土曜日, 10月 31, 2015

歯科の未来とはを再確認だね

HERZ会で、かねてから一度はお呼びしたいと考えていたお茶の水の青木先生をお呼びして講演会を開催した。こう言う素晴らしくも楽しいお話を聞くと、良い意味でこれからの歯科を考えざるを得なくなってしまいます。

claniomandibrar functionというお話を頂いたわけだが、これは頭蓋を含めた下顎機能のお話。アメリカ人はTMJ(temporomandiblar joint)という顎関節というジョイントばかりに目が行くけれど、この考え方はclaniomanndibrar system (CMS)という概念で顎関節を含む頭蓋骨の機能として捉えるのだが、なかなか理解されていない。未だ米国の偉い先生は歯ぎしりは都合が悪いことなのだからとパラファンクションという。これは人が生理的に持っている大切なアロスタシス。そう、ファンクションなのだと、頭が良いはずなのに理解できないらしい。それを与しての歯科総合診断がどれほど大切であり、どれほど患者サイドに立ってモノを考えるのか。
こういうことを知っていた方が、毎日の臨床が楽しいんだという氏の考えには大賛成である。日常臨床は同じ事の繰り返しだが、その質は同じ事は全くない。付随する咬合理論を忘れている、あるいは軽視する最大の理由はその価値を患者さんがなかなか理解してもらえないばかりか、それに伴う医療サイドのコストが比較的割高だからだろうか。

兎に角、ワシも20年前からまねごととして実践してきた。十数年前HERZ会のメイン事業にしようとしたら賛成した人は数名だった。スーパーGPとはなんぞやと自問自答していた時期でもある。あのさ、集客とうたって色々するのも楽しいかもしれないが、ワシらは歯科医師として最低限の知識とスキルとしてこういうことを知っていた上で、お祭りでも何でもやれば良いと、やはり思ってしまう(笑)。エネルギーの矛先がまるで違うことにとても憤りを感じるのであるね。

歯科医師過剰と言われてる割には、歯科医師は巷に居ない。ウチもここ10数年来の歯科医師不足に悩んでいる。ウチがつまらないとか楽しいとかではなく、その選択機会すら現段階では転がっていないのである。
Slavicek--Satoコンセプトをまさに実践している青木先生の足下にも及ばないが、こう言う地方都市でも頑張ってきた。そういう所だけでも見てくれないかなぁ(笑)。

近い将来地方都市は深刻な人口の減少と老化の道をたどるわけだが、その中に歯科医療の未来はないとばかりに若き歯科医師達の東京志向は今までよりもまして加速しているよう。だから、ワシらは頑張らねばならない。
隣に新しい歯科医院が出来て一喜一憂していた(一喜はしないか(笑))時代は過ぎ去った。まともな歯科医院だけが生き残るようにロードマップが出来はじめている。護送船団方式の最悪の結果が今回の日歯の事件だ。fun & studyがワシらの姿だとして、fun&no sutady ではやはり質が違うのである。新しい風を見極める能力を持った人が次世代をになうのは間違いが無い。隣に歯科医院が出来たら手放しでお互いに喜べる歯科医療システムこそこれから必要な事ではないかな。。

なだ万の社訓であるいつもの話で申し訳ないが

老舗はいつも新しい・・・・・・これは歯科学問にも言えるのだ。



日曜日, 10月 25, 2015

怒濤の1週間と吐き気

日曜日、良い天気で自転車。大変気持ちがよござんした。自転車乗るようになると体調の変化があると以前書きましたが、ワシなんか、週1で乗るか乗らないかだけなのに、すごく腹がへって、ぐぅ、となるようになりました。それに加え、夜10時過ぎに眠くなってきます。呑んでるとアタマがパーになってますからそうじゃないんですが、通常だとものすごく眠くなってしまいます。

以前、ワシの真骨頂は「寝ないで雑用の仕事する」だったのですが。。今は結構きついかも。来週、某銀行の職員相手に講演するんですが、プレゼンのキーノート、夜中創ろうと思っても眠くてなかなか出来ない(笑)。

青森の行き帰りの連続で、今週はあっという間に過ぎた。
昨日土曜夕方から、自称ジャーナリストS氏の「怖い、歯科患者の苦情」なる講演会を聞きに行きました。表題が面白そうだったので、かねてから行く予定だった東大でのリスクマネージメント学会の「歯科医療とリスクの管理」をキャンセルして参加でした。

いやぁ久しぶりに「ク○のような話」に出会いましたなぁ。聞いているだけで匂いで吐き気がするほどのひどい話しでした。詳細を書くと気持ち悪くなるのではしょります。
苦情とは本来コミュニケーションの行き違いから来るエモーションの発動形式です。日本医大のリスク管理マニュアルの中に非常にわかりやすくまとめてあるわけです。
しかし、今回の講演の中心は「歯科医師としてのプライドのかけらもない、どうでも良い歯科医師が、あまたクレーム・苦情から生き残る方法」とでも言うのでしょうか。

政治家やタレントや反社会勢力との交友を誇らしげに語るその姿は、もうすでに人として話にならないつまらない人間であるとほとんどの人が見抜いたか。そういうどうでも良い奴に頭下げてまで、この医療を続けるとか、ワシはありえないが、彼はデパートの苦情相談係。気持ちで土下座してでも顧客を確保するのが仕事なら仕方ないか。そして、患者も客と同じと言い張るそのレベルの低さに「こいつ頭悪すぎ」と、思わず独り言。

言っておくが、患者は客ではない。ましてや消費者ではない。そのポリシーは開業以来27年間ワシは崩していない。

苦情の無い医院は滅びるんだそうだ(笑)。レベルの高い医院にはレベルの高いクレームが来るんだそうだ(笑)。そういうことを誇らしげに話すこのレベルの低さが彼の人間性なのだとしたら、この人どんな歯科医師とつきあって居るのだろう??、と誰でも感じるでしょう。

要は、「お客様は神様です」と言う過去の異常な権利意識を生んだ背景が理解できず、お客=患者という理論に矛盾を感じることなく、どんな種類の人間でも顧客の数の確保が歯科医院の繁栄という。旧態依然とした理屈から抜けられていない昔の人の話。

欧州や米国の多くのDr.からワシが個人的に色々聞く限りですが、今回、世界的にも異常な日本のこの状況を鋭く切ってくれるかと思ったら、こんな話。ある先生が「えっ?真面目に聞いてたの?すごいなぁ」だって。大人になれないダメなおいらでした。










火曜日, 10月 13, 2015

ICOI APセクションからのメールに違和感

20年以上前から所属しているインプラントの学会がある。ICOIと言い、偉大なるKMYM先生曰く「構成員がよろしくない」学会だ(笑)。
かつて若かりし頃は世界大会で積極的にスピーカーもやらせてもらったし海外招聘Dr.のシンポジウムの座長も務めたこともある。海外で行われるICOI学会は可能な限り沢山参加した。同レベルくらいの世界中の開業医と友達になるのが楽しかった。

数年前から何か違和感を覚え始めた。国際学会でも参加すると顕著に感じるどこかの徒党を組む日本人グループ?の違和感。それが何かは言わないでおくが、昔から参加しているワシなどは大きな違和感を覚えている。サティフィケートが欲しいわけでもなく、指導医とか認定医とか頑張ったおまけのようなもので、純粋にインプラントの情報を収集するのが目的だっただけに、なおさら不思議な感じを覚える。


そんなICOI AP(アジアパシフィックセクション)からメールが来た。11月に行われるカンボジアシェムリアップでのアジア太平洋部門の学会で、学会マネージャー(歯科医師ではない)がカンボジア近代史に衝撃を受け(今更ですか)学会として何とかバックアップできないだろうかという話。
おもしろいですね。わしらはインプラントの学会です。シェムリアップでさえ資格のある歯科医師は3名しか居らず、50名以上の無資格診療所が横行している現状はご存じ?
カンボジア自体、ポルポトから生き残った数名の歯科医師がヘルスサイエンス大学歯学部を立ち上げ、混沌とした自国の歯科医療再建に立ち上がったばかりで、国内は300名ほどの国産歯科医師と数十名の外国産歯科医師でまかなわれているのが現状ではないのですか。

マネージャーはガーラに参加させたいので拠出金を会員に募集しているのだが、目的は何だろうと考えてしまいます。ICOIの会計報告をワシら平会員が目にすることは少ないとは思いますが、そこから拠出せず(たかが招待パーティー費用)あえて集めるという意図は何ですかね。マネージャーがそこまで感銘を受けているのなら、個人でばんばん出せば良いでしょう。例えば誰かがフェラーリとか高価な車とか売っちゃったら結構な寄付になりますねぇ(笑)。

なぜここまでわしが言うかと言えば、インプラントのような近代歯科医療はこの国にはまだ全く必要ではないと確信しているからです。その前に公衆衛生と基本的歯科医療を隅々まで浸透させることが、本当にこの国のことを思うのなら今必要なことです。一部のお金持ちのためのインプラントが本当に今必要なのですか?
毎日歯ブラシをする習慣がほとんど無いけれど、欧米の食文化は津波のように押し寄せてきている現状で、インプラントより公衆衛生が重要ではないのですか。仮にそのために寄付を拠出することを会員の誰が反対するのでしょうか?

どうも、世界中からこの混乱-発展途上に乗じたビジネスチャンスを喰いたい奴が見え隠れして、本当にカンボジアのことなど心配しているのか?と言う輩がとても目立ちます。

今年5月、シェムリアップを訪れ、地元の若者に色々話を聞きながら肌で感じたカンボジア歯科医療へのワシの思いですけれど。。
だからいきなりのメールに、ものすごく違和感を感じた次第です。
本気でカンボジア歯科医療に向かい合っているNPO法人などに対して、これでは失礼じゃないのかねぇ、、、等と考えたりしました。






木曜日, 10月 08, 2015

ノーベル賞の成果

午前中、インプラントのオペ中にかけている曲にチューリップの「青春の影」が入りなぜか手が止まる(笑)。今月はインプラントのオペ多いから曲には気をつけようっと。

スーパーカミオカンデなんて夢と希望の塊のような科学。宇宙が好き、素粒子が面白い、それだけの理由でも十分なのですよ。ノーベル賞を受賞した梶田先生の言葉が最高に素晴らしい。
「人類の地平線を拡大する」
感動ものだ。


この言葉を民主党は聞いてるのか?カミオカンデを事業仕分けの対象にしたのは君たちだ。この賞は予算削減前の研究成果だと分かっているのか。民主党による予算削減の罪はこの日本のお家芸とも言える素粒子研究を10〜20年遅らせることだろう。つまり民主党とは日本を本気でダメにする政党だと言うことになる。

高校3年生の時、ワシは理数科だから素粒子理論の話を物理の担任に聞かせてもらった。酷く感動した覚えがある。理論物理学も面白いなと思ったが物理の点数は60点そこそこだったのであきらめた(笑)。興味はあったが試験の勉強苦手なだめなおいら。

そんな高校生3年生の卒業間近の春先、深夜家を抜け出し近くの公園で近所の学友と将来の話をしていた。彼は奇しくも神奈川大学文系進学。へぇ〜無難楽勝、、なんてな話をだらだら。ふと、素粒子の話になってワシは持論を展開した。

ビックバン理論が正しいとして(偉そう(笑))その時万物の元である素粒子は一定方向に広がっていったんじゃないかな。これは宇宙をかたどるだけでなく、そこにもし生物が生まれたとして、その構成細胞やDNAを含む塩基類も何もかも素粒子の方向に影響されるのではないかな、当然それは思考や感情すら一定方向に導くのだから歴史は繰り返すのだよ。
なんてな話。
荒唐無稽のこんな話の中に、一定方向に広がるエネルギーがあったのならそれに対する負のエネルギーも同等になくてはならないはず、だから自分達のこの宇宙の時間軸と正反対の時間が流れる宇宙があってもおかしくはないのではないか、そんな話をした覚えがあるのです。

2008年サイエンス誌に、時間が逆に流れる宇宙の存在を証明する論文が実際に出たとき、それはそれは驚いたものでした。おいらすごくね?(笑)

こう言う科学の夢をかつての民主党政権は否定したわけです。



ぐっじょぶ

中学生の職業疑似体験、通称グッジョブで真面目そうな男の子が一人当院へやってきた。おとなしそうな彼と色々話をしたわけではないけれど、どうやら彼が当院をグッジョブに選んだ理由は将来歯科医師になりたいかららしい。

素晴らしいじゃないか!!

歯科医療の魅力にとりつかれて久しいけれど、やぁ、自分のことを考えたとき、、えっと中学生の時何になりたかったかなぁ。。。

テレビで海洋調査船のクストー船長とカリプソ号のドキュメンタリーが大好きだった。世界の海を股にかけ様々な海洋調査を行っている夢を何度も見たものだ。海が好き。で、北杜夫のどくとるマンボウ航海記を何度も何度も読んだ。医者として世界の海を渡るのも悪くないと思った(笑)。

東京商船大学は実技試験の水泳とかあって挫折(笑)。裸眼で1.0以上とかで挫折。何より偏差値で挫折(爆)。じゃあ、来年狙うかと言っても共通1次試験の最初の年だから高校のカリキュラムは異常に不利。東海大の海洋学部は試験科目が少なかったので理数科としては有利。でも、親が猛反対して挫折(笑)。海とは関係ない歯学部を受験する事になったのはぎりぎりで現役ではやや無理。結局ヤクルトの初優勝を浪人時代に経験することが出来たのだけれど。。

で、歯学部は山より海の近くが良かった。横須賀の地は海軍の基地だったため巡洋艦や米軍の戦艦がいつも見れた。のりてぇ〜なぁ、と言う夢は、陸に安穏としているからの甘えなんだよと誰かに叱咤されたのを覚えている。

で、結局歯科医師になって最高に良かったと思っているが、海洋調査船の夢はもう見ることはないね。

グッジョブの彼を見てふとそんなことを思い出したのでした。
頑張ろう、立派な歯科医師になってウチに来ないか??



火曜日, 10月 06, 2015

日本人は素晴らしい

先週、FBでも紹介しましたが、藤沢の茂木先生をお呼びしてHERZ会の定例会議で「障害者歯科運営」に関するヒントをご講演頂きました。総括すると、日本人って、採算度外視でもやらなければならないという倫理観に触発されるととりあえず動いちゃえって言う性質があるのでしょうね。そのバックボーンは後ろに控えているみんなの心の支えのような気がします。
逆に起業する人が先進国の中で一番低い割合だと言う事は、心の支え以上のバックボーンがお金に取って代わることを意外と避けているのかもしれないなと言う事なのかなぁと。


今回のノーベル賞、素晴らしいです。大村先生は特許を放棄しています。無償で10億人分のイベルメクチンを提供しています。特にアメリカ人にはまねできないでしょう(笑)。だつて、バックボーンが心なのか、お金なのか。日本人は素晴らしいですね。

そんな日本人のノーベル賞に対しての韓国の反応が大笑いです。「ロビー活動でもらったノーベル賞がそんなに嬉しいか」。まさしく最低の民度ですな。自分たちのことを言っているのでしょうか。ノーベル賞がどういう経緯で受賞するのか理解できないのでしょう。逆に、仮に韓国の研究者がもらったとしてそういうことを言う日本人はまずいないと思いますが如何でしょう。日本人は素晴らしい。
米国各地での韓国移民や韓国人の慰安婦関連の恥ずかしい限りのロビー活動は、彼らには当然のことという意識があるのです。だって小学教育からの反日洗脳ですから仕方の無いことでしょう。韓国はこんな反日教育にものすごい教育予算を組んでいます。そんな国ではノーベル賞などまず難しいのでしょうね。
次男のスイス時代の同級生で韓国歯科医師の息子がいました。父親は米国で開業しているようです。なぜ国内で開業しないのかというと、海外で歯科医師ライセンスを取り海外で開業することが彼らのステータスらしく、それは日本の歯科大学卒業も同じ。と言う事は、一定の優秀な韓国人達は自国をあまり好きではないと言うことになりますし、反日で騒ぐことも良しとしていないことが分かります。自国を愛せないから他国を卑下する、、、おかしな国です。

スエーデン帰りなので(笑)そこもちょっと。北欧の手厚い福祉は、良く日本でも共産党あたりから見習えという話が出ます。ワシのような福祉の現場の人間から言わせれば、お笑いぐさです。福祉はお金が非常にかかると言うことを忘れていませんか?北欧の税負担率は60%にも及びます。消費税は25%です。5%10%の消費税で騒いでいる政党が何を言う。
場当たり的なきれい事ばかり並べるこういう政党が力を伸ばすと言うことがどんなに恐ろしいことなのか若い衆は理解していないのだろうね。
こう言う潤沢な税の元実現できる福祉政策と比較すること自体意味が無いじゃありませんか。じゃあ、米国?本人や家族の負担がとんでもないことを理解している以上、日本はとてもバランス良く65点の福祉を実現しているわけで、それじゃあダメなんだろうか?100点目指すにはお金がかかる。それだけの話。

医療も福祉も、改善するべきはそれなりにあるのは当然ですが、日本は素晴らしいバランスなのです。





月曜日, 10月 05, 2015

昭和53年ヤクルト初優勝から37年7度目!!

金曜日は久しぶりに体が震えました。14年ぶりヤクルトセリーグ優勝です。今年は5月頃の9連敗で、ああ、今年もダメかな、応援は控えよう、、、と言うのが効いたようで(個人的に勝手に)9月からの快進撃は身震いするほどの強さでしたが、見て見ぬふりをしていました。なんてったって、ワシが強く応援すると負けるというジンクスはまだ健在のようだからですね。

思い起こせば昭和53年、できの悪いワシは池袋の今は無き英進予備校に通っていました。サンシャインビルが竣工した年でもあり、できたてのサンシャインビルや付属ビルは隅から隅まで知り尽くして、ま、庭のようなものだったかな(笑)。しかし、当時の池袋は山谷から流れてきたような人たちがまだ沢山居りました関係で、おしゃれな店は駅ビルのデパートとパルコくらいのもんで、路地に入れば激安の食堂とか(ライス30円味噌汁20円とか)健在でありましたな。だから余計にサンシャインビルは輝くような超高層ビルだったんです。

小学生の時からヤクルトファン、というかサンケイアトムズが好きで、(さすがに国鉄スワローズ時代は分かりませんけれど、ワシの祖父は国鉄だったからなぁ(笑))周りの巨人ファンだらけの田舎では異質な存在でした。
そんなワシの念願の初の東京暮らしは、なんとしても神宮でのヤクルトの試合を見に行くことでした。しかし、カネがない(笑)。外野席当時500円くらいだったと思うけれど、寮費別の仕送り2万円の当時のワシは無理な話。とりあえず勉強するしかなかったわけです。しかしその年のヤクルトの快進撃はとんでもなかった。とうとう優勝が決まる中日戦の神宮外野席をゲットして目の前で松岡投手の胴上げを見たもんなぁ。。
ヒルトン、船田、若松、大杉、マニエル、杉浦、大矢、水谷、松岡、安田、、
懐かしい。。。。

そんなヤクルトが優勝したんだものそりゃ嬉しいですよの、金曜日。山形のにいちゃんとはヤクルトで知り合ったと言っても過言ではないお互いヤクルトファンだから、近くにいたら朝まで酒盛りだったろうなとちょっと悔やまれる。が、本当におめでとうですね!!

土曜夕方から急用で東京へ。日曜の午後少しだけ時間があったので、、お銀座などへ(笑)。

なんだよ、、ここは、、支那かよ、、。。