木曜日, 7月 28, 2016

しょうがないなぁと、、あきれたりする日々

FBに気がついたことをちょこちょこ書いてしまうので、ブログの記述回数が減ってきている。まとめて思考するにはブログが有効だと思っていたが、ツイットしたりFBに書き込んだりは、本来考えていることが散乱してしまいあまりよろしくないのかな。

昨晩はHERZ会納涼会で、プレゼンを聞きながら大いに飲み食いする年に二回の行事だった。最近欠席が多いのは、年会費が低いからだろうと思っている(笑)。思い切ってどこかのクラブみたいに年会費10万とかにしようかなぁ、とか、隣の先生と相談したら「払う」といってくれたので、会計報告なしの会費10万を実現しよう。そしたら反対隣にいたなっちゃん大先生が「俺監事やる」と言いだした。え〜〜めんどくさい(笑)。

もうすでに若手ではないワシなど、たとえば専門医制度協議会が日歯に設置されたけれど、だからなに?と言うスタンスなのだけれど、若手の先生方はそうはいくまい。ひたすら頑張ってほしいものだ。ちなみにうちの勉強会にいてもサティフィケートなど出ないから、もっと偉い先生方のグループで群れた方が得かもよ。

とあるSNSで素晴らしい形成と印象の写真に出会った。いざ、こういう場面に出くわしたらこれぐらいじゃなきゃだめだよなぁ、、と感心していたらある方の書き込みが。「こんなに削ってもったいない」だそうだ。で、掲載した先生は補綴目的を述べたら、「一生持つのか?」だって。で、掲載した先生曰く「そんな補綴があるのかしら」と逆に至極まっとうな大人の回答。そしたら「削らなきゃ一生持つでしょ」だって。

こういう「お馬鹿」が歯科の評価を落としているのでしょうか。自分の質問の論点が違うことに気がついているのかしら。削らなければ一生持つという発想はとても大切だが、削らなければならない状況での話であって、削るか削らないの個別な診断を議論しているわけではない。掲載した先生も、なんだ?と面食らうよね。

逆に、こういう変な質問をする先生とは、実は今でも削ることが目的で歯科診療を行っている訳だろう。そういう方々はすでに淘汰されていると思っていたが、こんなところにまだ生息されていらっしゃるやうだ。そして、「削る」事は診断より何より「悪事」であると信じて普段から歯科医療を提供しているのでしょう。
そもそも論を教えてあげなければならないところとか、、、素人みたいです(笑)。

異常に被爆を警戒する患者さんがいらっしゃった。いろいろお話を聞くと、左巻のおかしな情報に相当振り回されているので、落ち着いてお話をしたら、ワシの話の「それ」は信じられないという。レントゲンも撮らずにめくら治療はできないからお断りした。mSvという単位がとても好きそうだったのでいろいろ提示してみたわけだが。。。

宇宙線年間被爆2.4mSv〜3.0mSv
東京-ニューヨーク往復飛行機乗ると0.2mSv
     (ワシは1年ですでに10往復相当を乗っているが(笑))
うちのデンタル撮影 一回0.006mSv〜0.01mSv
うちのパノラマ撮影 一回0.017mSv〜0.02mSv
うちの歯科用CT撮影 一回0.15mSv〜0.2mSv
(うちにはもうありませんが、旧式のアナログレントゲンはこの10倍ですね)

一般的医科用CT撮影 一回15mSv〜20mSv

歯科治療での被爆がどれくらい桁違いに低いかおわかりですかね。しかも生殖腺とか細胞分裂が活発なところじゃないし。顎口腔だし。
しかも最近のデジタルレントゲン機械は散乱線がほぼゼロだし。

で、こゆ何かに放射線的に感化された人たちが恐れる数値が、なんか年間20mSvだそうで、ICPRの安全基準100mSvの1/5なんだが、どうして?って聞いたら政府が言い出した基準は信用できないから、とか、、、、、む〜、、それこそ論点違うんじゃない?
ていうか、医科用CT撮影できないね(笑)。病気になったら残念。

と言うことで、普段から放射能恐怖を考えていらっしゃる賢明なる諸氏も安心して歯科治療を受けられれば賢明だと思います。


火曜日, 7月 19, 2016

金曜からの陳情と連休

15日金曜日、ワシは青森県保険医協会の国会行動として、一部負担金問題を抱えて議員会館に赴いたのでした。特に東北6県での診療中断の割合が増加しており、その背景には慢性疾患の放棄や、歯科における急性症状の回避後の受診放棄など、問題点が深刻なのです。重症化してからの受診は今まで以上の負担を強いられ、強いては医療費の上昇に明らかに繋がります。
負担金0割で危惧される乱受診は、検診など
が比較的整備されている今の時代あり得ないでしょう。むしろ、児童まで及び高齢者負担割合を0割にした自治体は全体医療費の抑制を確認しているわけです。これをどう受け取るかは、地域差はもちろんあるでしょうが、そこにフィルターをいくつか設置すれば問題は解決できるはずです。また、医師側の徹底した倫理教育と罰則規定の整備は必要でしょう。医師性善説は今や庶民には受け入れられていません。
また、保険料を払っているにもかかわらず、受診時一部負担という名目で二重に徴収するシステムは法的に如何なモノか。この仕組みなら保険じゃないしw。そして、病院側の事務処理もきわめて煩雑になっていて、このデジタルの時代、しかも請求レセがほとんどデジタルの時代、全く逆行しているこの仕組みにメスを入れてくれるのはだぁれ?(笑)。
てな感じで行ってきた次第でした。

参議院会館は引っ越し優先になっていて、廊下はブルーシートで傷が付かないように養生しています。落選した人はものすごい速さで退去しなければいけないそうです。
なんかさ、色々感じますね。もののあわれとか。来る人は立派な議員さん、去る人はホントに普通の人、、新人さんや返り咲きさんは、この世界も大変だと思いますが、何とかワシらの話を少しでも聞いて下さいね。

さて、八戸に帰ってきて土曜からの三連休にしています。消毒滅菌システムの大幅な進化と改造にお休みを頂き、工事をしましたが、その間の土曜日ドクターミーティングも行いました。知識の整理と実践を確認したのですが、うちには現在数名の非常勤医師が居ますが皆研修医を終えて間もないドクター達ですが、、、一言言わせてもらうと、神奈川歯科大学の研修医でウチに来た数ある研修医達が研修医時代に習得していた1/4も知らないってどういうこと?(笑) 岩手医大の研修医って大学で一年間何してたの???という事で、猛特訓をしました。なんだよ、皆理解力は素晴らしいじゃないか。非常勤で今来ているのだからと言わず、大学の担当教員は猛省するように。学生の責任ではありません。大学のシステムと教員のやる気の問題です。
だいたい、大学で教わったスキルを臨床現場で活かすときに、非常勤で行っている歯科医院がもし違うメソッドならそれに会わせるようにとか、意味わからんし。理屈に自信なしなのか?そんなこと強要する病院になんか行かせちゃダメでしょ。意味わかるかなこれ。

都知事選が面白い事になってきています。ある民主主義の本を読んでちょっと勉強したのですが、庶民がマスコミなどで洗脳された状況を大衆というのは以前からワシが指摘していた。で、その大衆に迎合する愚民主主義の危険性を以前から指摘していたワシだが、果たして今回の都知事選はどうなるのか。まさかの鳥越氏の様ないかさまが当選したとしたら東京は愚民の巣窟という事になるだろうし、う〜ん、面白いですな。
大体野党が鳥越一本化とかあきれて物も言えない。真の野党がいない真の証拠だ。こんないい加減な人に本当に任せちゃうのかしらw。だからといって与党も自慢できるモノじゃない。小池氏の反乱を反乱として、都民のことよりも党内のことの方が重要だと選挙民に知らせているみたいなもので、これとて、選挙民が愚民だと勘違いしている失礼な話じゃないかな。

時々しか行かないから、ワシにとっては誰でもいいのだけれど(笑)、日本の首都の首長として、恥の文化だけは守って欲しい(笑)。お天道様が見ているのだ。









火曜日, 7月 12, 2016

都民じゃないが、、、

まだきちんとそろっていないけれど、、、

都知事選の選択肢のなさは涙もの。。うう。賛否はあろうが、都議に真っ向からけんか売ってるKさんは権力にはなびくが群れない感じが良いし、個人的にはあり。

元、隣県の知事だったMさんとか、公共事業の付けが地元には相当残っているが当時のダメダメ感を知ってるだけになんだかなぁ。

元弁護士のUさんはド左翼だから、聞き触りはいい話をするだろうけれど人権派弁護士というモノをきちんと理解しないととても窮屈な都政なるだろうね。

鳥越俊太郎氏に至っては、ド左翼どころか支那と朝鮮大好きで、すべての理論がその国中心であることを色々な書籍から読み取れる。この人がもし選ばれたら首都機能は支那機能になること間違いないだろう。本当に京大卒なのか?日本国国家歌えるのか?

タレント候補が断念して良かったですよ。これ出てきたらもう東京は大変でしたね。こうやって見てみると、なんで東京って本当の保守が出てこないんでしょうね。

医療政策でも何でも東京で決めるという大原則があって、そこには相当な左巻きがいて、ワシらのような田舎者にはとても冷たいことは事実です。田舎のルールを大都市で決める事への疑問が、こう言う選挙を見ていると国政だろうが都政だろうが基本同じだね、、と気が付くわけですw。

東京って、スエーデンと同等の国家予算をスエーデンの1.5倍の人間が使うわけで、しかも地方の優秀な頭脳と体力がみんな集中しちゃう、大いなる田舎なんですよね。本当にその舵取りをする人はそれなりの人じゃないとっていつも思います。

結局、、、、、

う〜んと、まだ色々出てくるだろうけれど、この選択肢での選択なら、、、、、
マック赤坂でよくね?あ、怒らないでね、東京都民(笑)。

月曜日, 7月 04, 2016

バングラディシュと負の連鎖

ダッカ事件で、何の罪もないそしてバングラディシュに貢献しこの国のために働いていた尊い命が奪われた事件。我が国は遺族に対して政府専用機を手配し急所現地に赴かせたのだが、、、安保関連法案を戦争法案などとキャンペーンをうち9条にしがみつく野党に尋ねたい。この後あなた方は、この人でなしの犯罪者らに対してどういう事を考えているのか。

と言うようなことを言うと、負の連鎖を断ち切る努力をするべきだという、上から目線の人を馬鹿にしたような共産党の言い分が聞こえてきた。虫ずが走る。

ドイツで13歳の少女が中東系の男3人組に拉致され、乱暴され殺害された事件で、この少女の父親は犯人捜しを拒否した。負の連鎖を断ち切るためだと発表し、世界中の左巻き知識人や平和主義者達から絶賛されたわけだが、果たしてそうなのだろうか。

お互いの目的が異なる以上、負の連鎖は断ち切るどころか、さらなる犯罪を抑止することが出来ないと考えるのはワシだけだろうか。加害者はそれが目的だったのだから安泰で、次にまた同じ事件やそれ以上の事件を起こす可能性が大いにある。なぜなら「許す」事を決断した崇高な知識と経験をお持ちの父親と同等の意識や道徳観や教育を受けているとは到底思えないからだが。ちがうか?国家間とておなじ。外交は最後には無力であることを過去の歴史から学ぶべきなのでは。現代人が昔の人より優れているとは到底思えないが。

かつて日本では、武士道の元、武士の身分で、例えば酒の席で口論となり相手をざんばらりんと殺害した場合加害者はすぐさま責任を取って、自らの腹をその場で切った。なぜなら、殺された側の、将来起こるであろう「敵討ち」は家名のプライドの元、正式な行為と見なされ、もし加害者が武士道にも劣る逃亡をした場合、何代にもわたり意趣返しを本懐するまでは正式に認められていた
本懐を成し遂げた後、「見事であった」旨告げられ、決着するのである。当然逃亡していた側の家名は汚されそれ自体が何代も子孫を苦しめることにもなった。このシステムが稼働している時代、意趣返しの事例は、つまり、意味のあるなしにかかわらず相手を武士として殺害する行為は激減していたことは事実なのである。これこそ、お互いが、お互いの生き方など共有できない事柄が多くても、この仕組みで問題を解決するきわめて正常なルールだったと言える。

これが野蛮な負の連鎖行為だとしたら、西洋における決闘の申し込みも同じく野蛮であり、人間がそれを上回る知識と教養と道徳と宗教を獲得して初めて何もなかったこととなるが、ようは、命より大切なものがあるのだという現実なのだ。

宗教も教育も理論も正義も、ましてや日々食っているモノも何もかも違う人が隣人になったら、笑って助け合い不本意な何が起きても許す崇高な神のような域に、皆達することが出来るのだろうか。そこには数千年の経験則からなる戦いや争いやその先にある許容やあきらめが、例えば国境という形で残ったり、言語の違いで地域に残ったりすることを、一体誰が否定できるというのだろう。なぜハンムラビ王はかの法典を作ったのかの答えなのだ。

グローバリズムという名の下、世界中あちこち行けば行くほど、来てはいけない入ってはいけない聖域があるだろうし、その壁を取り払うために世界史では驚くほどの血を流してきたわけだ。
現実問題として、さあ、「話せばわかる」、、と彼らに言える超人は、本当にいるのか? 話してもわからないから殺害されたのではないかな。

なら、この現実から自身を守るために、結局は力で何とかするしかないから、各国は軍を持っているわけで、これは独立国家として自国を守る最低限の決まり事だろう。

さ、この選挙で日本人は日本人たる魂をどう表すのか非常に興味深くなってきた。護憲派が多数となれば、この国は相変わらず奴隷の平和で「幸福」な事になる。