土曜日, 12月 19, 2015

誰のための治療なのか

都内近隣千葉県市川のST先生に患者を紹介した。

当院で長きにわたって、一般歯科治療およびインプラント治療後総合管理していた患者さんだが、都内にお引っ越し。最初に紹介した近いだろうと思われる診療室がやはりやや遠いと言うことで、ご自身でメインテナンスを含む管理を銀座の有名歯科医院にお願いしたらしい。
そこでは管理とはほど遠い多くの再治療を企画されたようで非常に困惑して当院に電話がかかってきた次第だ。ペン大歯内療法出身のお偉い先生が見てくれるそうで歯内療法のみで総額280万の見積もりに驚きとともにその必要性を訪ねたところ、以前の歯内療法に問題があるとのこと(ワシの治療だが(笑))。結論から言えば、ワシの診断なら甘く見るとかそういう基準ではなくとも再治療の必要性はないはずだが、、、くだんのST先生曰く、「何も問題ないですよ」。加えてその後補綴を提案され(当然だが)その費用は青空天井となる。きっかけはメインテナンスなのだが。。。。。



ST先生も以前から「歯科医のための歯科治療の横行」を危惧しておられた。まさしくその現場に、ワシが以前見させていただいていた患者さんは巻き込まれた感じ。どれどれと、そのすんごい医院のHPを拝見。素晴らしい経歴の先生方がお並びになる。が、医療哲学としてこれでいいのだろうか。

海外の学会で、特にアメリカの学会で目の当たりにして困惑する事例。そう、この治療は本当にこの患者にとって必要なのか?もしその治療を行わなかったとしたらこの患者はどれほどの不幸の道をたどるのか?こういうことが見事に欠落している。かつてこういう「歯科医師の事情の治療」事例に真っ向から反対していたテキサス大のDr.MFはもうお亡くなりになったが、彼がワシが送迎した車の中でそういうことをつぶやいていたのを思い出す。一世を風靡するDr.D・Tのペリオインプラントサージェリーも、日本なら術前のなんとも考えられない最悪の口腔内からの、、素晴らしい結果を残しているのだが、これこそ彼らの国の歯科医療哲学の社会保障の大きな欠落ではないのか。零点か100点なら100点がいい。しかし、65点から100点ならその差がどれほどのものを持ってしてその患者の一生を左右するのか、リスクマネージメントを含め日本人なら考えるべきと思うが。

当然、将来に対する予知性の判断基準は医師により若干左右はするかもしれない。当然当院でも患者に対してそのプレゼンはする。しかし、それは世界で唯一の社会保障から来る65点治療を覚悟的低リスクで提供する事に何の異論も無いはず。現に当院にはそれでフルマウスコンストとしても20年オーバーの患者は沢山いらっしゃるのだ。リスク回避のお手伝いを惜しげも無く提供した結果だと思っている。そして100点治療も当然20年オーバーが沢山いらっしゃる。当然と言えば当然。が、その中には、そこにたどり着けなかった方々もそれなりにいるわけで、どんな事情があろうがそれを端から否定するのだろうか。

都内のこういう歯科医療の特徴は、社会保障の低評価をほっとき、それを否定する上にご自身のとてつもない神々しいと勘違いする治療が存在しているわけで、明らかに、患者のためではなく歯科医師自身の為の治療に他ならない
ST先生のお怒りにまさに同意するわけです。そのST先生、、、
数十万請求のマイクロ歯内療法専門医が「私はベストを尽くした、これ以上は出来ない」と患者を放り投げ、しかし耐えられない痛みを伴うこの患者のマイクロエンドをいともたやすく(?ごめん)やり直している。
スーパーGPの仲間達を、なめるんじゃないよ(笑)。


水曜日, 12月 16, 2015

雑感あれこれだが、、

年の瀬も押し迫ってきた、、と言うにはやや早いが、青森出張の新幹線の中。
若いリーマンとおぼしき出張?かなという感じの兄ちゃん。前の席でイヤホンからキャンキャンぎゃんぎゃんうるさいのなんの。周りを全く気にせず恍惚の貧乏ゆすり。あまりにひどいので背もたれを小突いた。無反応。う〜んやるな。少し大げさに揺すった。無反応。テーブルを上げたり下げたりばたばたした。無反応。
こいつ確信犯だ。(確信犯:この場合は本当の意味からすると正しい使い方ではないが彼は何か政治的な正義を持った上でのカシャカシャ暴力なのかもしれないと気を利かせて)
新青森に着いた時、ワシはこいつをガン見しようとするが、きゃつは絶対に目を合わせない。ワンコが悪いことをした時にふ〜っと目をそらすかのように視線を合わせようとしない。苛立つワシというおじさん。
なんかしらんが、、「負けた」と思って新幹線を降りた。

シールズがシンクタンクを作るらしい。ま、頑張ってちょうと言いたいところだが、この組織結構金がかかっているようだが、一体どこから?まあ、共産党の青年部が大半を占めているらしいので潤沢な資金源なのだろう。本当に共産党っていやな政党だ。正体を隠して金をまき、賢くない適当な若者を洗脳して国家転覆と革命を画策するこの組織が、次期選挙でまた票を伸ばすようなことがあれば日本は支那の手先になるだろう。
シールズじゃなくて「志位るず」と改名しては如何か。美辞麗句の民主主義をまき散らしながら本当は共産主義を画策するなんぞ、まさに、まさに。

明治維新という過ち、、と言う本をまたまた読み返してふと思った。スタンフォードの西氏が坂本龍馬の資金源がグラバーだと言っていたけれど、確かに武士などとおこがましくも言えない愚連隊もどきの連中の武器、旅費、食い扶持その他諸々相当な金がかかっているはずだが一体どこから金をもらっていたのかという疑問は解決した。
で、この本の中に坂本龍馬は東インド会社の営業マンという記載が。歴史を具に検証した人たちは、皆口をそろえて同じ事をおっしゃる。テレビやマスコミの英雄的バイアスを排除しているからだ。グラバーは東インド会社の上海支店長、いわば実質的副社長。彼らはアヘンで気の遠くなるような金を手に入れた。その金で、次なるターゲットである我が国を何とかしようと試み、坂本龍馬という営業マンを仕立て上げ幕府は転覆、そして今、彼らの思う通りの偽りの日本が出来上がったというわけだ。大久保利通らが英国の手先と見るや反旗を翻した西郷隆盛に、会津の真の我が国を思う気概がオーバーラップしてやまない。

今週は家に居る夜は火曜だけ(笑)。出張会合連荘の、、人でなしの一週間となる。。

火曜日, 12月 08, 2015

大人頑張れ

子供頑張れじゃない。大人頑張れだ。

東芝が、白物家電部門を支那の電気屋に売却するかもしれないという。なるほど、こう言う大人な判断が目先勝負に出て未来を潰すのだ。ワシは詳細は分からない。だからなおさら残念で仕方が無い。支那に売却とか、お金の問題以上に、日本人のモノ創りのプライドと気概がもう忘れ去られているわけで、そんな日本の大企業に今の子供達がどんな魅力を持つというのか分かってない、そんな大人の話。だめだね、こう言う体質だから結局ダメになると分かっていないのかな。ああ、だからダメになったんだっけ(笑)。

こゆの、ワシらの業界も形骸化しないように気をつけなければ大変だ。

25年後歯科医師数は6000人ほど不足するらしい。あのね、もう足りないよ。歯科の老人中心の業界団体が一生懸命厚労省に懇願。歯科医師過剰だ!!と。毎日新聞の記事で「う蝕の減少が多すぎる歯科医院を直撃」とか。ピントずれてるなぁ。。
ま、おかげで抑制はされたらしいが、どっこいワシは兎に角非常に困っている。未来を忘れた若き歯科医師達がニヒリズム歯科医療へ走っている現状をみんな知っているのだろうか。。。
つまり、、、バカじゃないの?歯科医院が多いと困るという発想から何十年も抜け出せない業界団体 もそうだが、それに同調する残念な歯科医師のなんと多い事か。パイの取り合いとかマジで未だにそんなことを言うのかと驚く。

隣に歯科医院が開業してこんなに嬉しいことはないじゃないか!というシステム作りとか、発想も出来なかったしもちろん創れもしなかった。それが今の歯科の現状。責任は明らかにどこかにあるね。
この間も書いたが、「お客様は神様です」という発想から「お客=患者」という発想へ。そして、「数の確保が繁栄」となって「なりふり構わないプライドを捨てた集患」となって「おかしな事は隠して謝り倒す」というお馬鹿な発想に同調してしまう歯科医師達のなんと多い事か。

医療は消費ではない。だから患者は客ではない。こんな簡単な論法が理解できないようだ。これからの歯科とは、確実に生涯健康と密接になるだろうし、もっと人(SOMA-PSYCHE)を知らなければならなくなる。医師がいつまで経っても、(今のうちのホームのとある入居者の主治医でもそうだが)びっくりポンの「そんなことは医者が決める、余計な口出しはするな」と威張り散らすのも仕方が無いか。だって歯科医師があまりにもふがいないからかな。そういう域まで歯科はまだまだ可能性を秘めているのだ。そういうことを未来に向けて行動することが必要なのだ。






火曜日, 12月 01, 2015

現実から目を背けることが現実なのか?

日常から少し離れると、ますます見えてしまうことがいいのか悪いのか。

奇遇にも、長男の嫁は会津の流れをくんでいた。びっくりぽん驚いた。今読みふけり何度も読み返す幕末の歴史検証本で感じた「西日本が作った現代社会」は間違いだったのかと今更ながらに思ったりした。歴史にたらればはあり得ないが、もしかしての話。戊辰戦争で一番悲惨だった二本松と会津の話。勤勉潔白が産んだ悲劇だっただけに、同胞として悔やむのであるが、三春の裏切りだけは許せないとか(笑)関係ないけど(笑)。。
素晴らしい素敵な結婚式だっただけにこれからの将来がますます持って楽しみではないか。

そんな折、同性愛者は異常だとどこかの議員さんが酔っ払ってツイットしたのが大騒ぎになっていた。ワシは口腔診断という授業を受け持っているが、異常と正常の区別とは差別ではなくエビデンスに基づく生物学的判断から来ておりこれがなければ診断と言うことができない。つまり、生物学的に特にほ乳類においては同性愛という本能的生殖能力の欠落は異常なのである。
ところが、異常=差別=人権侵害という方程式がいつの間にか世の中に蔓延しており、左傾マスコミも大好物。なぜこうなったかと言えば、はっきり言えるのは大衆の「無知」とそれを後押しする無知な有識者から来ている。大衆がなぜ無知になったかというと、彼らの教科書がマスゴミであり知識を正しく受け取る機会が激減したからだろう。シールズが政治参加と称して大騒ぎしているが、その読み書きから判断するに彼らの社会知識は虫けらほどしか無い。それが悪いのではなく、そういう機会しか与えられなかった悲しさなのである。そういう連中と手をつなごうとしている民主党もいよいよ終わりかなと思うが。

繰り返すが、異常であることが差別だとどこの誰が言い出したのか。そして差別が悪だとどこの誰が言い出したのか。同性愛者は差別はされるがどう考えても人権侵害に当たるとは思えない。そういう見かけ上の優しさに紛れて満足している誰彼の顔が見えてくる。「障害者」を「障がい者」と記載する得体の知れない満足感は当の本人たちには全くもって関係が無いと当事者の意見だが如何か。
得体の知れない人権という見せかけの正義が世の中をおかしくしているのは教育の現場でもしかり。要するに親の無知や知識のなさが最後の最後にぶら下がる人の権利と言うほか無いのか。幼稚園保育所を含む大学までもの教育現場の荒廃が誰のせいなのかはすでに明白ではないかな。そう、無知な大衆のせいなのである。大衆とは庶民が偏向洗脳教育を受けた結果だ。庶民感覚と大衆感覚はまるで違うことは覚えておこう。

差別とて、動くヒエラルキーともいえる豪華客船の平等とは?大笑いである。飛行機のファーストクラスは優先搭乗で座席もかなり広いがエコノミーと差別している悪なのか?新幹線のグランクラスは通常席ではないが差別ではないのか?
そもそもに目をつむり、見かけの平等と差別意識から来る人権侵害の肯定に酔うとか、頭悪すぎにもほどがある。

諸君、、いい機会だから、目を覚ませ。。ワシのようにネット上だろうがどこだろうが、実名で本気を話している人間が一番優しいのだ。