月曜日, 4月 28, 2014

投稿ペースが落ちているわけ・・・

更新が遅いですねとまた言われます。
そうなんです。時間が全然ありません(笑)。夜の会合があるときは無理でしょ。何もないときも、即爆睡、、だってとても疲れてる。。。いままで、ブログ更新のために時間を割いていた時間が、今全然ないんですね。。理由は、、、人手不足(笑)。

さて、本日日曜日、朝から所用で三沢に。お世話になった先輩の旦那さんの葬儀にも行けず本当に申し訳なかったです。午後に六ヶ所に向かいちょいと時間があったので、以前からトライしてみようと思っていたTIME LAPSEに挑戦。いつも車にカメラを積んでいるので六ヶ所のラムサール条約な仏沼と、港湾に向かいちょっとした時間で試してみました。
う〜ん、これはテストだけれど、使いようによってはこれ良いな。今回は3秒おきにシャッターを切って見ましたが、もう少し短い時間でも面白いかも。本日トータルで1500枚の撮影となりました。で、大して面白くないテスト画像がこれです(笑)。

https://www.youtube.com/watch?v=764RAhi5khc

さて、また話を変えましょう。
羽生君の仙台のパレードで、主催者が日の丸の国旗の配布を取りやめ、それを聞いたみんなの党、、和田氏が2000本の国旗を用意し配りました。
しかしなぁ、仙台市、宮城県、県スケート連盟は、一体誰に気を遣っているのか?
仙台市に問い合わせたら「警察に迷惑がかかるから・・・」との回答。んじゃあ、ということで宮城県警に問い合わせると「別に良いんじゃない?何で警察に迷惑がかかるのか是非聞きたい」だって。・・・・・・・
宮城県知事は元自衛官の村井氏。でも、仙台市長は左翼な奥山氏。。。なるほど。日本の国旗が大嫌いな民主や社民の支持を受けての当選だし、なんか、噂によると。パンダがほしくてたまらんそうで、、、なるほどね。・・・・・最低じゃん。
あのさ、今までのことわかってないね。無意味な売国自粛に朝鮮支那が今までどれだけ食いついて。それを逆手に世界に向けてどんなシグナルを送っているか思い出してね。

さて、また話を変えましょう。
中国は非常に大切なパートナーとオバマ氏。。。マジですか?
中国のバブルどころか国家財政の破綻の兆しは以前からいろいろ言われていましたが、とうとう現実となって始まりましたね。支那GDP第5の都市、、天津市の破産のニュースは日本では全く流れていません。どうしてかなぁ。。総額82兆円の負債で天津は破産したんですけれど、これはあくまでも中国全土で起きている崩壊のスケープゴート。天津は今、世界最大のゴーストタウンとなっているわけです。
中共幹部の膨大な不整蓄財は目を覆うばかりで、あげくに幹部たちは皆その金を持って海外に飛んでいますし、いろいろな国に帰化もしています。こんな実態を大いに隠せるのも今回の天津の破産でしょうね。みんな目がそちらに向きますから。で、後は反日キャンペーンかな。少なくとも中共のやばい状況に目は向かないし。。
ちなみに日本国内に今や100万人の支那人が入り込んでいます。知ってましたか?この半数近くが中共の工作員だとも言われています。いざ尖閣問題とか、もっとクローズアップされたとき、この工作員たちが何をするか想像は容易ですね。ちなみに、民主党政権時、支那人のビザ免除後このようなとんでもない数になったことを覚えておきましょう。民主党は支那人と朝鮮人のための政党のようです。
しかしなぁ、、、天津丼好きだぞ、ワシは。残念で仕方ない。
(予断ですが「ちゅうきょう」「中共」という変換がATOKでは出てこない。ことえりは出るよ。ATOKやっぱ、やばくないか??「しな」「支那」も出ないし。。社長!出てこいやぁ〜)


さて、また話を変えましょう。
挙動不審なiMacが、いよいよやばいだろうなと新しいやつを1週間前に頼んでいました。本日夕方、新人のやつはやってきたのですが、、、、、その途端、ついさっきまでがんばって正気を装うっていた彼は、何をしても、たたいても、振っても、何度リスタートを試みても、、全く反応しなくなりました。
昇天召されたそのタイミングに、ワシは涙するのでした。あぁ、君たちもわかっているんだね。最後の最後まで仕事を全うしたんだね。。
昇天した彼は、明日、アップルに向かい、新たな延命処置を施され。また活躍してくれるに違いありません。合掌。
今までのステッカーがいくつか出てきました。皆、うちの医院の戦友たちです。。。。
あ、ちなみに最新のマックプロの黒ステッカー入れてみました(笑)。。


月曜日, 4月 21, 2014

誕生日だというのにこの話(`⌒´)

17日木曜日、全体ミーティングが終わり恒例の食事会の時、スタッフから盛大に誕生日祝いをしてもらったわけで、とてもうれしい。とうとうワシはGOGOな年になったのだと実感。改めて残りの人生を考え、残りの仕事やまわりのスタッフのことを考える時間をいただき感謝いたします。土曜は歯科医師会の定例総会後、懇親会を経てスタッフや友人と合流。ちなみにワシの周りには同じ誕生日のドクターが5人いる(笑)。これは凄い事だと思う。ドクターゲンちゃんは(笑)種市からわざわざ飲みに来た。同じ誕生日だからね。結果、朝まで飲み明かし、ワシは翌日ほぼ廃人となったわけです。久しぶりに豪快な誕生日を皆さんありがとうございました。

さて、お会いする皆様からブログの更新ペースがやや落ちていることを言われ、だってさ、ドクターが激減したんだもの、ワシも何馬力かで本業にいそしんでいるわけで、夜はくたくたなのよ。。

そんな中、非常に痛ましい船舶事故のニュースが飛び込んできましたね。実はその直前、かの国韓国についてこんなことを書こうかと思っていた矢先でした。
「言うだけIT大国」!
だって安全保障に関わる軍事関連から政府関連まであの国のパソコンはほとんど(約一万台)がXPで稼働しているわけで、っこれさ、IT大国と世界で言い張っている割にはあまりにもお粗末じゃね?
こんな国と同盟結んでもこっちの機密が駄々漏れになる可能性大でしょ。サムスンも多くの裁判を抱えて、ま、そりゃ良いけど、パクリIT大企業の化けの皮がはがれ始めている事にそれなりの人たちはみんな気がつき始めているね。

船舶事故での高校生達は本当に痛ましい話です。転覆原因は急旋回に伴う積み荷のお粗末な固定や規格外の船室の増築だったりと言うことが徐々に明るみに出てきているけれど、何より真っ先に逃げやがった船長以下乗務員のモラル。
しかも転覆直後の情報の錯綜はとてもじゃないが先進国の体をなしていないことに気がついただろうか。乗船者名簿も適当。何人乗っていたかも実は適当。その後の警察の空気注入や潜水確認もうそばっかり。揚げ句に、すぐ長崎で待機していた世界の海難救助のエキスパート「海猿」達は来なくていいからと足止め。
しかもである。沈没した時の言い訳の一つに「船舶は日本製だから」と言うのがあり、これは又こいつらの本気のバカさ加減に呆れるばかり。あげくに、事故犠牲者や不明名簿の前で記念撮影しようとして更迭された政府高官や(こいつ意味不明)、不用意な発言で勧告を受けた政府関係者や、知らなかったんじゃなくて事故後速報を聞きながら酒宴に興じていた災害担当役員とか、もうさ、ぐしゃぐしゃ。
しかし、そんな中でも子供の必死の救出劇や(これも韓国各局美談パフォーマンス色強いけどね。だって子供の顔丸出しだもの)最後まで乗客の誘導で命を落とした乗務員の話は胸を打たれます。一人一人はちゃんとした人がいるのはどこの国も同じ。先進国として体をなしていないだけ。

ちなみに、韓国では24時間このニュースを流しているのだけれど、CNNやABCの英語版ニュースを見ると「我が韓国の最先端技術と精鋭達による救出は・・・・・」という前置きが絶対出てくる。日本のニュースじゃここはカットされるみたいだけれど(笑)。これさ、北と同じ前置きだよ。この民族はこう言う性格だと理解できる。で、とにかく、やりもしていないことをあたかもやったようにとか、ホントうそばっかりじゃないかということで、さすがの韓国民も切れ始めたが、この切れ方がまたいつもの慰安婦とかと同じ切れ方なんで、冷静に見ていることらとしてはどれが本当なのかますます分からなくなるわけです。
とにかく、世界中の救出精鋭を集めて一刻も早く行方不明者の捜索に当たるべきと思うのですが、、彼らは先進国じゃないから出来ないんだろうな。

次は支那です。自国の戦後復興に日本企業をどんどん誘致させておいて、今更になってその企業(三井商船)の戦前に対する賠償が不十分だと船舶を含む資産差し押さえという暴挙に支那の裁判所は出ました。これはれっきとした国際法違反です。
世界のルールが通用しない国だよと又世界中に言っているような物で、まさにこの2国はもうドンづまりなんだろうかと疑いたくなります。ディスカウントジャパンを繰り広げるこの二国は、何度も言うように世界中から嫌われているツートップです。

もう気を使うのはいいってば、、と多くの日本人は思っているはずなのですが。今まで妥協しかしてこなかったかつての自民党政権のつけが、どんな場面でも重くのしかかるのです。ディスカウントジャパンに時間と金を使うくらいなら、両国ともやらなければならないことがごまんとあるでしょうに、、と、冷静に思うわけです。





火曜日, 4月 15, 2014

難しいものです・・・・

他県のK市から患者さんが来ました。持参した既往歴を見て驚きました。通院していた過去の歯科医院の数にも驚きました。最後は某大学病院の補綴科の先生が担当して、ずいぶんと難しい理屈をお話し(患者談)しながら作ったというストラクチャーが入っていました。患者さん曰く、「ものすごく苦しかった」んだそうです。
主訴を書き並べると、A4の紙が1ページくらいになりそうです。不定愁訴ですね。しかし、プシコライクではありません。本当にこの10年苦しかったのだそうです。去年もこういう患者さんがいたなぁ。。。

さて問題はそういうことじゃなく、大学病院補綴科で、鳴り物入りで施されたストラクチャーなんです。この数年、大学の偉い先生(患者談)の言うことを聞いて、苦しくても苦しくても何とか開放されたいの一心でその先生の言うことを忠実に守りがんばってきたらしいのですが、、、、もちろん、施術側だって悪気があった訳じゃないだろうし、一生懸命だったと思いますよ。

わしがぱっとみ、う〜ん。何でこうなるんだろう? K9ガイダンスにインターコロナルスペースが全くないために異常に窮屈。それだけならまだ、咬合再構成に夢中になるばかりに、わからないでもないが、非作業側で何でこんなに干渉させるんだろ??
仰天したワシは、バリボリとそこを削りました(笑)。この状況になるまでよく我慢したものです。ちょっと信じられないw。

good by yellow brick road
すると次の来院日、患者さんの不定愁訴の2/3以上が消失。そこで改めて状況を詳しく聞くことにしました。ワシはBRXと不定愁訴頻発の時期のお話、つまりストレスマネージメントとアロスタティックロードのお話をする前に、10年ほど前この不定愁訴症状が突如出現した時、自分の身に何かとんでもない大きな出来事がなかったか先に聞きました。患者さんは目を丸くして、ある事をお話しし始めました。
う〜ん、なるほど、それは大変でしたね、生理的に人の体はそれを何とか回避しようとしてこういう状況になったことをお伝えした途端、多くの合点する出来事を「こうじゃなかったですか?こういうことが起きませんでしたか?」とお話ししました。患者さんは泣き出しました。心も体も楽になった、、というか、憑き物が落ちた(笑)と。。。

ワシが実践している、基本的診療姿勢であるところのmasticatory organに基づく生理的解釈とはこういう事なんです。そしてそれはとても理にかなった科学的論証です。しかし、まだ多くの先生方には受け入れられていないのが現実です。難しいからね(笑)。前回もお話ししましたが、「そういう考え方もあるよね」で終わっちゃうんです。宗教のような咬合治療や口臭治療を否定するものではありませんが(信じるものは救われるので)すべてのドクターの再現性がないと科学として成り立たないと思います。
ワシはこれを20年以上臨床に使い、確固たるエビデンスを元に実践している一人ですが、もちろんそれでは解決できない「何か」の存在もまた、臨床経験則として認めはします。しかし、今回や前回のように「明らかな」理論不足が大学病院で行われていることに、とても残念な気持ちになったりするわけですね。

予言や占いの背景に、実は非常に高度に計算された統計学や科学が存在することは皆さんある程度承知だと思います。ワシらも確定診断の背景にそういうものを確実に持たなければならないわけですな。
いずれにせよ、ワシらと患者さんのハッピーエンドとはかくも難しい世界なんですよ。。。なんて言っちゃだめだってば(笑)。


木曜日, 4月 10, 2014

日本人の教育がますますおかしい・・・

さっきまで、池上さんのグローバルな討論会を見てしまいました。税金の話とかおもしろかったですが、池上さんでさえ、ディレクター指向というかどうも日本のマスコミの製作の仕方に疑問が残りますね。確かにデンマークの高い税率からなる高い社会保障のシステムはすばらしいかもしれないけれど、自動車税200%とか景観税とかも紹介するべきだったんじゃないかね。お金持ちのデニッシュがスゥエーデンの銀行に資産を隠すとか、それを銀行がデンマークに教えないとデンマークはあなたの国と国交を断絶すると脅すとか(笑)、唯一絶対に教えないスイスの銀行が教えそうになって大問題になったとか、そういう情報も取り混ぜなきゃね。

医療費の問題でも、少子化の問題でも、日本にいるタレント外国人の発言から感じるに、質の高さや教育レベルの高さに驚きます。支那韓国がいなかったのがすばらしい(笑)。アフリカなどから日本に来ているタレント兼業さんは本当にすばらしい発言ができるわけで、感心したこともずいぶんありましたな。

それに引き替え、日本人の参加者の教育レベルの低さにただただ驚くばかりです。もちろんどんな生い立ちなのか知るよしもありませんが、日本の教育が本当に荒廃している様だけがワシにはクローズアップで見えました。他国からは考えられないくらいの豊かさを当たり前のように教授して文句だけは言う。しかし最後は徹底した個人主義で自分さえよければ良いじゃないかという事を、胸を張って世界に話す知恵遅れ加減に驚くばかりでした。

あまりこういう番組を見たりしないのですけれど、久しぶりに見て、日本教育がいかに左傾化して、しかも自国を愛せないおかしな国民を作り出してきたか。日教組の最低な教育理念や左翼教師の暗躍、果てはサラリーマン化した無気力教師などいろいろ言われていることが、ややや、本当じゃないか。

勉強が得意でテストの成績はすごいんだけれど、自分のことしか考えられない人はかたわですよね。(あ、これも差別用語とか言い出したのは、障害者を障がいと書けという発想と同じ左傾的自主規制の差別ですな)全然意味がない。心を込められないくせに、言葉でカモフラージュするのは得意なグループがいるじゃない。気が触れたジェンダーフリーとか(笑)。

ま、兎に角、「愛国心」というと右だと罵倒される今の日本が、多くの国から「変なの」と思われていることははっきりしましたね。まあ、選択された日本人がどういう基準かは定かじゃないですけれど、ごく一般的な若者を代表していると制作者サイドで思ったのかどうなのか。テレビは怖いね。


この国がどんな思いで戦いに突入し、戦うからには正気を忘れ、しかしそれがすべて悪だと決めつけ、あげくにごく一部の人間が己の利益のために犯した犯罪だとする戦勝国の屁理屈がこの国の道徳をゆがめ、それから70年、その考えが拍車をかけて左傾化している以上、我が国の抱えているすべての問題は何も変わることはないのではないかと、とても残念な気持ちになるのでした。
自国を愛すればこそ、道徳が息を吹き返せばこそ、様々な山積された我が国の問題が解決するに決まってます。

月曜日, 4月 07, 2014

ペリオ再考・・犬じゃないよ

土日、スマイルクラブの第67回定例会。土曜は会員発表で、その後楽しい懇親会。遅い時間まで桜井先生とか牛乳ハイ付き合ってくれてありがとうございます。八戸に来るのを楽しみにしております。

さて、翌日は朝から奥羽大学のペリオ高橋教授をお招きして今一度ペリオを考え直してみました。結論から言いますと、非常に親しみの湧く症例の数々に親近感を覚えます。でも、それは正しいことを正しく行っている当たり前のこと。ありがとうございました。

午前中は、ペリオの話というよりは診療哲学的な非常に興味深い話でした。こう言うことをワシらは常に念頭において臨床に望むべきなのかな。ま、いつもワシが言っていることだけど(笑)。最初は非常に大きな違和感を覚えて話を聞いていました。言っていることは正論なんだけれど、そこに取り巻く何かに固執した分析論や極い一部の開業医の醜態があまりにも前面に出て、到底容認できない内容も多々あったのです。ワシらはそんなにバカじゃない、、ってね。大学特有の一見狭い風の見識の中から導き出されるビジョンや反体制的な思考に戸惑うワシです。社会保障との兼ね合いや開業医のエゴが見事に絡み合っていない内容に大きな反発を覚えました。

しかし、時間が進むに従い氏の教育に掛ける思いや大学特有の組織ジレンマをかいま見るにあたり、なるほどと思うようになったわけです。昼食をとりながら深い話をするにつれ、ペリオの奥に潜むスキルを越えたカテゴリーは一見理論的ではないように感じるけれど、実は非常に造指が深いことに気がつきます。

後半症例を見せていただきながら、いつものようにスラブチェック先生や佐藤先生達の基本的考え方をからめて質問してみました。なぜいつもこの質問をするのかというと、何処までそういう情報を把握してそれをどう咀嚼して己の考えの思考ファクターの一つににしているのか興味があるからです。さすがに教授ですから最低限の情報は把握した上での解釈です。素晴らしい。

ワシがいつもいつも訪ねる最大の理由は、この思考ファウンデーション(エビデンスべースとエビデンスバイアスを加味したと言う意味で)が、ワシの医院を支えている屋台骨で、しかもその結果は現在の「くまさか歯科」を構築している何者でもないからです。
20年以上前某藤本先生のお話や実習を経験して感動し、アメリカンナソロジーに芽生えたのをきっかけに、いやしかしちょっと待てよ、いや?これはおかしくないかな?という素朴なかつ重要な疑問を解決したスラブチェック先生の考え方にそった臨床の実践こそ今のワシの医院があるのです。いえ、臨床成績の証拠があるから根っからの信者ではありませんけど。もちろん話しもしたことないし(笑)。
残念なのはそういう事実があるにもかかわらず、日本中の偉い先生達が「否定はしないしそういう考え方があることは理解できるが、全て正しいわけではないと思う」と皆さんおっしゃいます。これはヨーロピアンナソロージーのすばらしさを知っているそういうグループの怠慢なんじゃないですかと某佐藤先生にはいつも言います。東洋医学や構造医学的な部分まで網羅してかつ、だからこその歯科の中身に突っ込んだ理論的な「本当の歯科」の事を、ワシはエバンジェリストじゃないけれど、もっと知らしめるべきなんじゃないかなと。


高木先生の言葉に、最近の学会が「おれおれ学会」であることへの危惧が盛り込まれていました。おいらもいつも、若い衆に言ってますし。言い出しっぺは、ワシらのアメリカの友人Y氏ですが、言い得て妙、さすがです。まあ、確かに原宿や大阪や九州のシンパは、これでもかっ、俺は凄い、、というマスターベーション的な発表ばかりで辟易すると何度も言いましたが、もういいじゃないかな。アメリカで昔そうだったので、アメリカ信者たちはそうすることがcoolだと思っていたんですね。
もうそんな時代じゃないです。    

土曜日, 4月 05, 2014

天気悪いみたいw

明日から東京です。天気悪いみたいですね。桜でも見られるかなと思っていましたが、とんでもないかも。北海道は猛吹雪だとか。。。

天気も悪いしそんな時間もないから、明日は勉強三昧ですけれど(笑)、年に1回くらいは天気のよい東京を散歩します。

東京メトロの六本木一丁目から泉ガーデンに向かってエスカレーターを上りスウェーデン大使館前まで行きます。泉ガーデンレジデンスとか横目で眺めながら「こういうところに普通に住んでいる人たちって、ある意味本物だよなあ」とか思ったりします。ヒルズの上とかは、いかにも下品な成金っぽくて好きじゃないけれど、ここいらへん一帯は、本当の「お金持ち」なんだろうなと、あこがれるでもない、ためいき出るでもない、世俗から隔離された穏やかな高貴な日常を想像したりして。万が一大地震でも来ても、この辺の人たちはなんかの映画のように確実にDNAを残せるようにプログラムされているんだろうと、羨ましいとかの次元じゃなく、本当にそう思ってしまいます。

大使館に向かって右手に折れるのが好きです。確か数年前まで、少し進んだ右手に民家の廃屋がありました(今は高層マンションになってます)。小さな平屋のその家の小さな庭には小さな二人乗りのすっかり錆び付いたブランコがあって、その昔、ここには確かに何かとても幸せな時間が流れていたろうと、ふと立ち止まったものでした。

ラフォーレミュージアムのところを右に曲がると、坂の下は有名な六本木住宅。そちらには曲がらずにまっすぐ進みます。道は急に左に折れ坂道を下ります。その坂道の途中左手に花屋があります。たまにしか通らないのに、いつもすてきな花が小さな花屋に並んでいる景色は、これも実は東京の不思議だったり。だって、こんなところ誰も道歩いてないんだよ(笑)。誰がいつも買うんだろう?どこかのお店と提携しているのかな?すてきな花屋なのにそんなことばかり考えてしまいます。

そのすぐ右手には、瓦屋根の築50年は平気だ過ぎているだろう、まさしく昭和が軒を連ねているのが好きです。ここ数年で大分様変わりしましたが、この昭和が好きでたまりませんね。もちろんほぼ廃屋です。人の住んでいる気配がしませんから。

ここいらあたりから、行く度にコースが変わるんですけれど、まさに麻布台真ん中。路地を入ると行き止まり。人の気配なし。クリーニング屋さんの小さな管板。おかっぱの
女の子とランニングシャツを着た坊主頭の男の子が突然飛び出してきそうな、そんな通りですね。怪しい建物もすてきです。麻布ロングビーチマンションというネーミングにぶっ飛びます。まさにど田舎の発想に心打たれるのです(笑)。

東京都心には、地方都市ではすでに全くなくなってしまった「昭和」がまだまだ残ってますものね。以前、池袋から護国寺あたりをぶらついて飯田橋まで散歩したときも、ほぼ迷子になった(笑)雑司ヶ谷の集落内で、小さな角を曲がったら、もーれつア太郎ばりの小さな八百屋が住宅地の中に突然出現して、軽いめまいを覚えたですよ。タイムスリップか?そこを通り過ぎると、半間もない間口の金魚屋。おぉぉ。金魚屋なんて、、、ありなのか?次に現れたのが、小さな肉屋で(八戸あたりでは絶滅したね)店の前で定番のコロッケを売っている。いやいや、商店街じゃないし、ここは。とひたすら感動したのが、どうやら癖になっているみたい。。。

ワシが東京は下町が好きなのも同じ理由かもね。次こそまだ未開の地、最後の最後の東京昭和遺産地域、、、そう電車で少し遠いが、墨田区、京成「立石」に思いをはせるのでR。


火曜日, 4月 01, 2014

うわ〜という毎日は体に良い・・のだろうか・・

エイプリルフールです。でもワシ嘘つかない。

3月末で5年前後勤務していただいた本業のドクターが3人独立していったw。おめでたくすばらしいことで、応援するよ。しかもうちを離れていったみんなは、全員盛業するので自信を持って新たなスタートを切ってほしいのでR。昨年からわかっていたことだが、穴埋めが全くできない地方都市の医師不足の状況が何とも恨めしい。
当院を受診している皆様には本当にご迷惑をおかけするが、アポが先延ばしになるからって嫌わないほしいな。死ぬ気でワシもがんばるからwww。
卒業生たちも、ヨーロピアンナソロジーを根幹に据えた哲学的全人歯科医療を是非とも実践していただきたい。

そんな中、月末にかけて数日間、組織のメンバーに向けての社保の改訂説明準備に追われ(延べ300人だよ!(゜Д゜))、日常が忙殺。加えて本業が無我の境地に至るほどの慌ただしさ。やっと明日から少しずつ取り戻せるかもしれませんね。
まぁ、先月から上記の理由でのびのびになっていた大きめのIオペも今月は目白押しで、ある意味少し正気に戻れるかも(笑)。目の前の現症を確実に正確に将来に向けて構築することの難しさに、改めて深夜まで猛勉強するのでした。(ちなみに、当院は朝日MOOKの全国インプラント名医にも選ばれていません(笑)のであしからず)

しかもでR。先日届いたおしゃれなゴミ箱型マックプロが異常に快適でもあるにもかかわらず、旧マックプロからの移行に手間取っています。本来なら「移行アシスタント」というアプリを使って数時間でお引っ越しは終わっていたのですけれど、今回からカーネルが一新したし、古い湿ったデータを排除したくてすべて手作業です。これ、言ってみればこの10年の再構築だから相当な時間がかかります。
ほとんど進んでいない(笑)。

ところで最近ワシも飽き気味の支那と朝鮮の話題です。ていうか、なんだよ、新しいATOKの辞書に「支那」がない。今ワシが単語登録した。ひどいもんだ、こんなところにも異様な差別意識がある。自主規制?ふざけちゃいけないね。朝日にたたかれるからか?お得意様だからか?
CHINAは支那だろ。今の日本での異様さがわかるというもの。支那朝鮮の情報を選別するマスゴミもさることながらこれだ。


じゃあ、これを見なさい、、ということで探してきた日本人の支那朝鮮への好感度グラフだ。これが我が国の本当の姿なのに、マスゴミはひたすらどこの国のソースなのかわからないような情報ばかり流して吐き気がするね。特に民主共産社民のスタンスと、安倍総理バッシングの左巻きには本当に辟易。
ただこの国が好きだと言えば右だと言われるおかしな状況を、まともにするのは若い世代だと思うが如何か。。

英語の諺に、「Ignorance is bliss」という言葉があるが、そっくりそのまま今の支那韓国にたたきつけたくなるね。特にかの国の若い世代は、捏造された歴史と隠蔽された歴史を鵜呑みにしてまるで勉強していない。まさしくなのであるよ。事もあろうか支那の習ちゃんは「日本軍に4300万人殺された」とドイツで講演。冗談じゃない。数字盛るのが好きなだけじゃなく、嘘も100回言えば真実という古い支那の諺かな。おまえら、チベットとウイグルで何人殺した??毛沢東は何人粛清した?

しかし、もちろん一部のインテリはきちんと勉強しているから、狂ったような反日やディスカウントジャパンに疑問を持っていることも事実。が、それを自国で言うと殺されかねないから黙っているだけね。それだけならまだしも、事もあろうか我が国の気が触れたような左巻き世論がそれを後押しするというとんでもない構図。
みんな、冷静に慰安婦像なんか無視すればよろしい。南京の捏造なんぞ無視すればよろしい。
だって、世界で一番嫌われているのは支那と韓国なんだから。大丈夫だって。