、そんなことを思い出し、はっと我に返って、バカになってしまうワンコと自分は何処も違わないことが分かったりするわけですね。日曜の夕方から、
文化の日の午前中までに、7回も入りに行くワシは、やはり仕事抜きでバカなのです。

月曜文化の日、朝から雪でした。車には軽く雪が積もっていました。幸い前日冬タイヤに変えていたので良かったわけですな。薄化粧をまとった山々が、漏れてくる日差しにきらきらと輝いていたのです。

腹ごしらえをしに向かった先は「そば屋」という名前の蕎麦屋さん。鹿角のインターに乗らずに市内を通り越して小坂に向かう途中の高速高架と国道の交わるところにこの店はあります。メニューが「ざる」「かけ」冷・温と、「掻き揚げ」と「おにぎり」だけ。13時過ぎでしたが「おにぎり」はもうありませんでした。死ぬほど旨い訳じゃないですが(笑)普通にちょっと驚くくらい旨い蕎麦で昼飯は終わり。

そのまま八戸に向かって十和田インターから高速へ。
八戸道に入った途端、パトカーにじわじわ追い抜かれ、パトカーの後ろを八戸出口まで、ずーっと、ずーっと、ずーっと、一緒でした。

神様、すてきなお休みどうもありがとう!!!!

土曜日, 11月 01, 2014

HERZ会から西病院講演会

今週水曜日はHERZ会定例会でした。今回は皆さん所要満載で参加者はいつもの半分。しかし中身は濃かったかな(笑)。トクヤマデンタルの新商品紹介に関しては学術部の方はもう少し緻密なデータを提示して欲しかったかも。最近各社しのぎを削っているレジン系のお話で、今までかなり緻密な学術内容を話されたのは松風。それが良いというのではないですよ(笑)。きちんと社内コンセプトに基づく商品開発環境のお話は頭に残っています。レジン系のコア材が特に活発になっている昨今、各社に言いたいのは歯質とボンディングとコアの素材をきちんとデータ表示を踏まえお話しして欲しいものです。
加えてそのコストが将来何時の日かちゃんと帰ってくるフューチャービジョンがワシらは欲しいのでR。どこかの有名な偉い先生を引き合いに出して、この先生が良いと言っているから皆さんどうですかなんて、ワシらを馬鹿にしちゃいけないよ(笑)。

引き続き今度は、若い先生方には刺激的なお話。

The masticatory organ, its function and dysfunctions and their diagnosis and therapy is a fascinating field and a challenge for the modern dentist.
CFnetworkの症例集を
配り、それを例に最近の歯科の私感に加えワシの素晴らしい(爆)お話で終了したのでした。

木曜日、カイマンデンタルの営業と会食。来年4月のロスのグローバルシンポジウムの相談(笑)。意外と長い相談になりました。

金曜日、夕方から西病院という総合病院の看護部の要請でミニ講演会の講師として出席。小一時間の予定でエイジングと歯科の話が、やはり歯科医療の根幹に関わるCMFの話に終始してしまいました。公演後、全
く想像していなかった歯科の世界にびっくり仰天という感じでしょうか。咀嚼と大脳皮質の活性化の関係が今更ながらにアクティベートされて来ているのですから、人間の尊厳の鉤を歯科が握っているという事実を、事実として理解してもらえればうれしい限りです。

土曜日、先週大阪予定のために出席できなかった叔母のお葬式に続き、今週土曜も別の叔母のお葬式。それぞれそれなりのお年でしたから湿っぽい感じは全くない、浄土に送り出す儀式としてのお葬式は個人的にはありでした。
いつもしみじみ思うのですが、あなた方みなさんがいたから私が今ここにいるという、ひどく大切な本当の感謝だけの思いを覚醒させる大切な儀式かもしれないと考えたりします。というか、感謝します。
そして、ご冥福をお祈りいたします。



月曜日, 10月 27, 2014

CF Network at Osakaに参加した

本当に久しぶりの大阪でした。5年前までは三沢ー伊丹が普通に飛んでいたので、頻繁に訪れていた大阪でしたが、この路線が休止になってから5年、全く行かなかった大阪です。今年の春に路線が復活したのを知り、何かの機会と思っていた矢先、東京のSD*青木先生のお誘いで今回の第4回CF Network(Craniomandiblar function network)大阪大会に初めて参加させていただきました。

そして、本当に久しぶりに同じ共通言語を話す先生方のお話を聞いて恐悦至極に加え、いやぁ頭使いましたね。ほ、本当にうれしかった訳で。。
共通言語とはCMSに関わる様々な事象を思考するプログラミング言語です(笑)。さびしいかな、近所にこの話が出来るひとがだぁれもいないのです。

さて、内容に関して色々考えさせられる部分も沢山ありましたが、基本的に20年前から自分でやっている事がほとんど。これはワシにとって当たり前の事なんです。ただ日常臨床で慣れから来る経験則が先に立っちゃって補綴に先立つセファロ分析とか粗末にしてたなと反省。これからきちんとやります(笑)。で、ああ、自己流だったけど間違っちゃいないと確認(笑)。

こう言う歯科治療を日本中の先生方何人が理解できるんだろうかとふと思った時、東北大学の菅野太郎先生の話をちょいと思い出す。スカンジナビアで補綴の医局員が20年前の1/10に減った本当の理由は、デジタルデンティストリーでも何でも無い。再建治療の手技が理論的に不本意であっても、その後のその人の人生をその所為で大きく変えてしまったのだろうか?という世界中の後ろ向きな臨床研究の結果、本当に多くの検証が行われ論文が書かれ、、答えは「意外と結構何も問題なし」というものすごい意外な結果で(笑)、若い先生方が「なぁ〜んだ、適当でいいじゃん」となってしまった。
このエビデンスからなら、ワシらの臨床や佐藤先生の咬合医学の提言など、自己満足の世界でしかなくなってしまうわけ。で、否定するにも逆にエビデンスが不足しすぎているorz 。。。

その証拠に、顎咬合学会でのCMF*の取り上げ方は、本当に特別な特殊なマニアックな再建治療、、というカテゴリーのような気がして、世の中からそういう目で見られる事は如何な物かと思ったりする。ワシの勉強会でもこの言語で話が出来ない現実をワシ自身が解決しようとするとかなりのエネルギーが必要だからなぁ。20年くらい前に本気でCMSに取り組もうとDr.スラビチェックのものすごい本数の講演ビデオを見ることを毎回のテーマにしたら、数名が「つまらない」と言ってワシの勉強会を去っていった(笑)。そりゃそうかも。直接利益になるかならないか当時の若い歯科医師も必死だったからね。あ、別にいいんだけれど(笑)。

これはワシも含め、20年以上前からこの事に取り組んでいる先生方のふがいのなさなのかなと思ったりした事もあった。全く市民権を得ていないとも言われるし。高価な機器を購入できるマニアックな先生方の治療法というイメージはぬぐえない。その理屈でどれだけの人が幸福になったかという臨床研究リポートすらほとんどない。あるいはこの理論で某ドクターが大金持ちになっているという話も聞かない(笑)。

しかし、いやいや、そうではなかった。昨今の注視されるデンティストリーってアメリカンナイズされたくだんのQ社の批判対象である「商売になる」歯科治療なわけで自分の行っているこの事こそが付加価値を持って他の患者を引き寄せる手段としてのデンタルビジネスと言う世界。この5〜6年どっぷりと海外の学会に漬かっているワシ、の周囲の「インプラントの世界」は特にそうかもしれませんね。インプラント臨床における自分の26年の経験則がどこかに隠れてしまうくらい。

ところがCMS*に関する言語を話す先生方は何か違う感じ。結果、もしかしたらそういうデンタルビジネスに繋がるとしても、再建治療の経過が見えにくいこう言う考え方は決して華やかな付加価値として表に出る事はないもの。だから逆に素晴らしいと感じたわけですな。
これはビジネスになるかならないかではなく、患者のためになるかならないかが前面に出てきている事。ダレのために何の目的で?がとてもクリア。と言う事は、、、何のためにって言う目的とか、、いうエビデンスがないとか、あ、菅野先生の話は忘れてください(笑)。

ジャーナリストの秋本氏の話を何度も引き合いに出して恐縮するが、再建治療のゴールは患者本位になってくるものだけれど、その確定診断の隠れた部分をCMF*的思考では患者に丸投げする事は決してない訳。当然、疾病治療のゴールは何処まで行っても医者が決める。しかし再建治療は違う。ところがCMF*の様にここまで再検治療の診断に入り込みゴールを左右する事って通常の歯科治療では無いだろう。

話を戻そう。当院では治療のゴールは Masticatory Organの全てのfunctionが正常に戻っているか否かであり、そのための術前術後そのもっと後、何回も、レーダーチャートを使用している。加えてこれからの課題として、そのオクルージョンを含めたところの全てのファンクションはエイジングといかに関わっていくのか、これこそがワシの今のライフワークとなりつつある。今回のCFネットワークの内容は、むしろ20年前のワシならどっぷりとはまりこむけれど、もう経験があるので新しいことではなく検証する域。

さっきの話じゃないが、エビデンスでは90%の患者がそこその歯科的理屈で不幸になっていない現実(例えば下顎片側1点しかバイトしていないにもかかわらず20年以上何の問題も無い事例とか)を見ると、残10%の患者のためにこれだけの知識と技術を駆使すると言うのは、なんとも日本らしいというか何というか、素晴らしいと感じたわけです。
うはははは、アメリカ人にはまねできないだろ。。
さ、ちゃんと読めないけどもう一度目を通そうかな「The Masticatory Organ」。
良い大阪でした。

*SD(super dentist) CMS(craniomandibular system)  CMF(craniomandibular function)



月曜日, 10月 20, 2014

秋晴れ・・

しばらくぶりの日曜日。ここのところずっと週末は予定が入り、一ヶ月ぶりのの日曜日。ワシは週一日それも日曜日しか休みがないので本当に久しぶりの休日となりました。
来週は大阪ですし。まあ兎に角、それはそれはよく晴れた秋の一日でした。


朝起き出し、あまりの天気の良さに港までバイクをとばします。べた凪で、水面が鏡のようなそんな朝でした。

その後、南郷まで蕎麦を食いに出かけます。偶然南郷蕎麦祭り開催中で新そばにありつけました。蕎麦を食ったあと、世増(よまさり)ダム奥の栗拾いに。今年は早くに実をつけたようでもう遅いくらいの時期でした。昨年は11月頭だったのですが今年はもう旬を過ぎていたので収穫量はいまいまいちかな。。


その後、七戸の樹齢800年銀杏詣で(笑)。帰りに八甲田山八幡岳麓の作田川上流の滝を見物。全く観光化されていない秘境の名瀑です。危険ですので素人さんはあまり近づかない方がよろしいか。。(笑)
岐路、七戸道の駅で珍しいビールをゲットし、近くの牧場でジェラートを食う。夕方だったけれど、空は何処までも高く、夏の雲が申し訳なさそうに切れ切れになっているすてきな夕方でした。











恐山ビール、、、こわくないこわくない。











こんな穏やかに毎日が過ぎればこれほど良いことはないですな。

久しぶりに世の中をちょっと振り返ると、韓国は相変わらず世界中に民度の低さを露呈しトンデモ反日映画の観客動員数が史上最高だとか。ばからしくて小学生でも笑ってしまう内容の歴史を事実だと鼻息が荒く日本でも公開するのだそうだ。うはははは、恥の上塗りになると気がつかないのね。

支那は支那でマクドナルドが大盛況。??鶏肉を使い回したり落とした奴を普通にナゲットに使ったり、世界中で収益が悪化しているが・・・・?そう、支那でのマクドの評価は「なんだ!ちゃんと鶏肉使ってるじゃないか」ということで皆で行列なんだと。一体普段何喰ってるんだよう。うははははさすがだね。目の付け所が支那だ。

我が国の大学生が棒きれ一本で無人島に探検したかったと漂流。オールもなければ乗っているのもエアーマットレスと来た。他の国のこと笑えないくらい知能低下が進んでいないか?無事海保に救助されたよう。で、とりあえず未成年だからと親が謝りに行った。この国は18歳から選挙権を与えようとしているのに、一体どこから大人なんだか。やってることは小学生かな。
だから皆にわしは言っている。保守に目覚めよと。サヨクな個人主義はこんなどうでも良い若者を量産するでしょ。人生に緊張があるから乾杯したとき胸をなで下ろすんじゃないのか?美しい素晴らしい日本の再生を願います。

なんていろいろ考えると血圧が上がるね。ついこの間も朝っぱらから一日中200/110なんて、これは尋常じゃないね。降圧剤だって飲んでいるのにこれだ(笑)。どうなることやら。

で、この一日は命の清涼剤でした。。。。



土曜日, 10月 18, 2014

全体ミーティング、、おっヨセミテ来た!


15日、恒例の全体ミーティングと食事会。午後から休診にしましてワークショップを開く。3班に分かれ、救急薬品やバイタルのセッティングの練習、そして新しいピエゾサージェリーの素早いセッティングやチップの選択等の練習をしました。衛生士学校の学生も4人ほど実習に来ていたので結構な盛り上がり(笑)。それが終わったらホームの介護士も含め「食べる事の意味」を先月の接触嚥下リハ学会の資料を元に皆で勉強。最後に事務からはここ最近のグループを含めた経営状況の説明や現場へのお願いなど、そりゃもう盛りだくさんでした。そのあとは全員で恒例のお食事会。さめ八さんありがとうございます。

翌日は通常診療でしたが、午後のちょっとの時間衛生士学校へ出向き、求人プレゼンなどを。30分近く押していたので、ちょっと困ったが仕方あるまいね。でもさ、ワシの直前の神○川からの某歯科医院。押してるんだから、スタッフ皆で踊りましたの恋するフォーチューン何たらの医院DVDなど流すのどうでもよくね??待ってるんだよこっちは。

ここ数年、大学の求人プレゼンでもそうだけれど、プレゼンする側のレベル低下と知能低下は如何なモノか。楽しさをアピールする前に衛生士が自分の人生を考えなければならない事等山ほどあろうに。その真摯な態度の欠落が今の歯科界医療スキルの低下に繋がっている事を分からんのだろうなぁ。どんなに分院展開しようがデンタルビジネスなら患者は幸福にはなれないし、何よりその治療内容に今まで何度も直面してがく然としたものだ。(あ、他は知りません(笑))。

近年の哲学の欠落したくだらないプレゼン横行の悪口(爆)でワシの医院の求人プレゼンはきちんと与えられた時間通り終わったのでした。大脳皮質を刺激して考えるという作業が本当の楽しさなのだと分からないんだな。思考苦悶するからその後の享楽は本物なんだと。授業であれほど教えたんだけれど、、あ〜、そんなワシが怖いらしい(笑)。今年もDH確保ダメかな(笑)。

金曜土曜はいつもの青森。画面を見ながら時折自医院の事を考えホームの事を考え頭の中は大変な状況ですw。しかし、先般も書いたけれどどうせリスクがあるのだからトライしてリスク覚悟しなければ後で後悔するはず(笑)。

木曜の深夜、マックの新しいOSであるところのヨセミテがリリース。ま、繋がらない。かつてマーベリックで痛い目を見ていたので今回は慎重にあれこれ調べ想像以上に評価が高い。金曜の朝晴れてアップグレード。更なる素晴らしい機能に期待が出来ます。WINのアップグレードは結構金がかかりしかも酷評ばかり(笑)。無料で最新OSだもの、しかも今回はかなり安定しているので、マーベリックをお使いの方々には是非お勧めのOSなのでした。

ところでこのブログのカウンターがそろそろぞろ目です。オール1になった方は画面キャプチャーしてメールください。豪華景品を用意します。あ、同業者は歯ブラシ&関連グッズもらってうれしいかな(笑)?







水曜日, 10月 15, 2014

昔のブログと今

2011〜2012年の消えたブログを院長室のサーバーに発見しました。どこからか知らないサーバーアタックで(結構良いこと書いていたんだけれど(笑)支那のIPアドレスからのアタックだった・・)アパッチというWEBサーバーアプリの根幹を破壊されてしまったのだけれど。。。。

ユニコードなのですぐには見ることが出来ない状況で結構苦労したが、今のブログに加えるには量が多すぎて断念。ちなみにもっと過去のものはこちらにありますが。。。。

で、読んでいて思ったんだけれど、世の中この10年、何も変わってないのね。自分も変わっていないと言うことかな。打目だね(笑)。

明日は(もう今日だけれど)午前中は衛生士学校の授業。帰ってすぐに飯を食う暇も無くホームの看護師とミーティング。
これがまた内容が難しい。みんな悪くしようなんて思っているわけ無いのに旨くかみ合わない。ウチのホームは世界一になるんだと気負いすぎているのかみんな何か空回り。
そのわけは、、、、、みんなの気持ちを一つにまとめられないワシのキャパのせいなのか。なんてったって今やスタッフはくまさか歯科グループで50人を超えるわけで見事に隅々までワシの思うことが伝わらない。これでは駄目だとトップダウンを繰り返すと反感が芽生える。組織のあり方はチーム編成にその多くをゆだねるのだけれど、みんな各自それ相応のプライドがある。これはとても大切なことだがそこに人としての思いを潜り込ませることにみんな慣れていないなかなと。

今一度コンセプトを振り返ろうじゃないですか。生まれてから人生を全うする歴史に、ワシらの「歯科」はいかに関わっていけるのか。
目的は幸福論です。幸せに今あるその奇蹟は、自分たちの後ろの500万人/一人の先祖のおかげ。その人達がいたから今の自分がある。歴史の継続が奇跡を生む事そのものである現実を受け止め、その幸福へのベクトルのファクターにワシらが参加しようという話。その結果幸福はさらなる奇跡を生むと未来へ託す、、、そんな仕事をワシらはしたいのですよ。

昔のブログにワシはこんな事を書いていました。

本当のプロは人を引きつける
人を変えるそして世界を変えるのはチームなんだ
普通に行くにもリスクはある、それならトライしてリスクを覚悟した方が後悔しない。

すごいじゃん(笑)。覚えてる?宮里先生。。。これってきれい事??
う〜ん。尊敬する兄ちゃんの達観が欲しい今日この頃です。


月曜日, 10月 13, 2014

国際歯科大会w

スピーカーと内容を見てどうしようかひどく迷った学会、というかお祭り。某先生が「日本の歯科シーンをダメにした張本人はQ社」と力説・・・・うんうん今回のお祭りを見ればよく分かる(笑)。4年に一度だけれど、一定のバイアスがかかった歴々の面々を見て、学問が何処にも全く見えなくて、デンタルビジネスとしてのセミナー世界大会なら納得かな。
だったら参加費とかメーカー持ちにしろよってブログ書いたのが確か4年前(笑)。その時同時に行われていた内科学会の参加費が4000円位だったので確かとても驚いたと記憶している。だってこっちは40000円近いんだから。つまり、この4年間何も変わらなかったし、そこにありがたさを感じている歯科医師がまだまだ沢山いる証拠なんだろうね。こんなぶつくさ言っているワシだって、結局実際参加して後悔してしまった。
あぁ、選択眼が甘いんだなぁ。。

当たり前の事をしていない歯科医師が多いのか、当たり前の事をこれは凄いと付加価値をつけている歯科医師が多いのかは、どうもよく分からない。講演内容と社会が一致しないこの息苦しさを感じている諸先生方は少なくないのでは?だって巷にはとんでもない口腔内があふれていているかと思えば(田舎の話じゃないからね)大枚はたいてこれかよという口腔内までそりゃもう。そしてそこに「どんなもんだいすごいでしょ!」と言う特別な先生が現れて、そりゃすごいと若い先生方がそこに集うのだけれど、全くもって哲学がない。
本当ならこう言う学会で社会学的に科学的に軌道修正できればいいのに、歯科医学を学問ではなくビジネスに追いやった責任は大きくないか?Q社。

アメリカでも欧州でも歯科の再建治療は全か無かに良く出くわすね。でも日本なら「全」か「そこそこ」かですかね。そのメリットを最大限に引き出す社会学だろうし裏付けになる歯科医学だろうにと思って色々動くが、いまいちピンと来ない歯科医師が多いのでワシも疲れてくるw。分かっているのはウチの勉強会の先生ぐらいだね(笑)。

本日、ゆっくりと朝食をとり、六本木の国立新美術館へ。だって、フランスのオルセー美術館とスイスのズーリック美術館両方来ているんだもの。これはお得な感じ。素晴らしい短縮された内容に非常に満足しました。
歯科医師なら本当の審美眼をここで養わずに何を偉そうに(爆)。と偉そうに言う(笑)。

雨が凄くなる前に何とか八戸にたどり着きたいなぁ。。

金曜日, 10月 10, 2014

週末は台風と学会と、、ヘイト?なのか?(笑)

週末はまた、先週と同じく学会で東京に行きます。忙しいようで忙しいです。

先週行き帰りの新幹線で読んでいた何かの雑誌で、落合信彦氏が欧州3カ国で見た現実として「移民が国を滅ぼす」という記事がありました。イタリア、フランス、オーストリアで見てきたのは欧州が直面している危機的状況だそうだ。今の欧州はつい10年前に比較して完璧に劣化していると感じているらしい。かつて英国病と言われた高福祉国家における勤労意欲が低下する病は、今や欧州全土に広がってきているのだという。
それに加えて、国境がほぼ無くなり何でもかんでも自由に出入りできると言うことは、はっきり言って東欧のジプシーがドラッグを持って自由に行き来できると言うことな訳で、本当に治安は悪化していると。しかも、移民を積極的に受け入れるとEUから金がもらえるから色々な職種で移民優先の求人となり、これらの国々では自国民が職にあぶれるという本末転倒が起きている。
職だけではなく、移民流入により確実に文化が破壊されている。しかし、左翼系政治の中でこれを言うと、まさしく今の日本と同じ「ヘイトスピーチ」として叩かれるのだそうだが、これは果たして人種差別なのかとワシだって思う。他国への尊厳の維持とは、自国のアイディンティティを守ることなのだから、移民受け入れ政策は全く反対のことがおこるに決まっていると思うが。。。

ほら、隣の民度の低い国の話になっちゃう。各国から、しかも中国からも史上最低のアジア大会と言われていることを無視して、大韓民族の優秀性を世界に知らしめたとかマスコミが書きまくるあたりもうほっとけよ、、ていう感じの国。で、そんな彼らをこうやって書き込むとヘイトだという我が国の国籍不明人のなんと多いことか。

産経新聞のソウル支局長が在宅起訴だと。びっくりしたねぇ、韓国は民主主義国家ではありませんよと世界に大発信。うはははは!まさに発展途上国の独裁政権そのもの。頭の悪さは世界一だね。

話を戻そう。宅の次男がスイスに留学したのがもう10年前になる訳で、12歳だったので頻繁に日本から出かけていたが、当時のスイスはEUはもちろん シェンゲン協定にすら加入していなかったから、欧州の中では例えばドイツから レンタカーで入国する際などパスポートコントロールがあった。町はきれいで、犯罪もきわめて少なく、穏やかにスイスだった訳ですよ。
ところが彼が高校1年になった頃、EU諸国への配慮や国民投票の結果、シェンゲン協定(EU準拠のパスポートコントロールなし協定)に加入することとなった。
その途端ですよ。美しいレマン湖半のローザンヌの町は、ブロックごとに乞食が居座り、ゴミは散らかりホームレスも増え、あげくに普通の人や観光客の立ち入りが危険な居住区まで出現したわけ。ここは米国じゃないんだよ(笑)。
チューリッヒではワシら家族は強盗に遭い、幸いラップトップと焼き栗とコートだけだったけど、こんな国になってしまった最大の原因は何を隠そう「移民」。
イタリアでは150万人といわれるが、あんまり働かない(笑)イタリアでさえこれだもの。途上国に比べたら先進国の中で最下位の国だって100倍の金がもらえる。下手すると失業保険や生活保護も。
なるほど生保の在日が異常に沢山いる理由が分かりますよね。日本は良い国だからね。今のうちにヘイトだ何だって言われようが手を打たないと、隣の途上国からとんでもない数が流れてくるのはまちがいないでしょ。

リベラルなサヨクな口癖、、
「ボーダーなんか関係ない!!一緒に仲良くやりましょう!」
と言うのが、いかに子供だましの言いぐさか、すでに欧州で起きていることを考えれば自明の理なのですよ。いや、経験則からも。

月曜日, 10月 06, 2014

ICOI参加で東京

土日を利用して東京でのICOI(インプラントの学会)のワールドコングレスへ参加してきました。アジアパシフィックのICOIは、海外のブランチや本部に比較して何かへんてこな環境になっています。ま、何でも良いし資格とかどうでも良いので、特に海外での面白そうなカンファランスには積極的に参加しましょうか。
ていうか、結構ネタ切れてるし、いきなり意味不明のインプラントとか、、、、駄目だなこれはと言う所も散見。お抱えのDr.D.Tとかもういいよ。どんなもんだいえへん症例はもう良いって。

そんななか。いつもの話とはいえ秀逸なるレクチャーをして頂いたDr.Y.Kのお話はいつ聞いてもいい話ですね。で、今回はすべて英語のレクチャーだったのですが、、、最初にお断りしますが私はこのグループのメンバーではないよ、、、と言う話(笑)から。
ま、あんたらと一緒にしないでくれって言う感じかな(笑)。確かに始まる前にとある方がK先生と談笑をしていたら「このグループは構成員に問題がある」旨のお話をなさっていたとか。それを聞いて爆笑してしまいました。確かに!!
相変わらずの自虐ネタをご披露して、それが実は正義なんだよと理解できない人はどうにもいけませんねという展開が、ワシは個人的にはとても好きです。
ただね、夜みんなでこの話をしていたのですが、先を見据えるインプラントはまさしくその通りで、それを知らず知らずのうちに守ってきたから20年オーバーのそれなり良好な症例をそれなり抱えることが出来たわけです。派手で速い目先ばかりを見ていては結局誰も幸せになれませんよと言うのはまさしくその通り。じゃあ、ゆっくりと正しいと思うことを実践していくウチに歯科医師としてたち行かなくなったときはどうすりゃいいんだ?と焦ってスキル集めする若い彼らが、それだけを見つめてしまうことを否定だけして良いのだろうか?
こっちはすでにインプラント臨床経験26年だからある意味楽だけれど、そうじゃない若手はかつてより非常に厳しい中でどうやってスキルアップをしていくのか。がんがん集めてセミナーやりまくりのインプラント業界や講師は、そのシステム変更するべきじゃないかしら。なんて、やはり偉そうにちょっと思うのでした。

枯れた汐留の、いや、カレッタ汐留のスペイン料理で腹を満たし、そのあとはいつものガード下牛乳ハイでその日一日を終えたのでした。

木曜日, 10月 02, 2014

Linkin ParkからのBabymetal ストレスからの開放

ガガ様が一目置くパフォーマンスと認める、世界征服を企んでいるBabymetalのライブビデオDVDやらアルバムやらに手を出してしまった。「メタルは正義」というライブのスローガンにやられてしまったわけです。50半ばの親父がやばいブツに手を出したと疑われるのを覚悟だ。

きっかけは、LinkinParkでした。オルテタナティブ・メタルの走りであるリンキンライブ映像をうろついていたら、かわいらしい女子が「こっちはりんきんぱーくじゃなぁいぞ〜、それでもいいのかぁ〜」とステージでシャウトしているのに遭遇。お、これが最近ちまたで噂のBabymetalかぐらいでしたが、、、、正直何かよく分からない、選挙が好きなアイドルグループの仲間ぐらいにしか思っていなかったw。ところが、サウンドが正義のメタル。バックのサポートバンド半端ないねぇ。もろおじさんのハートに響くメタル。そういえばハードロックなアイドルの走りで言うところの、ももちが在籍していた「Buono!」以来の衝撃でした。
・・・・ライブ行きたいけど、恥ずかしくて無理だなぁ(笑)。。

さて、そんなのんきな話は良いとして、明後日からICOIのワールドコングレスで東京です。昨年「ワールドコングレスがあるから色々手伝ってください」と面識無い先生に言われ、まあ、良いですよ、と返事。その後何も音沙汰なし。ラッキー。

土曜とかは、勤務医に留守番してもらういつものことなのですが、何せスタッフ不足が非常に痛いこの頃ですw。この1〜2年あまりで、結婚、出産、家庭の事情、セカンドライフドリームでスタッフ数は半減。補充したいけれど人手不足に加えて軽い景気回復でみんな東京志向。今まさに正念場の苦しい状況です。

特に心が折れたのは、これからの当院の本当の要になるだろうと、海外研修だ、セミナーだ、と様々な側面からサポートし気持ちを共有しているにちがいない・・と、思いをかけた数名が見事に離れていったことですなぁ。結婚出産終家庭問題が解決したら帰ってくれる?のと聞けば即答はなし(笑)。
仕事に対する事情ではないところがまた悔しいけれど、これだけ今現在、人手が困窮している事を理解しているにもかかわらず、実は他院にお手伝いに行くあたり、自分のふがいなさや魅力のなさに涙するのでした。
知識とスキルは最高のものを教えてあげたり教えてもらったりしたはずなのですが、何とも情けないワシの人望のなさの自分に腹立たしさすら覚えます。
しかし、そんな中、今でもついて来てくれるスタッフこそ至上の宝で、生涯絶対その道の王道を、この業界で絶対の信頼を確保できるスーパーDH/DAとなることをワシが約束しようじゃないか。

そんなこんなの、目に見えないストレスを救ってくれそうな
Babymetalだなぁ。。しみじみ(笑)




日曜日, 9月 28, 2014

御嶽山の驚き

3000メートル級のお山が噴火したと聞いて、御嶽山には登山経験は無いけれど、そして、御嶽山近辺の方や登山中だった方々には本当に申し訳ないけれど、、、ああ、富士山でなくて良かった、、と心の中で思ったワシです。基本的な理論上では、ま、この辺の何処が噴火してもおかしくないから、たまたま御嶽山の栓が抜けたということか。富士山噴火時の損失を考えるとそれはそれはぞっとするのでした。

今週の水曜日にHERZ会。ヨシダのプレゼンで新しい根管拡大ファイルのお話でした。このNiTiファイルは折れません、伸びるんです、、、というプレゼンの直後、岡田大先生が擬似根管模型でデモしたところ見事に折ってしまいました(笑)。







土曜日、山形米沢は櫻井先生ご一行が4名ほど当院の見学においでましました。お昼からずっと本院、サロンと熱心に筆を取っていました。デジタルシステムでは絶対引けを取らない自信はありますがそんなものは助言にとどめ、だってただの道具ですからね。それよりも、歯科医療の神髄を色々なアイテムを介して紹介したつもりです。
もちろん、高木兄ちゃんの言うところの「補綴は歯科医師として負け」じゃないのか?という所をどうやってカバーするかも重要な内容でした。院内ラボの充実が歯科医師としての負けをどうやって取り戻すかのポイントですな。そして肝心な組織のあり方。ハイタッチなどせずに楽しく高スキルでレベルの高い医療を提供するためにはどんな組織作りが必要なのか相談した次第です。

偶然というか、たまたま、岩手の岩泉から届いたばかりの「訳あり傷物」岩泉産松茸が沢山ありまして、米沢のご一行は運良く松茸にありついたのでした(笑)。シンプルに「焼く+スダチ」が旨い。お遊びで丸ごと串刺し天ぷらがまたひどく旨い。出来るものなら是非お試しを(笑)。
この時やたらと飲んでしまった日本酒「火」。冷やでも旨いのだけれど、ちょっと肌寒かった昨晩は「お燗」をつけてみたところ、これが素晴らしい芳香を醸しだしこれまたバカウマで明らかに飲み過ぎた感じでした。
と言うことで、27時過ぎまで、本当にお疲れ様。勉強になりましたでしょうか。明日の診療から是非実践してみてください。そして、増改築も今日のことを参考にいいとこ取りしてください。

本日日曜日、所用で久慈野田村方面に出かけました。3.11の時、被災地医療支援で宮古までの道のり幾度となく通った道を久しぶりに走りながら、何となく心にこみ上げてくるものが。野田村の住人ではないのですが、道沿いの海の美しい海岸線はコンクリートの壁になり、、、かつての風景は何処にもないわけです。海の見える美しい海の町が、コンクリートに囲まれたコンクリの町に変身していました。

海岸線を抜け、小高い道の脇から海を眺めたとき、狂気の気配はまるで無い本当に美しい海が何処までも続いていました。