火曜日, 5月 31, 2016

保育園建設反対という害を野放しにする政治

けんか上等、受けて立ちますよ、実名でね(笑)。

さてさて、、、、
全く意味が分からん。全く分からん。世田谷の保育園建設問題のような事例でもよく分かるように、この反対の人たちは、自分が幼小の時はなかったとでも言いたいのか。クソガキの時代はなかったとでも言いたいのか。。。。

ワシが中学時代から住んでいた街は、それはそれは子供が多かったため、日曜ともなるとありとあらゆる公園歩道空き地至る所から子供の歓声が聞こえていた。我が家の正面は幼稚園で子供達の歓声や鳴き声(泣き声)お遊戯会の練習合奏練習、それはそれは賑やかなものだったが、近所のご老人達は目を細めて「子供達の喧噪な喜怒哀楽の声を聞くと何か若返って嬉しいものだ」と言っていた。すばらしい。

それから20年ほどして一度かつての街を訪れたとき、かつての子供達が巣立ったのか、子供一人見かけることがなくなったこの街は何かゴーストタウンのような様相で、非常に寂しい感じと共に時代の流れを感じたものだ。死んだ街なのである。それが良いのか?

今でもワシは、子供達の歓声が遠くから聞こえてくると何か嬉しくなってくる。次の次代を担う大切な歓声なのだ。それを事もあろうか「うるさい、騒がしい、静かに暮らしたい」などと、大人としての自分勝手もこれほどまでにひどいのかと腹立たしく思えてくる。どう考えたって「あなたが先に死ぬのだよ」という神の声が聞こえないのだろうか。

こう言う自分勝手な言動は、確実に団塊の世代を核とした自己中に他ならないのだ。ふざけた文句をつけている方々をテレビで拝見して年齢的に「ああ、やっぱり」と思った。が、もっと問題なのは、そのことに萎縮する行政であり政治なのだ。「喝」を入れるべきはきゃつらなのではないか。傲慢かますなら「おまえらがどっか静かに全うできるところにいけ」でしょ。

まるで、自分は幼少時代がなく、あっても周囲には大人のように気を配り、静かにおとなしく隠れるように生きてきた、、、、、とでも言いたいのだろうか。人の順番と言うことを記憶していない認知症なのか?なら、話は別だが(笑)。
何処にどんな騒がしい保育園や幼稚園が出来ようが、前向きに議論して嬉しく迎えることの出来ない最低の大人だけには、今拒否されている子供達にはなって欲しくないと思うが、、無理だろうかなぁ。。だってそういういやな大人ばかり見てるからね。

兎に角、反対する「意味が分からん」!!ワシは子育て終わってるが、実に意味分からん。

土曜日, 5月 28, 2016

北欧イェーテボリへの旅#3

到着2日目からイェーテボリ大学留学中のK先生と昨夜から合流したジュネーブ大学留学中のT先生が合流し、今回の全員集合と相成った。二人ともいい男だなぁ(しみじみ)。
勉強が出来るだけではなく、頭が良い。

勉強が出来ない頭の良い人も結構いてそれはそれで良い(笑)。勉強しか出来ない頭の悪い奴は、東大とかにごまんといるが、要するに馬鹿ね、、そういうのに比べれば、ものすごいエリート達なのだ。次の時代の歯科界を背負うに値する精鋭なのだ。
ちなみに、勉強が出来なくて頭が悪いのを「普通」と言うらしい。
勉強しか出来ない頭の悪い奴を「かたわ」というのだ(笑)。これは肉体的だけではなく精神的な話として重要な部分だと思う。

さて、月曜朝9時から、イェーテボリにあるデンツプライ本社の会議室にワシらは集まった。少数精鋭部隊で何を勉強したかは、企業秘密が多いので。写真もNGが多いかな(笑)。まあ、ワシにしてみれば翌日のための知識の整理だったが。

こうしてあっという間に一日が過ぎたのだ。
翌日はイェーテボリ大学に赴き、アルブレットソン先生の貴重な講義だ。というか話を聞いてのフリーディスカッション。これがすごく良かったしこの先生が何考えてるかとてもよく理解できた。そういう感じで新しい知見を確認した次第なのである。詳細は後ほど整理して是非お伝えしたい。ワシが書くわけじゃないが、次回のクイントのデンタルインプラ
ントロギーを見るべし。


今回こう言う機会を作ってくれた、スマイルな兄ちゃん達には本当に感謝をしたいですわ。education & fun という鉄則は絶対に崩さず、troubleもちゃんと普通のtravelにしてしまう根性も(FBのぱくりです)すごいなと思うわ。
普通、異国の地でオーバーブッキングでヒコーキ無いよぉ、、とか空港でおねーさんに言われたら、かなりな英語力
が無いと現状復帰できないだろうし、何よりも普通「心が折れる」わね。ないものはないと言い張られたら多分ワシならあきらめるな。まあ、そういう旅もありさ、、、とかかっこつけて。


もともとTRAVELと言うラテン語の語源は「苦労して旅をする」意味で使ってたらしい。その昔、苦労のない旅はなかったと言う事だね。月曜火曜と授業を受けて、水曜の昼には帰国便に飛び乗って、実はかなり慌ただしかったような気がするのだけれど、リフレッシュリラックスな仕事を忘れての旅なんて、当分ワシには関係の無いことなのかなとふと帰国便の中で考えたりしました。。。。

詳細はFBのタイムラインで、例えば、、何食ってんだ?とか(笑)

木曜日, 5月 26, 2016

北欧イェーテボリへの旅#2

現地で何とか続きの紀行文を書こうと思っていたのですが、なかなかどうして、分刻みの過密なスケジュールでは出来るモノではないですね。なんて。

土曜の夕方到着し、まずは時差ボケを何とかするためにひとっ風呂浴びた。それも江戸っ子な温度で。風呂上がり外に出るとひんやりとして実に気持ちが良い。駅にコンビニがあるので水とビール、ビール、ビール。このコンビニにはない。聞くとセブンイレブンで売っているそうだが、だんだん寒くなってきてるし微妙な距離であきらめて部屋のビールを飲んだ。

翌日は完全フリーな一日だったので(フライトの関係でこの日程しか組めなかったからだけれど)美術館やらHaga旧市街巡りや運河沿いの公園巡り、Risåsbergetの丘への男坂急階段上りと、まあ、驚くほど市内を歩き回ってあっという間に一日が過ぎてしまいました。
ほぼ無目的に、一人で当てもなく歩き回り気になる場所だけちょっと立ち寄る、、とか、旅の醍醐味ですね。なんちゃって(笑)。

夜、来るはずの兄ちゃんグループがフライトのオーバーブッキングでアムスから直接来る予定だったものがそうではなくパリ経由ですごく遅い時間に到着。ま、驚くことに、どこぞで飲んだくれていたワシらがホテルに着いたとき一台のタクシーが到着しそこから出てきたときにはびっくりしたなぁ。待ち合わせも何もないににね。
詳細は高木の兄ちゃんのブログに任せるが、幾度も欧州に出かけて時々思うことだが、例えばオーバーブックの処理の問題とか、こう言う微妙な人種差別はある程度覚悟していた方が気は楽です。左巻きの平和屋さん達には絶対分からないだろうな。おかげで当人達は非常に楽しかったに違いない(笑)。

そして、翌、月曜、火曜とセミナーが続くのだ。何てフリーな異国の空の下を満喫させて
頂き、関係者一同に深く感謝申し上げます。

土曜日, 5月 21, 2016

北欧イェーテボリへの旅#1

金曜日朝から青森市へ画面にらめっこ出張後、午後帰宅し本業を夕方まで。新幹線に急いで駆け込み前泊東京で翌土曜日朝7時の成田エクスプレスに飛び乗り(眠)成田発10時頃のJAL413ヘルシンキ行きに乗った。目的はイェーテボリ大学でアルブレットソン先生の、もうさすがにご高齢のための最終講義(?)を受けるためだが。。
いつものように、地球の自転に逆らって飛ぶときは寝てはいけないと心に決めた。が、映画は先月バルセに行ったときと同じだしつまらないから、機内wifiを有効に使おうと無料コードを手に入れ接続を試みる。飛行時間は10時間だが、18時間もただだからね。ところが、、別にしろうとじゃないが、これがなかなかハードルが高いのよ。理由は簡単。接続が悪いので画面切り替わりに手間取るせいだが。。。

やっと繋がったが、快適とは言いがたいスピードで(そりゃそうか、衛星経由だから)時にうんともすんとも言わなくなるね。特にシベリア北極圏の奥深くを飛行しているときはまあ、大変。それでも時間つぶしにはなるが、結局本を読み出した。飲んで食ってばかりだから本は眠くなってしまい1時間ほど昼寝。本はスエーデンの医師の書いた「やさしさという技術」。いい本ですよ。

日本時間の夜9時頃に当たる現地ヘルシンキ午後3時頃到着。ヘルシンキ空港は非常にわかりやすい空港です。イェーテボリへのトランジットは約2時間半なのでFINAIRのラウンジへ。ごった返している。というか、空港自体支那人であふれかえっている。こんな所にも支那嵐。当然ながらラウンジも支那の嵐。食い散らかすとはまさにこのことだと実感。鮭のじゃっぱ汁に近いスープが結構美味いのに驚いたりして。

ヘルシンキからのFINAIRで出た機内食が結構美味くて驚いた。まあレンジでチンした普通の肉団子だけどね。飛行時間は1時間半くらいだが時差が1時間あるので到着時刻はわずか30分後ということ。
雨だったので、バスでは到着ターミナルからホテルまで雨の中をスーツケースを引っ張らなくてはならず、ちょっと躊躇してしまい、タクシーへ。運ちゃんがフィックスでいいかと聞いてくる。う〜ん、メーター回さないのは怪しいが、とりあえずホテルまでいくらか聞くとチップ込みで450クローネ。??確か事前調査では(笑)約600クローネと記載されていたなぁ。ええい、それで手を打とう。値切るべきだったか?あはは、ここは東南アジアじゃない。で、聞かれた。支那人か? ばかやろう、どこからどう見たって日本人だよ。しかし、最近はそれぐらい支那人が来ているんだそうだ。ま、青森くんだりの田舎もいっぱいいるからそういうことか。どうしたもんじゃろねぇ。

夕方6時頃ホテルにチェックインしたが、雨なのである。寒いのである。なかなか暗くならないのである。しかもイェーテボリマラソンとかいう大きな大会ですんごい人が集まっているのだという。時差ぼけ解消のため風呂に入り酒飲んで早めの就寝だ。

  

火曜日, 5月 17, 2016

集団リンチだろこれは

朝から晩までヒステリックに、おんなじ話題を延延と垂れ流して大騒ぎしているマスゴミだが、多くの視聴者が本当にこの状況を望んでいると思っているのだろうか。マスゴミの極み(笑)。

桝添氏はもうアウトだと分かっているんだから、腹くくらせれば良いでしょ。ベッキーは基本的にどうでも良いでしょ。それを朝から晩までぐだぐだぐだと、集団リンチだね。我が国のマスゴミは集団リンチが大好きで、そのくせ結果何も残らない。建設的な考察は皆無。その集団リンチが怖いから、ちょっとしたクレームや、どうでも良い少数の批判に、みんなものすごく敏感になる。

今の最低な世論構成を作り出したのはサヨク特有の「狂気のごとく拡声されたごくごく少数意見の尊重」だ。これが反体制でなければマスゴミは無視し、田母神氏の様に、ほら見たことかという結論ありきで闇に葬られる。要するにもっと重要なニュースは沢山あるはずだが、特に民放の経営を考えると、自社の都合の悪いことを伝えると立ち行かなくなるという状況。だから、日本の民放は基本的に糞だわね。ま、確かに自称保守を名乗る人たちもよくよく話を聞けば、なんだか隠れサヨク?の様な人たちも沢山いる(笑)から本物を見つけるのは確かに難しいかもしれない。

例えば、パナマ文書を詳細に報告しない理由。電通の闇を紹介しない理由。韓国で空気洗浄機の消毒薬で200人以上が死んじゃっていることを報道しない理由。sealdsの馬鹿が、マニラという国に行ってきた(爆)、、という頭悪すぎの演説を報道しない理由。韓国は非人道的な性犯罪が30分に1回で世界一だという事を報道をしない理由。ジンロと言うお酒に軽油が混入していたモノが大量に日本に輸出されていることを報道しない理由。そして、平和ぼけの極みとも言うべき事案として、安保関連法案が戦争法案だと言う矛盾を、何処のマスゴミも全く検証しようとしない理由。

なんかさ、こういうのはしょうが無いからもうどうでも良いんだけど、マスゴミこぞっての集団リンチだけはやめませんか?子供達の心の健康を確保するには、こういうおかしなことを理解させる何かが必要って事か。テレビ見せないって訳にもいかないだろうし(笑)。ソコまでストイックになるのもどうかと思うし。

ところで、集団リンチの報道は何も日本だけじゃない。EUでは特にドイツがひどいね。かつての同盟国、お互いにイタリアと組んだのが敗因とかジョークも飛び出すほど、気質は似ているように言われるが、ドイツ帝国の正体という本を読むと分かるが、ドイツ人のこのコンプレックス、日本人には到底理解できない。

話は変わるが日本は反面教師として、EUのように国境の壁を低くすれば低くするほど国力が崩壊すると言うことをいい加減学んだらいかがだろうか?米英支那朝鮮にすり寄りたくて仕方が無い我が国の政府に一言助言したい(笑)。


水曜日, 5月 11, 2016

口腔ケアと摂食嚥下教室

昨日夕方から、当院老人ホームベルメゾンKにて、口腔ケアと摂食嚥下のベーシックセミナーを、オープニングスタッフではない介護職看護師に対して行いました。

長らく10年以上にわたり、その重要性が叫ばれているにもかかわらず、なかなか現場に浸透しない、いや、少しずつは浸透しているのですが、以前書いたように、介護職の離職率や移転率の高さから、同じ施設において定着させることがきわめて難しい現
状を介護の現場は持っています。

摂食嚥下リハ学会などに参加しますと、介護の現場の素晴らしい歯科的事例をさんざん見せられ、羨ましい限りになります。積極的な介護の世界への介入は、多くの知識と経験が物を言うことが分かります。が、しかし、当院だって直属の介護施設ですから出かけていくわけじゃあない。もっと色々なことが出来る可能性を秘めているのですよ。

本日衛生士学校の授業で、アンチエイジングの馬鹿さ加減の話をしてきました。人は生き物は年を取るのです。アンチエイジングという言葉に少数でも違和感を覚えない歯科医師とかいるのだろうか。重要なのはいかにに素敵に歳を取るかなのだ。エイジングデンティストリーこそ、本来我々が直面する喫緊の課題であることを忘れ、何を目先のことで浮き足立っているのだろう。

事、インプラントに関しても、自分が出来るだろう最新の技術的興味はもちろん大いにある。が、その引き継ぎを考えたとき、ワシしか出来ないとか、最悪放置するとか、インプラントのような侵襲を与えた患者さんは身内のように大切なはずだからそんな無責任なことは絶対出来るわけがない。自分の歳を考えるに、あと何年フォローしてどうするかとか、真剣に悩むところなのである。あたりまえだけれどね。だから、最近はジュネーブ大学の某教授が言っていたように、この人が動けなくなったときストラクチャーはこれで良いのだろうか、その時どう変えていけば良いのだろうかという、インプラントエイジングデンティストリーたるベクトルの向きが変わってきているように思うのですよ。

ちなみに、当院施設にはどこかで埋入したインプラントが入っている入居者さんがいるのだが、何時何処でどうした理由でどんなインプラントを行ったか全く情報が無い。レントゲンも撮影できない。介護度4で自身の意志を表すことは難しい。衛生士がせっせと口腔ケアに励んだおかげできれいなことはきれいなのだが、自浄作用は全く期待できないので周囲炎に時々なってつらそうな時もある。ペグ(胃瘻)であるから、出来るならインプラントを外してあげたいが、それもままならないストラクチャーなのである。見るたびにアタマの中でいつも「どうしたもんじゃろなぁ」とつぶやいている。



木曜日, 5月 05, 2016

喧噪の改札から切り取った一コマの時間

ここ数日、東京で散策をして感じるけれど、三十数年前東京に暮らしていた頃と、明らかに人の数が違うと感じる。元々の東京の人はどれくらいいるんだろうか。。

帰りの飛行機に乗るために、ホテルから浜松町に。エレベーターが開いた。やっと二人は入れるくらいのスペースに無理矢理荷物ごと入り込んで、ふと横を見ると盲目の美しい少女。付きそいだろうか、春らしいワンピースを着た同じく少女が二人。エレベーターが到着し、周囲の人は分かっているのか分からないのかお構いなしにエレベーターから出て行く。付きそいの二人のスーツケースと盲目の少女を気遣いながらゆっくりとエレベーターから出るのを確認して、それから私は出た。
雑踏の流れの中にあっという間に吸い込まれていく少女達。しかし彼女たちは改札の前で立ち止まった。なんと付きそいだと思っていたもう一人の少女も、白い杖を持っていた。3人のウチ2人が盲目なのだと知ったとき、その驚きは軽い感動に替わっていたかもしれない。

何かを一心に話した後、改札の中に入ったのは健常であろう少女一人であり、後の二人は見送りに来ただけなのだと分かった。喧噪の中で何を話しているかは私には到底聞こえない。改札の中の彼女が何かを大声で話しながら手を振る。外の二人も手を振る。しかし、激流のような人の往来に流されてしまう彼女。二人はあらぬ方に手を振っていた。彼女たちに彼女が見えているかどうかはさして大切なことでもないかもしれないとふと思う。見送りの美しい少女が流れる涙をふいたように見えた。その景色があまりにも美しく、私は一度だけ振り返った。

このほんの数分の出来事を目の当たりにして、とてつもなく色々な物語が辛辣な物語が勝手にアタマを駆け巡るのだけれど、何かどれもまがい物の匂いがしすぎて、彼女たちに申し訳ない気持ちで一杯になる。ただ一つ、彼女たちがこの大都会の中で生きていくと言うことが、私の生きていくことの難しさや困難さには及びも付かないくらい大変なことであると言うことは、そうだろうという勝手な健常者のエゴで、これこそが実は彼女たちを苦しめる最大の要因なのかなと思ったりする。手を添え助けることが当たり前なのにそう振る舞って見えていない以上、そうすることが彼女たちのプライドを傷つけると思い込んでいる。
人一倍苦しい思いで生きているに違いないと、勝手に考えている。そうかもしれないけれど、駅まで来てエレベーターに乗り改札で見送り別れを告げ帰路につく。
そんな当たり前に何故心打たれるのか。

答えは簡単なんだ。そうなったことがないからに他ならない。だから必至に思っている。今この瞬間も、どこかの空の下で、比較的楽しく何とか頑張っているに違いない。と、そう、自分に言い聞かせた東京見物の最後。





火曜日, 5月 03, 2016

いつものGW満喫

去年GWはカンボジアにいたが、それまで毎年東京を散策している。ひたすら東京を歩いていたね。いつもより断然人がいない東京が好き。で、`特に池波正太郎の小説、特に鬼平犯科帳で紹介される各所を回っていました。今年はいつものようにまた東京巡り。まだ行ってなかった池上本門寺からスタート(笑)。

9巻かな、本門寺暮雪。池波の自選作で、柴犬が鬼平を救う話。まだ読んでない方は是非(笑)。ああ、この石段の陰に隠れていたのか、、、ああ、このせんべい屋か、、、など、おたくじゃないが、こういう観光もいい物ですよ。ちなみに。野良だったこの犬は、役宅で飼われることになる。いい話だ。

今から38年前、予備校時代東京にいた。山手線の駅が地理の中心だったから、常に東京は点と点のイメージばかりだった。。JRの駅が中心でそこから出かけてそこに帰る、、そんな感じ。大学時代は横須賀横浜に浸っていたので、ほとんど都内には来ていなかった。卒業して帰国してから、最低でも月一で東京。金曜夜の夜行で東京に土曜早朝、東京温泉で汗を流して何かのセミナーへと言うのがパターンだったかも。そのとき
地下鉄を覚え始めて地理感覚が増してきたはず。いまやわからないながらも地下鉄を乗り継ぎ、そして駅間を歩いて確認するから、もの凄く東京の地理に明るくなってきましたな。
でもね、西側はあんまり好きじゃないかも(笑)。南側や東側がちょっとした路地に味があってとてもいい感じ。











ところで下町で見つけたこれは何だろう(笑)。入歯処って、、、あんた(笑)。ナイスだかなんだか、下町なんだか江戸の昔なんだか、ほのぼの(笑)。

こんな素敵な東京散策をどうもありがとうな、そんなGWでした。