木曜日, 1月 14, 2016

岩手の袖引き小僧

数日前、所用で出かけた花巻に宿泊しました。メシ食って風呂入って酒飲んでテレビ見て寝るかなぁ、、という感じで寝たわけです。明け方、何やらの物音で目が覚めました。

ところが体が動かない。いやいや、久しぶりの金縛り。この年になって金縛りとかに遭うと死ぬんじゃないかなーとか一瞬思うわけです。
若かりし頃、特に予備校生時代頻繁に金縛りに遭い、住んでいた寮の部屋を換えてもらったり。なぜかというと、その部屋の押し入れの裏側にマジックインキで怨念の遺書のようなものを発見驚愕、噂では電気コードとタイマーで自殺した予備校生が居たとの話。いやな感じだわ。そんな話を知らず、電気コードで体をぐるぐる巻きにされ耳元でささやく恨み節を聞きながら何度金縛りに遭ったか(笑)。

水木しげる先生の袖引き小僧図
素敵な金縛りなんぞと言うのは、小脳が爆睡していて大脳辺縁系が元気に起きてしまっているときにおきる。しかし、こう言う経験をすると一概に科学的なことだけでなく、なんか違う世界が窓開けてるんじゃないか?と考えちゃうわけです。だから多感な若かりし事に頻繁に出会ったのかもしれないなぁ(笑)。

さて、花巻でどうなったのか。金縛りに遭っただけではなく、もちろん声を出そうとしても声にならないのは、金縛り経験グループなら周知。今回はそれに加えて、手を引っ張られたんだなこれが。強く痛い程ではなく、小さな子供が引っ張る感じ。二度ほど引っ張ってもワシは金縛っちゃって動けないんだもの無理だと分かったのかベッドの下に潜り込んでいった。そのときの音をとてもリアルに覚えている。そう、かつて我が家にいた故ロビンというゴールデンレトリバーが旨そうな匂いをかぎつけドタバタと上へ下への大騒ぎするあの音だったが。。。う〜んなんだらう??

鳥取には昔、「袖引き小僧」と言って、夕方薄暗くなるとどこからともなく現れた子供が袖を引っ張って、えっ?と後ろを振り返っても誰も居ないし姿は見えないと言う妖怪が居たらしい。繁華街を歩いていると袖を引かれてなにやら怪しい店に連れ込まれることもあるらしいが、そう言うのじゃなくてね。

花巻で出会った素敵な金縛りは、どうやら岩手の袖引き小僧だったのではとか、ぼんやり考えていました。


月曜日, 1月 11, 2016

スマホメモじゃなく手書きメモ

正月もあれよあれよという間に過ぎてしまい、もう成人式。この1週間だけでも本当にいろんな事がありましたが、まさしくこれは今年を象徴しているのかな。。。
なんて、書きためているメモをぱらぱらとめくる。ワシはどんなときでも赤のモレスキンの小さいノートを持って歩いて、デジタルじゃなく手書きで何でもかんでも書き留めておく癖を2012年からスタートさせた。



これがなかなか面白い。まず気が付くのは、自分が何て漢字を知らないんだろうと言うこと(笑)。普段PCにばかり頼っているせいか、とんでもない常識的な漢字が出てこないときがある。やばいよね、これは。いろんな所で恥をかく可能性があるので、やはり手書きを残しておかないとね(笑)。
あと、面白いのは、何でもかんでもカテゴリーごっちゃで書き込むから、自分の頭の中が観察できる。学会の聴講メモから電車の中で気が付いたことまでごちゃ混ぜに書き込んである。その中で問題解決したら斜線で記録しておく。意外とワシはバカだなと思うときが多々あるね。

そんな中での一月の初めのメモ。一体どういう状況でこれをメモったかは覚えてないところが良い。

どこどこの何々が好きだ、、、、と言う言い回しが苦手。
と言うメモ(笑)。あはははは、ブランドとかに全然こだわりがないから、メシでも車でも洋服でも、なんかかっこよけりゃ、旨けりゃ、なんでもいいんじゃね?と言うスタンスなので、マニアックな会話は非常に苦手です(笑)。ということだろうなぁ。しかしその割には気が付くと結構高価なモノを使ったり持ってたり。一見矛盾しているのはその名前じゃなくモノを見るからか?なんちゃって。

米国ー料金を多く取ってもサービスを充実させよう
日本ーなるべく経費を安く済ませて料金は安くしよう
これは何のことだろう??(笑)米国と日本の社会性の違いだろうな。医療で言えば、確かにその通りだと気が付くし、米国にかぶれると良くこう言う話しを耳にするわ。要するに、対象となる人によるわね。ぷっ、米国ーお金があるという前提の発想 日本ー貧乏だと言う前提の発想 と言う事になるなぁ。さすが米国(笑)。

最近の経営コンサル、歯科では回らなくなってとうとう内科に手を出してきた
ナニ読んでたのかなぁ。まあ確かに色々他にもメモっていて、「スキナーの成功の9ステップ」が所と言葉を換え啓発セミナーのごとくなっているらしい、、とかね。あるいは、色々な医院のHPに掲載してある患者の感謝の手紙って、自費診療しかないのはなぜ??とか、おもろいメモだわ。

歯科医師不足の背景
高齢化に伴う需要の拡大、専門細分化を望む歯科医師、患者の求める歯科医療の高度化、医療のコンビニ的利用。若い歯科医師のさらに拍車がかかってきている東京志向。
おぉ、すごい真面目じゃないか(笑)。その通りと、自分に相づちするワシって、、(笑)。

今年はまた新しいプロジェクトをスタートさせる。今年の目標を決める。
何のことかなぁ。





日曜日, 1月 03, 2016

山梨問題盛り上がってきて嬉しい

山梨の不当なレセプト審査問題がFBも絡んで盛り上がってきたのでもう一度確認し不足分を追加したい。厚労省、基金、国保連合はよく読んで頂きたい(笑)。

基本検査は、山梨においてはナニもせずともスケーリングを算定する免罪符、、、、とまで書いたら怒られるか?(笑)。本当に真面目に臨床に取り組んで居られる諸先生方にしてみれば、基本検査からのスタートのナニがおかしいのか?と言う疑問、もっともである。様々な背景により基本検査スタートの何の問題があろうか。
が、ワシが問題にしているのは、その免罪符ほしさに正規の精密検査を受けられる市民が蹂躙され不当に扱われることに納得している山梨歯科医師の現状を憂うわけだ。その証拠としての、初診時の精検の扱いたるや目を覆うではないか。

世界中のどこを探しても、歯周病の検査が2種類ある国をワシは知らない。ましてや病態に応じて簡単な検査と精密な検査が存在する国も知らない。勉強不足なら謝罪するが、ワシの訪れた20カ国ではお目にかかることはなかった。で、日本の歯科医師は言う。
「保険診療は色々あってね、そのかわり最後は自費で頑張れば良いんだよ」
何という横暴だろうか。誰のための治療なのか。保険診療がまるで異質な特別な診療体系であるかのようなこの発言をする歯科医師は多い。こう言う人たちを厚労省官僚は影で「やはり歯科医師はバカだなぁ」と思っている。だから「精密検査だけじゃ理解できない歯科医師が居るからバカでも出来る基本検査を用意しとけば良いんじゃない?」

疾病治療と再建治療の峻別が出来ない歯科医師達は保険診療を担保にしているくせにその治療を否定する。まるで「クレタ人は嘘つき」論だ。
そしてその否定の上に自費の診療を持ってくる。いや、端から自費のみで成り立たせている歯科医師は至極立派だが、あくまでもその歯科医師はただの御殿医。社会に貢献しているとは考えられないし、当然その先生も知ったことではないだろう。個人主義で行う医療だもの。それはそれで否定はしない。
だがワシは到底賛同できない。どんな偉そうな厳しいことを言っていても全く賛同できない。そういう偉い先生は昔から居るが(笑)。とことん大嫌いだ。

しかし、そういう臨床哲学と今回のような非常に社会性を加味しなければならない哲学とには、日常を生き抜いて仕事をしているワシらのような最前線歯科臨床医には大変な問題であると認識しなければ、次世代までも「保険はグレーな部分がある」と意味不明の伝承を残してしまう愚を覚悟しなければならない。

診断して当たり前のことを当たり前に処置する。例えばエンド。この点数では材料的にも赤字になるから患者に知られないように手を抜こう。。。。こんな事をまかり通らせるシステムに問題があるはずなのに、その改善取り組みを全くしようとしなかった老害とも言える過去の歯科医師を、(ハウツーのセミナーは結構だが)そんな人たちをワシは本当に恨んでいる。じゃあおまえはどうなのよ?と問われるだろうが、当然表には出ないけれど厚労省に実現改善させたものはありますよ、だからこそ言っている。

だから、今回のようなケースでもシステム的欠陥なら沢山声を上げ改善させなければならないでしょう。これは誰のためではなく、患者のためというそもそも論なのだ。

さあ、偉い先生方、、かかってきてください(笑)。
ていうか、偉い人はこゆの「こいつナニ吠えてるんだ?」とほっとくかぁ(笑)。






金曜日, 1月 01, 2016

新しい年に向かって、山梨歯科問題再燃(笑)

昨年は12月19日という中途半端な時期にブログ更新が途絶えてしまいました。理由は、連日の会合(爆)とドクター不足かな。

本年はさすがに元旦になんとかしなきゃね。

年末、かつての勤務医が、嫁に帰省についてきたので一緒に呑みました。
まあ、またレセの審査がおかしいという話になりまして(笑)、色々話を聞きましたが、山梨県の審査担当歯科医師はアタマがおかしいのでは?と言う感想がますます出てきましたね。加えてそれに甘んじる多くの山梨歯科医師への疑問。逆らうと行政指導の対象にするとささやかれ脅され、、、、個別指導がそんなに恐ろしいくらいいい加減なことをしているのか????

相変わらず、初診時の精密検査を認めないとか、歯科医師会を含めた審査側が療担規則違反を犯している事に気が付いていない山梨の歯科レセプト審査会です。おまけに、審査会が精密検査を算定するとレントゲンを送らせたりと、越権行為も何のそので、厚労省は把握しているのか?この異常な状況。歯科医師会が無能であることは間違いないが。あげくに、又聞きとはいえワシの逆鱗に触れたフレーズ。

「以前勤務していた青森では、精密検査を行えば問題なく精密検査を算定できるがなぜ山梨ではダメなのか?」
と言う問いに対して、
「青森は被災県だから、算定を甘くしてめぐんでいる」

      ワシ→「びっくりポンや!」

おい、山梨の担当者。青森を馬鹿にするのもいい加減にしろよ。被災前から精検をしたら精検を算定できるよ。山梨の歯科医療が異常に低レベルなことを知ってての上から目線だろうな。そこまで青森を馬鹿にするならワシにも考えがある。他県のことだから普通はホットクが、ウチで真面目に勤務してかなりの学識をつけてもらった後輩だよ。学術社保質問にまともに答えられないくせに偉そうに青森を「被災した貧乏県」だと涼しく言うその態度が全く許せない。

そもそも、山梨の歯科は誰の為の仕事をしているのかという、ワシがいつも検証する論点から「自分の為だけに」と大きくずれていることに気が付く。山梨県民はまともな検査を受けられず、保険者のワガママのために健康被害に遭うリスクがきわめて大きいのが実態なのでは。

このブログを読んだ山梨県民で「私はきちんと精密検査を受けその内容を説明してもらい理解しています」という患者さんは是非ワシまでメールして欲しい。そして逆に、「検査をしたのかなんだか分からんが歯科医でとりあえず歯石は取ってもらった」と言う方も、その歯科医院でカルテ開示(請求に対して開示義務があります)をしてもらいコピーをワシまで送って頂きたい。

青森県を馬鹿にして、しかも「ふざけたこと」を言って自分の無学と歯科医師の権利に対する非と県民への背徳を隠そうとする担当歯科医師やその組織に対して、ワシはとことん戦うから覚悟しろ。

しかしなぁ、山梨歯科医師よ、あなた方はどれだけ信用されていないのよ。社保のルールは歯科医師性善説から成り立つのだが、信用されていないから算定できないというとんでもないことになっていることに気が付いているのだろうか???悔しくないのか??

拡散希望(笑)。

正月早々めでたい話しじゃなくて面目ない<m(__)m>
さぁ、今年も面白くなりそうだ。