月曜日, 2月 29, 2016

過ぎ去るブームと哀愁

日曜日、久慈市の琥珀の山にある「レストランくんのこ」で昼食をとり、少し時間があったので、かつてアマちゃんブームの時は交通規制までしていたロケ地の小袖海岸に行ってみました。崖崩れか何かで、海沿いの道は通行止めになっていて、険しい岩手県北の道をぐねぐねと上がったり下がったり、通常の何倍も時間をかけて向かったのでした。










小袖海岸はワシは多分40年ぶりくらいだと思うが、、、どんなに開けたのだろうとちょっと期待していたというかあまり興味が無かったというか気にしてなかったというか(笑)。

海女センターはこちらという矢印の看板を頼りに進むのでした。とんでもない山の中に「海女センター」と
か看板を見ると、もしや宮沢賢治の世界か?と不思議な感じになるのです。









小袖海岸に何とか到着。一瞬海女センターを見過ごしてしまい、帰路についてしまい、しかしまた戻ったのでした。ほとんどひとけの無いセンターの2階には「海女cafe」なる一角があるのでしたが、営業はしていません。寂し〜い感じ。ブームのひとときなら、それはそれは大変な人で賑わったこの場所も、すでに朝ドラは3シーズンも過ぎてしまい、ワシのような物珍しさからしか来る人はいないのでしょうけれど、驚くかな海沿いの臨時駐車場には3人ほどの誘導係がいても、車は一台もなしという。かつての果てしない喧噪を思い浮かべるのでした。



海は何も変わってはいないのでしょう。北の今の季節の海はとても透明度が高くそして荒々しいのです。じぇじぇじぇの記念碑が海からふく冷たい風にさらされていました。



あと何年したら、こう言う石碑とかトマソンになるのだろうとか考えると、残酷な未来がねたましくも(笑)。そういえば、青森県三戸町に「繭子」像があるのですが、同じです。今時の人なら、何それ誰それの世界です。三浦哲郎原作というのもわからんだろうな。
もひとつついでに、繭子役の山口果林さんは、20年来の安部公房氏の愛人で、最初に倒れた時彼女の家にいたと言うことでスキャンダルに。「安部公房と私」という本で見る若かりし頃の果林さんを見るとちょっとドキドキします。ワシが古風なのか?

そんなことを考えながら八戸への帰路につきました。夕方次男に用事があって電話すると「今新幹線に乗ったから」、、、とか、おまえ今日帰ってくる予定だったのか???




土曜日, 2月 20, 2016

丸山氏発言・・・別に良いんじゃない?

今マスコミや左巻きがこぞって問題にしたい丸山氏の発言を正確に記載すると・・・
「バカみたいな話だと思われるかもしれないかもしれませんが、例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっている。 これ奴隷ですよはっきり言って。リンカーンが奴隷解放をやったと。でも、公民権も何もない。 マーティン・ルーサー・キング(牧師)が出て、公民権運動の中で公民権が与えられた。 でもですね、まさかアメリカの建国当初の時代に黒人奴隷が大統領になるなんて考えもしない。 これだけのですね、ダイナミックな変革をしていく国なんです。」
黒人を馬鹿にしているわけでも差別しているわけでも何でも無い発言。むしろ米国はすごいと言っている。現実の歴史を直視した、いたって普通の発言だが、それを左巻き野党やマスコミがくだらない揚げ足を取りこうなる・・・ 
「例えば、いまアメリカは黒人が大統領になっている。これ奴隷ですよはっきり言って」「まさかアメリカの建国当初の時代に黒人奴隷が大統領になるなんて考えもしない」
これは明らかに、前後の文脈を無視した言葉狩りで、捏造と言われてもおかしくないほどの捏造で、日本のサヨクマスコミ特有の構造。本来の趣旨から全く意味合いが異なるように仕向けるこの卑怯さが、この国を少しずつ蝕んでいるのは事実じゃないかな。次の選挙はこう言うくだらない言いがかりをつける議員を少しでも減らせるように皆が頑張らないとね。     (でも、「歯舞」はきちんと読んで欲しいが(笑)。)

特に、共産党と社民党、民主党左派はこういうのがひどく得意で、あれ、そういうことだったっけ?何てことが良くあるから注意した方が良い。ちなみに、おもしろがってそれに便乗する左巻きマスコミの卑怯さは、あれやこれやと言い続けても、仮にそれが間違いだったとして、あるいは捏造だったとしても、社会的責任は全く取らないのが特徴。ペーパーなら、後日訂正の文書をちょこっと載せて「ハイ終わり」。テレビなら神妙な顔でアナウンサーが「ごめんなさい」ペコリで、ハイ終わりなのだからね。お気楽なもんだ。
ワシなんて、こんな好き勝手なことを書いて、もし仮に大変な間違いで多くの人に迷惑をかけようものなら、、う〜想像も付かないほどの責任を負わされるだろうから、だからみんな慎重にブログなどで意見を言っているのだと思うが、ワシは大丈夫か?(笑・・・・大丈夫(笑)。だって、誹謗中傷じゃないからね。我が国は、意見を言うことは自由な素晴らしい国だからこそ、ワシら一般人はマスコミのような巨大生物の同行を正しく見極めなければならない。どう考えても、これらの言葉狩りが、「自由な意見」とはほど遠いような気がしてならないのです。
この丸山氏の本当の記事こそ中立性を保った正しい報道でしょう。http://www.sankei.com/politics/news/160218/plt1602180056-n1.html

月曜日, 2月 15, 2016

政治参加も色々あるだろうが

驚くほど気温が上がった日曜日、天気につられて海まで出かけた。雪もないし自転車日和かと思いきや、風速20メートルの中、自転車乗るテクミックと根性はワシは持っていないのであきらめたが(笑)。

この間の保団連の総会話にまた戻ります。なぜかというと、ちょっとまた例の低脳集団SEALDsがココソコにうろつき始めたからですね。話は変わりますが、ワシははじめ米国最強のnavy特殊部隊と似た(SEALs)名前をかたる若者の特殊部隊だと勘違いしていた(笑)。

ところが中身は、ただの低脳集団で、まあ、「自由」と「アナーキーな勝手気まま」を完全に勘違いしているバカの集まり。何より、「討論」が出来ない。というか、討論するだけの知識や考えがない。週刊誌の受け売りのことしか言わないし。
彼らの低脳ながらも微量な知恵のソースが「共産党青年部」と「社民党」と「民主党左派」であり青年部に至っては金まで出している有様だ。

そんな彼らを擁護し褒め称える発言をした保団連幹部には猛省して頂きたい。ワシらがバカと同類だと思われてしまうことに気が付かないのか。そんなことで国会陳情や省庁交渉を行い未来に向けた医療のあり方とかの話とかが出来ると、きちんと話を聞いてくれるとと、本気で討論してくれると、、、思っているのか?
仮に見かけ上出来たとしても「はいはいはい」で机の脇に資料を放り投げ終わりでしょう。もちろん左巻き議員達なら「同じ意見で嬉しい」と歓迎するでしょうが、彼らはこの国の政治の表舞台で、1890年明治23年大日本帝国憲法発足以来の民主主義の歴史の間、何も出来ないこと出来なかったことは賢明なる皆さんなら周知。山○太郎議員とかどこか完全にアタマのスイッチの構造自体に問題がある議員とか、すごい聞いてくれると思いますが(笑)。
世の中のまっとうな日本の若者を応援できなくなるのは彼らの所為なのだ。逆に言うと、こう言うバカを増長するマスコミが、何も責任を感じていないという所にも問題は隠れている。

<奥田氏は「一言でいうと、バカなんじゃないかなと思いながら見ている」と首相を批判。「国会の傍聴には行かない。首相が『どうでもいい』なんてやじを飛ばしたが、ああいうことを見ると、靴でも投げそうになるのでインターネットを通して見るようにする」と述べた。>
産経新聞

あ?!、う〜ん?!、確か、ぶち切れたとき靴投げるのってイスラムの人じゃないの。えぇ〜、かれは原理主義工作員なのか??なるほどそれなら安保関連法案に大反対するし、日本人としての学習も十分な教育は足りないか。。。なんか怖いですな。そして、首相に向かい「ばかか、おまえは」だって。ワシが君に向かい同じ事を言うのとワケが違うぞ(笑)。

サヨクな全共闘時代と何が違うかと言えば、サヨクは同じだが、かつての時代の若者は学と知識があってのあの大騒ぎ。結局赤軍派のリンチで白けてしまったわけだが、今のシールズはそこいらへんが決定的に違うと言うことを、応援している「共産党」「社民党」「民主党」の賢い?人たちは分かっているのか、、、、、あ、バカだからある意味使いやすいのか(笑)。

すごい差別的な書き込みですか?いいえ、差別とは、、、

  1. 正当な理由によらず偏見や先入観に基づいて、あるいは無関係な理由によって特定の人物や集団に対して不利益・不平等な扱いをすることを指す。
  2. ある物と別の物の間の差異のこと。または取り扱いにおいて他と差をつけること。

これって、正当な理由があれば差別じゃない。





金曜日, 2月 12, 2016

全体ミーティング

水曜の午後から診療をお休みにして年に6回行われる全体の合同ミーティングを開催した。歯科はもちろん、可能な限り当院管轄の老人ホームのスタッフまで来て頂いた。
医療介護の要は、誰がなんと言ってもコミュニケーションだから、患者はもとより、院内あるいはホームで仕事している同士達と、いかに同じ目的に向かって心を一つにしなければ万事旨く行くはずがないことを、こう言う機会に確認することが、明日の仕事の活力になると信じている。


 ミーティングの内容は多岐にわたったが、何とかワシのマインドフルネスの簡単な説明も混ぜてもらった。ストレスフリーで仕事をする為に、自分で何が出来るのか皆に理解してもらった。スタッフ同士のコミュニケーションが上手くいけば、ワシなどが口を挟まなくてもびっくりポンな動きをするのである。歯科の話が重要なのではなく、心が重要だから歯科の仕事を選択している自分がいることに気が付いてくれれば良いのだ。

終わった後は、新人歓迎会もかねて飲み食い大会。今回はメキシコ料理でした。ウチの医院の女性スタッフの特徴だが、テキーラだろうが何だろうが、日本酒ももちろん
「異常に飲む!」
これは素晴らしいことなのだ(笑)。



今回の新人の中に、フィリピン・セブ大学教育学部出身のMiss.Menixが新しい仲間となったのです。デンタルアシスタントなんだけれど、いつも明るい、笑顔が絶えない、英語がうまい。日本語がうまい。何を教えても飲み込みが早い。素晴らしい才能です。これからとても楽しみな人材です。外人さん、今まで以上にどうぞいらっしゃぁ〜い。



火曜日, 2月 09, 2016

骨太の歯科医師がいない

ここ数年、骨太の勤務歯科医師を探している。まるで見つからない。

各方面で探す手立てに行き詰まった。HPも媒体の一つなので検証してみた。

というか、歯科医師自体、地方の生息数が激減しているよう。かつて当院はこの27年、最大7名の歯科医師を抱え、精力的に歯科医療に取り組んできた。その骨太の彼ら彼女らは、自分の築城のため巣立っていき、皆、主として大成功を収めている。

巷の歯科医院の、しかも、かなりそれなりだろうと予測される歯科医院のHPをたまに見たりすると、まずハードウェアの充実を紹介している。色々なモノを紹介し、これ持ってるのははすごいでしょと言わんばかりなのだが、そんなものは当たり前のものばかりで目新しさがワシにはないし、全部持ってる歯科医院だって沢山あるだろうから、もはやハードウエアで患者を納得させる時代ではないのでは。あぁ、だからウチの卒業生達は、物質的要求度が高いのか。それが当たり前と思って仕事するから。(笑)

しかしである。3.11の大震災で、当院もみんなで仕事を休んで1ヶ月近く復興支援医療ボランティアとして参加。モノがない中でいかに工夫して仕事をするかのヒントは、豊富なモノの中で仕事をしているからこそ様々なアイディアが浮かぶと言う事がわかり、実はとても意外だった。当院はないものがない(笑)。

HPでのスキルの紹介は、端から見ればまるで見当が付かない。おいらはすごいでしょ、と言えばすごいことになるから。答えは、「継続」と「患者が決める」こと。ただしネットの口コミは金で買えるので信用してはいけない。本当の口コミをリサーチするすべを持たなければならない。ワシらが決めても何も意味が無いことの一つがここいらへんだろう。で、HPも含めいろんな所でサティフィケートを並べるのがせいぜいだと思うが、これとて手は異常に不器用だがサティフィケートマニアがいるので結局患者も歯科医師も行かなきゃ分からないはずだ。

医療の根本はコミュニケーションだから、それが苦手な歯科医師はダメ。命がけで人の話を聞く姿勢を忘れてはいけない。最近近辺の2次医療期間も、コミュニケーションが取れない歯科医師ばかりで話にならないから、個人的に仙台まで送るのだが、この背景にも、2次医療期間の骨太の勤務医の不足から異常な混雑を招きストレスだらけの診療が蔓延していることが原因なのだと思っている。それに気が付かないその現場の歯科医師が患者に対して威張り散らすわけで、全くコミュニケーションが取れていないこの現状は、実は今時珍しいわね。(笑)

若い先生方は(おいらも若いが(笑))、どうなりたいのだろう。スペシャリストがはやりでそれが歯科医師としてのプレミアムだとしたら、ワシはそれは間違いだと思う。米国の学会で愕然とするのはGPが行ったビフォーの口腔内。アフターの口腔内写真はそりゃ金もかけてスペシャルな人が完膚なきまでにエラーを取り除いている。が、しかし、これがそのまま日本に来るものだからそれこそがと思うのもある意味分かるが。このビフォーはないだろう。これが米国の一般的なGPの仕業とは思いたくないがどうもそんな感じ(笑)。

スーパーデンティストはスーパーGPなのだ。20年程前に同窓会誌に「米国では専門医ではなくトータルで正しく診断処置してくれる歯科医師を熱望しているらしい」という記事を書いたことがある。すでに相当の時間が経っているのだけれど、米国もまた上手くいかない最大の理由は、お金になるかならないからなんだろう。しかし逆に、欧米のスーパーGPはまた、すごい人たちが沢山いることも事実。ワシはそうなりたい。どんなスペシャリストより知識もスキルも上になるべきがスーパーGPであると思っている。

そうなりたい、骨のある歯科医師まだまだ大募集中。あ、骨があってもcommunistはパス。






月曜日, 2月 08, 2016

2月7日は北方領土の日

毎年、2月7日の北方領土の日を、毎年繰り返し記載し忘れないようにしている。下記の図を良く確認して欲しい。某勉強会(笑)でも、「インプラントと北方領土」の発表をさせてもらったからね。

この間北方領土問題のテレビ「占守島の戦い」を見ていて思ったのだが、ロシアでは日露戦争で取られた領土を取り返したと歴史教科書の中で教えているようだ。その結果ポーツマス条約で領土を取られたと教えているものだから、ここいらへんに住む人はもちろん、ロシア人はみんなそう信じている。しかしそれはウソで、1875年の樺太千島交換条約にさかのぼればすぐ分かることだ。これを露助ロシアは教えないらしい。まあ、歴史はこうやって作られるのだろうけれどね。
余談だが、もっと驚いたのは、大学のロシアの歴史の教授が「日本の兵士は皆穏やかに本国に帰した」と平然と言い張る。シベリア抑留で非人道的な捕虜(正確には戦争が終わっているので捕虜ではない)としてシベリアの地で多くの日本人の命が失われたことはロシアの歴史にはない。
大東亜戦争の戦勝国というつもりなのだろう。残念だが、、勝った国が歴史を創る。

終戦後、不可侵条約を破り千島に押し寄せてきたソ連軍は、数はすごいががらくたの寄せ集め部隊だった。迎え撃つシュムシュ島の陸軍精鋭部隊は、数でこそ圧倒的に少ないけれど、その戦術と意気はソ連を圧倒していた。悪環境の中、日本の死亡者数(8500人中)600。比較してソ連の死亡者数は(16000人中)3000にも及んだ。

こういうことを書くと好戦的右翼と勘違いされるが、それは違う。そもそも日本はなぜアメリカ連合国と戦わなければならなかったのかを、正しくきちんと教えていない我が国のGHQに支配された歴史教育の過ちが未だに尾を引き、革命的左翼論の背景にある「自虐歴史感」こそが、我が国を貶めた最大の問題なのであろう。

ところでさ、北のミサイル発射とか、あの国が大好きな社民党とか共産党とか、なんで黙りを決め込むかねぇ。人殺し部隊とののしった大嫌いな自衛隊が、我が国のために防衛網を張り巡らし大活躍なのだけれど、なんで「ありがとう」と言わない??
だから君たち左翼政党は最低なんだ。。



月曜日, 2月 01, 2016

保団連 左翼化が止まらない

土日2日間にわたって、2年に一度の保団連の第47回全国定期大会に東北ブロック代表として参加した。気持ち的には完全アウェイ。なぜかというと。。。

決議案も含め非常に驚く内容がちりばめられている。決議案起草委員のワシは、激論するも話にならないほどの左翼的思想満載で議論にならない。そもそもが違いすぎるし、なんなんだこれは。誰が理解できる?ああ、共産党の議員なのかと疑う。しかし、他地方ブロック代表賛同者が3人もいたことはうれしかった。徳島、山口、北海道の先生方、同意見で嬉しいです。泣きそうになるね、こういうの。最後の全体決議では1時間の議論を適当に話の都合の良いように1分ほどにまとめられたので、、大いに怒りの質問を。で、また丸め込む。この辺が左巻き特有の狡いところなのですよ。

保団連は医師歯科医師の団体で、あくまでも医師歯科医師の権益を守るという大きな目標がある組織にもかかわらず、付随する社会保障の保護と言うことで左傾的政治的色合いが濃い。特定の政党を支持せず、思想心情的にも中立性を保つべき組織であるはずが、ひどい左傾化と言うより完全な左翼組織となっている最近そのことに疑問を持つ賢明なる先生方が少しずつ増えてきていることが何よりの救いかもしれない。
では、なせ医療従事者団体が左巻き化しているのか分析してみる。

配付された資料のあちこちに、既成左翼政党の造語がちりばめられる。フロア討論において国家の安全保障などに関わる非常に複雑な問題をなぜ決議内容や日々の活動の一行お題目にしているかというワシの質問に対しては、会長以下まるで答弁になっていない。驚くのはその答弁の内容で、同じ考えなのだから既成政党(共産民社)の言葉を借りても何もおかしいことはないという。多くの一般会員は馬鹿ではない。そういう言葉を使うと言うことで、どういう医療団体組織なのか判断すると言うことがわからないのだろうか。・・例えば。

大企業の利益を優先する、、、という言葉を使う。大企業とは?本来の規定はないので中小企業法から大企業を考えるに、製造建設で言えば資本金3億以上従業員300人以上、サービスで言えば資本金5000万以上従業員100人、小売りに至っては資本金5000万以上従業員50人となる。全国レベルで大企業に携わる人員は1400万人約37%、それに付随する中小企業の人員は1000万人を超える。併せて2400万人以上がその経済牽引に携わるのだがそれを否定するようなことをなぜ言うのだろうか。
答えは簡単。戦後の共産党が言い出した言葉だからである。今でもその教育で洗脳されている共産議員は国会で惜しげも無くこの言葉を使う。だから我々の組織が同じ穴の狢だと理解されても仕方が無い。そしてまさかの共産小池議員ゲスト。この人がかつてワシらのために何をした?あくまでも個人的な意見だが、共産党は最低だ。

戦争法案、、、、という言葉を使う。会長までもが使う。驚愕に値するが、この言葉を作ったのは社民党。いろいろ思い出して欲しいが、あのいい加減で全く国益を理解しない社民党である。この言葉を使うことでそういう組織だと思われても仕方が無い。そしてまさかのゲスト福島副党首。話にならない。我が国の医療を本当に良くしようと本気で考えているとは思えない。あくまでも個人的な意見だが、社民党は消えて無くなるべきだ。

改悪という言葉を使う、、、、これも共産党の造語である。誰が悪くしようとしているのか??良くしようと改正して、たまさかそれが意にそぐわないからと言って改悪と表現する。いつまでたっても政府政策立案部隊と直接話ができる環境を作ろうとしていないのが如実ではないか。この左巻きの人たちは、「本気で悪くしようとしてそうしている」と信じているおめでたさがある。

シールズのような若者の積極的な政治参加、、、、、、開いた口がふさがらない。彼らは政治的信条など全くない。ただ単に国家に規制されたくないだけ、歴史の認識も何もない。自分がかわいいだけの彼らに、資金提供しているのは皆さんご存じだと思うが共産党青年部である。こんな言葉を医療従事者たる集団で使うその神経がわからない。

添付資料の不思議、、、、、配布資料の中に新聞のコピーが添付されてくる。左傾化している朝日や毎日が圧倒的に多いがこれらはパブリックペーパーだからまだしも、赤旗のコピーが添付されるとはどういうことかなぜ日経、読売、産経と均等な各社社説の比較などを並列しないのか。答えは簡単であろう。左傾化いや、左翼しているから都合が悪いのである。

このように、取り上げたらきりが無いほどの左翼思考は今更の感がないわけではないし、そういうところに参加しているワシもそう思われても仕方が無いが、真剣に保守を考えれば左翼がいかにおかしな国益を損ねる思考であるのか驚きを持って見えてくるわけである。ましてや医療従事者集団が国民医療には左傾的政治が大事とばかりにそれを前面に持ってくる無神経さが非常に腹立たしい。

左傾的仲間で傷をなめ合っているぬるい環境がこれからの組織運営で必要なのか?
イデオロギーの脱却こそがこの団体の明るい未来を決めるのではないか?
と、現場の一人一人の声を聞くたび常に思っているのである。なぜか土俵にたとうとしない、というか、野球の試合なら外野から物を投げて試合を中断させることしかできない。なぜ、マウンドに立とうとしないのか。なぜバッターボックスに立とうとしないのか。そう、傷をなめ合うのが好きだからできないのだ。本気で目の前の患者のことを必死に考えているとは思えない。共闘共闘と言う言葉を好んで使う背景をよく考えるべきだろう。

ゲストの野党議員、現政権に対しておちゃらけして現与党の悪口で笑いを取るしか言えないまがい物。こういうのを聞くたび、本当に国会議員の質が落ちた物だと思う。加えてそれに歓喜共鳴するこの組織の約半分の人間もどうかと思うが。
それより、君ら(野党)、、じゃあ、、、本当にこの国の舵取りができるのか?本当にできるのか?できないだろう、その話しぶりじゃぁ。

青森県保険医協会は、政権与党や厚労省現場に直接アクセスできる。外野からものを投げるだけなら子供でもできる。だからこそ、今回の大会の考察は本当に残念で仕方が無い。
お花畑満載のサヨクって全く議論にならない。そして、最後の会長の話でぶっ飛んだ。この人は歴史認識も含め日本人なのか???韓国の教科書ばりの話じゃないですか。内容は完全極左じゃないか。。。
加えて、国体を否定してるわけで、、、驚くなんてもんじゃない。。