金曜日, 1月 30, 2015

お花畑と砂漠と戦い

ある意味、同胞であるところの日本人がどこかで必死に戦っている。進展が見えないのか見せないのか、こういうことは秘密裏に行わなければ元も子もないけれど、国家安全保障に関わる重大事である。保護法は明らかに必要だと感じる。
その人質なのである。シリア政府との交渉の裏に、どれだけの協力者や工作員が動いているのか、ぼんくらな日本人には知るよしもないから、ただただ静観するのであるよ。

こんな時、社民党の福島瑞穂のバカさ加減にただただあきれるばかりなのですよ。この人達は何かの新興宗教にはまっているに違いないと確信した。脳天気なツイッターを見る限り、多分日本語でキャッチボールできないだろうな。鳩山と同類。
事もあろうか官邸前で歌とダンスで戦争反対、楽しく戦争反対。この満面の笑みは、今まさにかの国で何が起こりつつあり、テロルがもうすぐ平和ぼけしたワシらの足下まで迫っている危機を全くと言って良いほど察知はしていないね。この先日本人観光客が海外でどれだけの危険な目に遭うのか、今回の事件で本当に真剣に考えなければならないというのに、このバカ騒ぎである。しかも手踊り付き(笑)。
で、これには付録が付いてきた(笑)。自民党の伊吹氏である。同じ穴の狢というか何というか、ぼんくら日本人の恥の上塗り。「着物姿でテロ対抗記念撮影」うはははは、絶対君らのことは忘れないだろう、その瑞穂にも似たバカさ加減という点で。

さらに、朝日新聞の追従だ。論説委員がいみじくも「イスラーム国の土壌を育てたのは幾重にも積み重なった人々の怒りなんじゃないかと思う」だと。暗に米国のしたことを遠回しに避難しているところなんぞ、さすがである。テロルが彼らイスラーム国の当然の権利のような物言いは、まさしく売国朝日にふさわしい思考回路と言わざるを得ない。

この人達って、このリベラルなサヨクな人たちって、テロを肯定することをちらちらと見せたりするわけで、まあ、確かに反社会的学生運動や赤軍革命ごっこにも似た最低の行為を、心のどこかで賞賛はしないけれど尊敬?いや違うな、あこがれ? ていた人たち。マスコミも彼らを一目置くのは、そういう行為に走る若者達を作ったのは、時の日本の所為だろうと言わんばかり。
ああ、なるほど、この精神構造だったか。さすが朝日(笑)。

以前、このブログでも紹介した本がある。「健康と病のエピステーメー」という本だが、健康と病の知覚の近代化という、ものすごく面白くない本だ(笑)。ここで取り上げられる健康や病と対抗医療システムは、当然精神構造のそれと近似する訳で、今まさにワシらに降りかかっているテロルの根源が、人の精神構造や地球規模の思惑と相まって、これらの事象が、それこそ健康であるか病であるかのちょっとした参考になるわね。

女房殿が昨日から欧州の危険地帯に、のっぴきならない事情で一人で乗り込んでいきました。ジャーナリストではない普通のおばさん歯科医師です。具体的な国名地名をあげると、あらぬ事故に巻き込まれては困るので秘密です(笑)。こんな時に何ですが、無事の生還を願っています。




木曜日, 1月 22, 2015

明らかな日本へのテロ

今日は水曜ですね、、どうでしょう。

国家のフィジカルなセキュリティを考えたことのない日本人にとって、アグレッシブな平和を考えたことのない今の日本にとって、今回の身代金要求はどうでしょう。
9条の会の方々は、是非、彼の地に出向いて頂き、話し合ってそして開放して頂きたいものです。政府を批判するマスコミも、是非、彼の地に自社の記者を送り込み、真のジャーナリズムを見せつけて頂きたい。

そんな、平和ぼけしたあなた方が構築しているこの国では、自由と勝手を勘違いしているリベラルな輩が、6000キロも離れているせいか、バカに安心しきって人質写真コラがツイッター上に色々でている訳で、これ、フランスの風刺画以上に下品で最低だとワシは思っている。イスラムの国々は、その基本的思想や考え方が、古来の日本のそれと非常に似ているため、さほど敵対心は持っていないと聞いていたけれど、米国様からもらった平和の上にあぐらをかいて、しかもそれが当たり前だと勘違いしている所為なのか、他民族文化を平気で茶化す神経が、元々日本人にはなかったはずなのでは。イスラムが日本に対しての敵対心はあくまで米国とつるんでいるからに他ならない。自国軍を持ち米国の傘の下から一刻も早く外れ、自立国家として外交するべきだと、前々からわしが主張する本当の意図はそういう所にあるのだが。。。

ワシはイスラムを擁護しているつもりはない。違う文化で理解し合えないのなら、お互い隔離されていて当然と思う。お互いにおかしいと思う理屈を相手に押しつける意味は全くない。その方が未来永劫皆幸福になれる。しかし、それ以上にバカで間抜けで最低な日本人が、この事件によって見えてきたことに腹立たしく思っている一人なんです。マスコミはあたかも首相の発言が引き金になったとか、なんか違う方向に持っていこうとしているけれど、ダッカ事件の時のような恥ずべき行為ではなく、日本国として毅然と対応している姿に拍手を送りたい。かつてのような浮き足だった事は無く、それなりにできあがっている危機管理が素晴らしいと感じたわけですな。

直近の情報では、イスラム国に対してすでに米国その他支援国家で、一昨日から70回以上の空爆が繰り広げられている。ここに参加できない我が国として、支援としてのお金以外何が出来るのかという問題解決を、日本のサヨク達が感情論だけでヒステリックに拒否するものだから、なんと自国民を自国の軍が助けることが出来ないと言うことを肝に銘じておこう。逆に自由主義国家群はそういう日本を白い目で見ていることも肝に銘じておこう。で、こういうことを書くとワシは戦争を賛美しているとサヨクは騒ぐ。もう、本当に思考回路がバカ。

これは、こう言う戦闘地域だけでなく、平和の中に潜むテロルに遭遇しても、我が国は直接何もしてくれないと言うことですよ。世界に引けを取らない特殊部隊を持ちながら、現憲法下では、基本的に誰かが死なない限り何も出来ないと言うことになるし、ましてや誰かが死んだとしても、彼の地まで我が国の特殊部隊が派遣されることは今のところ100%ない訳です。

さ、お願いですから、9条が大好きなリベラルなサヨク諸君、現地に赴き何とか話し合いで解決してください。




土曜日, 1月 17, 2015

新年に入りバタバタといろんな話

支那ソバ支那竹入り(笑)差別用語?(爆)
中学校の地理のテストで、「支那」「南朝鮮」と回答した生徒が不正解はおかしいと抗議するも、教師の「差別用語に当たる」との回答で間違いとされた問題が、些か波紋を呼んでいるが、ま、日教組の巣窟であるところの北海道や神奈川辺りじゃ当たり前らしいが(笑)。
自分の国の事を正しく認識し、世界の中での正当な呼称を否定する我が国の教育に疑問を持つのはワシだけではないだろうね。なら、正式英語名のチャイナ(支那)は如何な物か。サウスコリアは如何な物かと食ってかかる生徒の方が正しい。不穏な差別を自ら作り出す社会構造に以前からワシは警鐘を鳴らしていた。たとえば「障害者」の害は漢字的に(笑)差別的だと言う事で「障がい者」。  もう呆れてものも言えないだけじゃなく、それに「はいはいその通り」と従う社会構造の元こそ、あるいは東アジアの不安定さを逆に増強させている事は間違いないでしょ。

日本人は優しい。宗教とて寛容。しかしそうではない民族に対してその優しさが裏目に出ている事は明白。これこそが今までの日本文化を構築してきたと力説する大学の教授とか偉そうに言うが、かの聖徳太子が真っ向から大陸の大王に向かい「日出づる国の使者」と明言した事を忘れてはいけない。で、大王様が「キィ〜〜〜」ってなったことは記憶しておこう。

保守だ右翼だネトウヨだとレッテルを貼るのが得意なのはいったいどっちなんだ?ちなみにワシは最近「韓国」と書いている(笑)。南朝鮮は字数が多くて面倒くさいから。どうでもいいのだ。そんなもんでしょ。かの国々と同じ土俵で話をするのがばかばかしく思える今日この頃なのであるね。
ちなみに、IOCが韓国に振り回された結果、平昌の冬季オリンピックがとんでもない事になりそうな。助けるのか?日本(笑)。またしても恩を仇で帰られるのは明白なり。
ヘイトスピーチは絶対ダメ!とかベビーメタル張りに「だめ!絶対ダメ!」はいいけれど、そもそも論をなぜ論じないのか不思議で仕方がないが。


即死レベルのSF変動
そもそもで思い出したが、スイスフランの対ユーロ急騰はスイス国内ではお祭り騒ぎだというが、、、シェンゲン協定後のスイス国内を憂いでいる一人として、大丈夫なのか?と心配。誰かがFXでとんでもない損失を出しているのはある意味仕方ないかもね。SFを売って他の通貨を買うというポジションを作る事で金利差をスワップ金利で受け取るという形はある意味納得。だから1ユーロ=1.2SFを維持すると約束していたので投資家は安心していた。ところが唐突な上限撤廃の発表を受けてSFは急騰。例えば対ドル円で言えば、さっきまでの116円がいきなり80円になるような物。レバレッジ上限の25倍にしていた人はマイナスで40%動いたら1000%!!の損失!今回はロスカットが動く暇すらなくて、ま、100万動かしてた人は一瞬で1000万の損失ですよ!ワシは関係ないので計算だけ(笑)。

そもそも左翼政権の人道的政策が欧州で変に盛んになりスイスとしてシェンゲンを避けられなくなっただけなのに、これじゃあ直接お金とは関係ないが、今までにもましてものすごい数のジプシーが流れてくる事は必至ではないかな。経済政策として吉と出るか凶と出るか見守りたい物だ。FXマーケット会社の破綻とかワシにとっては対岸の火事。それより人の異常な流入がとにかく心配ね。

さて、外国人流入といえば、2025年に介護職人員が30万人足りなくなる。と言う割には、介護報酬の引き下げなどよく分からない政策に対し、財源の話が出てくる。財務省は6%減を要求するも2%ちょっとに落ち着いた。この背景にあるのが外国労働者の積極受け入れがあるとするなら、日本のお年寄りの介護を日本を知らない外国人がせっせとお世話する事になるのだろうか。
こう言う意味でも、日本のアイデンティティはますます重要になると思うのでR。
それこそ欧米では、お金があるなら高い費用を払って生き長らえてね、と言う基本的な考え方があるが、日本はそうではないから医療介護亡国論が飛び出すのだろう。もしかするとどこかで足切りをして、民間努力にすがる介護の世界がそこまで来ているのかもしれない。老人ホームを運営している以上、こゆことには、少し敏感になる今日この頃の新年なのですよ。





火曜日, 1月 06, 2015

動物愛護と蛙の儀式

諏訪大社のニュースをお読みになった方も沢山おられると思いますが、如何ですか。インテリサヨクのヒステリックな「動物愛護」がむなしく聞こえる正月の松の内です。

諏訪大社でのこの生きた蛙の生け贄儀式に、なぜか今更のようにインテリサヨクを中心にクレームが来ているのだとか。大社の詳細はWIKIで調べてもらえば分かるが、ワシが一番腹立たしいのは、この見せ掛けだけの「かわいそう」に他ならない。文化や歴史のなかに様々な尊い思いや考えが潜んでいることは皆さんもおわかりだと思うが、今時の異常なまでの潔癖症に代表されるように、これら生き物に対するうわべだけの潔癖症に無性に腹が立つのである。

じゃあ、おまえ、毎日草だけ喰って生きてれば良いじゃないか。と言うと多分「きぃ〜〜」となっちゃう(笑)。
生きとし生けるものの本当の命は、様々な形でその魂は引き継がれていく歴史をワシらは心の奥に認めている。彼ら彼女らの言い分をよく読むと、こういう野蛮なかわいそうな事例を認めていくから、虐待や暴力や殺人に繋がると言う。
全然逆だよね。見かけだけの、かわいそう気持ち悪い見たくないが、どれほど残忍な人間を生むのか分かっていないね。

認めると言うことは理解すると言うことで認めないと言うことは拒否すると言うこと。その理由が「かわいそうだから」では、てんで話にならない。
昨日喰ったウシさんにラムさんに手を合わせありがとうと言える現実をたたき込まないから、世にも珍しい残虐な出来事が起こると言うことを理解して欲しいものですな。
これって、見せ掛けだけのジャポニカ学習帳だって同じ事。虫が「気持ち悪い」・・だけで、地上最強構造生命体をオミットする潔癖症よ。クレームつける奴バカとしか言いようがない。

彼ら彼女ら、こう言うクレームをつける動物愛護団体の構成員のほとんどは、実はかわいいのは「自分」で、蛙とかがかわいそうと感じている「自分」が好きで好きでたまらないのだね。そうじゃないのなら、ムツゴロウさんのようにどでかい土地を用意して、そこで恵まれないかわいそうな動物たちを何とかすればよろしい。蛙から(で良いのかな?どこからかなぁ〜??両生類から?爬虫類から?イヤイヤ昆虫からでしょ(笑))猿まで?あっ、ヒト科も忘れちゃいけないカモよ。

ワシは人のエゴで悲惨な目に遭っている動物たちに対して何も出来ないでいる自分を認めている。かわいそうだが、新しい仕組みや法的な解決策が出来るまで待つしか無いと思っていたりする。だから愛護団体はこんなくだらない見せ掛けにエネルギーを使うのではなく、本当の愛護教育にエネルギーを使えよ。

しかしね、これは蛙の王様取りゲーじゃないんですよね。鯨のシーシェパードもしかり、結局見え隠れするのは人様のエゴ以外何も見えてこないから、とどのつまり貧乏くじ引いているのが人以外の生き物であることを、もっと真摯に考えろよ、、という事かな。
いや、私財をなげうって危惧種動物の保護に命かけたりしている方々は、ちょっと此奴らとは違うかな。

こうやって眺めてみると、ヒステリックな反核運動も脱原発も秘密保護法反対も、そして方向の違う異常な動物愛護もなんか同じカテゴリーの人たちだと見えてきませんか。
そ、一番大切なのは砂粒の「個」という意味でね。自分以外に大切なものを見つけられない人たちなんでしょう。逆境時、己を偽性にしてでも他を守ることなど、絶対出来ない人たちでしょう。

くだらないクレームに対しての諏訪大社の毅然とした態度に非常に好感を持ちました。

日曜日, 1月 04, 2015

新年の香り

正月気分も4日経ちますと、ああ、明日から普通に仕事だなと気も引き締まります。
元旦は、年賀状が夕方まで届かないアクシデントがありましたが、初詣にも出かけ大吉とかひいちゃったりして気分は良い感じ(笑)。

2日は初売りでも冷やかそうかと車で出かけモール前のとんでもない大渋滞に恐れをなし、そこまでして何か買いたいわけじゃぁないと、海などを軽くドライブ。とても良い天気で、つい誘われたわけです。海の香りが新年の香りとなりました。帰りまして帰省している次男と寿司食って、酒飲んで、また酒飲んで。

3日は夕方から北高13回生の同期会がありまして、55歳で55人集まるという偶然。数十年ぶりに見る顔に戸惑いがてら、、、えっと、、誰だっけ(笑)。ちなみにワシのクラスは特殊な変人が集まる理数科という所だったので3年間同じメンバー。女子とか沢山いる華やかな文系普通科が羨ましかった気がする(笑)。

そんななか、ちょっと話などするに、ご子息などの多くは皆さん某進学校への進学を果たし早稲田慶応あるいは京大などそれなりの学歴をお持ちだったり社会人として頑張っておられたり。で、ご子息の進学先がなぜか母校北高が非常に少ないことに気がつく。ま、どうでもいい話だけど(笑)。

理系高校垂涎スーパーサイエンス校指定の前身はワシら理数科の破天荒カリキュラムだったんじゃないか?とか話すのですが、結論は、ワシらの高校受験時八戸北高の本当に自由な自主性を重んじる校風が、演劇部の全国制覇も相まって、とても人気が高かったと言うことらしい。確かに、学校に何かを縛られたり強要されたりすることは全くなかった記憶がありますね。勉強したい奴は勉強する、部活頑張りたい奴は部活に集中する、何もしたくない奴は何かしたくなるまで何もしない(笑)とかね。

ワシらのクラスにロックな奴がいて、学ラン着て当時のジミー・ペイジやロバート・フラントのような髪型をしていたが、先生方も誰一人興味を示さなかったし何とかしろという話もなかった。体育の時間は、例えば整列するまで20分もかかって他校から来た先生はぶち切れそうになるも、その自主的流儀に徐々に慣れていくと、自主性と自由な校風の良い面が見えてきたり。
ただし、ラブ&ピースだけでくそガキが自主的に何でも出来るわけでもなく、影で見えないように自由を操る教職員が逆にすごかったのかもしれない。

ま、兎に角、少なくともワシらの回生は、抜群にお勉強や暗記が得意と言うわけではないから、すごく優秀な生徒ではないが、どう考えてもバカじゃぁ無い。で、この学校に対してそれなりにプライドを持っていることは確かで、この学校の卒業生で良かったと真剣に思っていることも確かなのですよ。良かった良かった。。

暴飲暴食の6日間はあっという間に過ぎ、体重計に目を閉じて上がれば、なんだ、少し減ってるぞ?某MOGI先生とは違い、節度ある暴飲暴食だったのかもね(笑)。

さ、明日からエンジンスタートです。