土曜日, 5月 27, 2017

史疑徳川家康から読む現代世俗

かつて、明治時代に発行された所の「村岡素一郎」氏原書「史疑 徳川家康事蹟」の、昭和38年に出版された「榛葉英治(しんばえいじ)」氏現代語翻訳本を探していた。古書店で見つかった。この本はトンでも本でも何でも無く、わけあって(ここが核心)表舞台に出ることのない史実を無数の古文書から拾い上げ、気の遠くなる作業を経てかなり詳細に史実を解析し家康の謎に迫った素晴らしい本なのである。しかし、なぜか抹殺された。

300年近くにわたる安穏な社会を構築し得た家康とその周囲の本当の奇跡をたどるとき、これは我が現代社会に何かしらの利益になる事は間違いない。今風で言うと、武士道の元のリスク&システムマネージメント・・・かな。

第一章にて、、、、
歴史は繰り返して過去を再現する物である。我が国3000年の歴史上でその繰り返し点を発見し把握することが出来れば過去に鑑み現在に処し将来を察する上で大きな利益がある。(要約)
これ、素晴らしいと思ったわけです。で、

思うにおよそ300年ごとに政機転変し、「貴賤の階級」が顚倒することは歴史の自然法ではないのか。ただし我が国の皇室だけはこのような変革の外に超越して、永久不変、神聖にして犯すべからず。皇室の庇護の下にある公鄕階級についても同様。これは我が国体の尊厳が他国に比べて比類がないためである。(要約)

大東亜戦争敗戦後GHQの日本国民洗脳により、国体の尊厳は地に落ちたのかもしれない。戦争責任などと言う下世話な思考を国体に求めること自体、ワシは日本人として心が痛んできた。日本人の心の多くをむしばんできた左翼思考は、ありとあらゆる所に蔓延し、本来のパトリズム的心を蝕んで今に至っている。パトリとて差別だと騒ぐこと必至。

ワシが思うのは、この国体の尊厳を持ってしての埋没した史疑を含む歴史研究に意味があるということ。最近の「反対の反対は賛成なのだ」、、的バカボンパパ名言を思い出させる与野党の攻防は、もしかすると「常にお心で思うことは一つ、日本国民が平和に穏やかにそして幸せに暮らせるように祈り続ける」この陛下のお気持ちを少しでも察すれば、馬鹿の一つ覚えの反対の連呼よりも素晴らしい未来を構築する思いが、たとえば国会の中などに出てきても良さそうな物だけれど、いかんせん日本人ではない人方が大勢いらっしゃるおかげで、国体はもとより我国の行く末さえ適当になってきている

そもそもを考えるとき、この家康の史疑が何故生まれたのか、そして何故それを隠さねばならなかったのかを紐解くことで、今のどうでも良い政治の混乱がいかに稚拙なのかあぶり出されるという物ではないかな。。




木曜日, 5月 25, 2017

あきれてるのはワシだけか??

この下記まとめ資料、何か間違いがあるか?で、何が悪いのだ?

無いとしたら、これに難癖付ける民進・共産党って。。。結構民進党の中では普通に右派ですごいなと思って一時期尊敬していた桜井議員まで。。。
しかもこのばらまいた総理忖度資料を自作(?)した前川氏は、朝鮮学校の学費無償化の先鋒で朝鮮日報では激賛。あぁ、なるほど、産経以外のマスコミが騒ぐわけだ。
しかも天下り斡旋のエキスパート。省内では問題児、いろいろおかしな事ばかりやるので自主退学勧告か?(笑)で、退学して食うに困ってネタをマスコミにばらまく。

裏もとらずに食いついた朝日新聞。面白がって食いついた文春。やれやれ。世界中悪質なテロの続発でそれどころじゃないでしょうに。暢気で馬鹿な日本の政治舞台ですわ。どんどん野党は存在価値がなくなってきましたな。こういうどうでも良いつまらないこと蒸し返す度に与党の支持率がどんどん上がってくるのだが(笑)。なぜだかわかるかな(笑)。


1975年:今治市が学園都市構想を表明
1983年:今治市が大学誘致用の土地を確保し大学誘致開始
2005年:今治市・愛媛県が加計学園を誘致
2007年~2014年
今治市が加計学園を協力して計画立案し、愛媛県とともに
構造改革特区提案(第12次提案~26次提案)
「獣医師及び獣医学部の地域偏在解消のために四国へ学部設置を」を旗印に四国四県知事や国会議員(民主党議員も賛同)と共に陳情を積極的に行う
添付資料にも始めから加計学園の名前を明記、京産大と京都の構造改革特区提案への獣医学部提案は一度も無し
日本獣医師会が大反対、獣医学部新設決定の撤回、これが不可能な場合でもせめて1校のみとするよう大陳情し「1校に限り」と修正させる(日本獣医師会長が公言)
注1・・・・国家戦略特区の応募要件が決まる
2015年12月:国家戦略特区に今治市が選ばれる
注2・・・・共産小池氏が出してきた文科省が作成したという
      スケジュール資料はこの時期に作成
2017年1月:実施主体が加計学園に正式決定
        (1月4日~1月11日公募)

注1
四国側が「獣医師及び獣医学部の地域偏在解消」を理由に定員緩和・学部設置を求め続け国が徐々に軟化、
それに対し日本獣医師会が1校のみと条件を付けた

注2
2007年から今治市・愛媛県が加計学園を誘致しその後協力して大学の計画を進め、事実上加計学園が内定しているのでそれを前提に事前にスケジュール作成

金曜日, 5月 12, 2017

日本人で良かったと思わないのなら、、、

日本人で良かったと思わないなら、日本人はやめたらいかが??

朝日放送の嫌らしさよ。朝日の仲間だからね。
朝の情報番組で「日本人で良かった」ポスター事件の話がなにげに飛び込んできた。この話題の中心はポスターのモデルが支那人モデルであるというミスと、発注されたデザイン会社が素材集写真からこれを選んだ間抜けさ、とかが絡んだ話であるはずなのに、テレ朝制作会社は「日本人で良かった」というフレーズが気にくわないらしい。朝日に言わせればこれは外国人を排除する言葉らしい。素直に日本人で良かったと思うことはおかしな事らしい。じゃあ何か?このお父さんとお母さんで良かったという親子の絆や、この家に生まれて良かった、というのはほかの家を排除しようとする動きなのか?

日本人は素晴らしい、、と言うと非難され、日本人で良かった、、と言うと外国人に対してのヘイトなのだそうだ。スイスに何度も行っている。スイスは物価がすこぶる’高いのだがそのことを言うと彼らは、自国の産業を守るため仕方が無いのだと言い、そういうスイスという国に生まれて良かったと素直に言う。良いなぁと思う。民間防衛の基本姿勢はスイスならではで、各家には自動小銃や手榴弾、そして核シェルター、、、この国に生まれたことを誇りに思っているという。当たり前なのだ。

極左ブログスポットのLITERA等では、安倍政権という極右政権が「日本人すごいぞ」等をあおっていると卑猥な批判を繰り返すが、こんなことを平気で垂れ流すのは世界中で日本ぐらいのもの。まあ、こういう所やマスコミも含めて支那朝鮮人が核心にふれるお仕事している関係上、日本人を卑下することに何の抵抗もないことは確かか。批判を元に議論をすることは何もおかしなことではない。しかし、現左翼は目的がわからないのだ。この国を素晴らしい国にするためにはこういうことが必要だと言うことを全く言わない。批判をするための批判なのだ。ばか。

子供達が胸を張って「素晴らしい国」だ、そして「より素晴らしい国にしていこう」、この愛国リテラシーこそ必要なのであって、頭から否定する考察など意味が無い。その結果そこに暮らす国民は幸福なのだ、、という至極単純な民主主義国家論さえ否定するバカ左翼よ。おまえ達は何がしたいのだ?

ふふふ、わかっている。「個」だろ。「個」の集まりが国家である以上、国家を形成する「個」こそが重要なのだからと言いたいのだろう。しかしそれは平和ぼけから来る間違いだ。時間軸を無視して誰もいない最果ての地で社会から縁を切った「個」など生き続けてはいけないではないか。左翼のほころびとはそういうことなのだ。そして、歴史を振り返り考察すれば、自ずと答えが出るではないか。3000年前の人類が今の人類より劣っているわけがない。

ホント、腐ったマスコミを放置して、異臭騒ぎだけを起こすのはやめてほしい



日曜日, 5月 07, 2017

衛生士不足という記事が地方紙に

本日(5/7)の地方紙新聞に衛生士(以下DH)不足の記事を発見。3面のかなり大きな部分を占めていた。ソースのきっかけはだいたい想像がつく(笑)。そして、これは紛れもない事実なのだ。。

25年ほど前DHのあまりの不足状況を、ある大学を設立しようとしていた教授先生に相談したところ「じゃあさ、一緒に学校作ろうか」と言うことになって、故近藤先生と供にあちこち積極的に動いていた。計画に伴う資金調達も順調に進み、えっ?と言うほどの膨大な資金のめども立った。
その後、、、、、バブルがはじけ、、、、「ノーザンカレッジ(仮)」計画は見事に吹き飛んだ。しかしその後も規模を縮小しながらDH学校の申請書は毎年のように県に提出したのを覚えている。加えて県内の某DH学校のかなりの抵抗でなかなか話が進まなかったのも覚えてる

そして、全くの別系統で八戸にDH専門学校が出来ると聞いたときは本当にうれしかったものだったが、それに抵抗する意味不明の歯科医師達が猛烈に反対していたのも覚えている。なぜDH学校が出来ることに反対なのか全く理解出来なかった。この業界の未来と八戸というエリアの歯科的レベルアップには必要不可欠ではないのかと、憤慨したモノだ。

それで、今更のこういう記事で、「なんだかなぁ」という気持ちでいっぱいになる。技工士(以下DT)問題もそうなのだが、このパラデンタルスタッフ問題でいつも議論になるのは、仕事に対する情熱をいかに教えてあげられるかだし、そして勿論待遇の問題で有りその鍵を歯科医師が握っていることだ。DHなんか雇う余裕はないしアシスタントで十分と言うドクターが7割もいた時代もあった。今でもそう思っているドクターもたくさん居るだろう。DTに関してはなおさらだ。DTの離職率の異常な高さも、まともにまともな仕事を与えない歯科医師の責任だと痛感する。

社会でもよくある話だが、己のスキル不足と知識不足マネージメント不足を棚に上げて元締めや人の所為にするのは、プロの流儀に反するのではないか。たとえば保険診療の評価が低いからこういうことになるとか保団連などはよく言うけれど、ホントか?

評価額が上がることをワシは反対はしないし、ワールドワイドで低過ぎる評価も周知している。しかしワシは多くの誰かを信用していない。保険評価額が上がれば歯科医院に良い車(たとえば)が並ぶだけで、パラデンタルスタッフの給料や待遇がうんと上がるとは思えない。プロの流儀を確実なものにして、良い車だけではなく、DHの将来性のある夢と希望と待遇や、DTの新しい確保、それらに伴う設備投資を、いったいどれだけのドクターが行うのか。

ある統計では、年商1億以上の歯科医院が全体の3%と出ていた。さすがにこれは嘘だなと思いあれこれ調べると5〜6%のようだ。全国7万件が実働医院として僅か4000件程度?
新規に開業する先生はこれを目標にするのだそうだが。。。。。。

つまり、こういうことに付随してのパラデンタルスタッフ問題であり、全ての問題は歯科医師側にあるという考えは、ワシは当初学校を作ろうと思っていたときから何も変わっていないが、それに同意するドクターは非常に少ない。なぜなら、たとえば、保険診療と自費診療と自由診療の違いすら理解出来ていない御仁が大勢居るではないか。

いっとくが、だからDHが少ないんだよ。だからDTが苦労するんだよ。全部歯科医師の責任なんだよ。今更の新聞記事のようなDH不足問題は都市でも地方でも30年前から何も変わっていないし、変えようとしない歯科医師がいる限りそうとう無理だね。

ま、ワシは、勿論この問題は解決に向けて頼まれれば手伝うけれどね(笑)。あ、歯科医療過疎地だった(笑)。この辺には染め出しするDHがいないんだった(笑)。えぇ、新宿橋本歯科にはかないませんよ(笑)。
(そういえば何もコメント来ないなぁ、、餌が悪かったか(笑))







水曜日, 5月 03, 2017

歯科とインフレ

歯科とインフレを調べていたら、インフレーション理論という代物に出くわしたので、読んだら、、、宇宙の始まりの膨張の話だった。宇宙が誕生したその刹那、一兆分の一秒の一兆分の一秒のそのまた一兆分の一秒という途方もないほどの短時間に空間は一兆倍の一兆倍のさらに100倍以上の途方もない膨張をしたというお話。このインフレ終了に伴う真空の熱エネルギー変換がビッグバンというわけだ。。。。全く想像もつかない話だけれど、こういうことを毎日考えている人達って、やはりとてつもない変態だと思う(笑)。

さて、物欲のないデフレ世代はまあお金を使わないから、その循環は自分の給料なんで、給料も上がらないけど物価も上がらないし欲しいものもないから、ま、いいか、年取ったら結構お金かかりそうだし、、、なんて、ものすごい高齢化思考で驚いている。確かにそうかもしれないけれどねぇ。

で、歯科を振り返ると、歯科がだめだよと言う割には低空飛行ながら比較的堅調に歯科医療費は推移している。しかし、都市圏を中心とした一部の歯科医師達は30年前と同じく、保険診療だけでは喰っていけないとか、相変わらず甘えたことを抜かすので、じゃあなんだ?保険診療で素晴らしい医療レベルで患者マネージメントもスキルも素晴らしい開業医で潰れたやつを連れておいでよ、なんていうと、一般論だと抜かす。これって経験則もエビデンスも何もない空想話なんだとよくわかる。それが風評価して歯科界全体がえらい目に遭ってるなんて想像もつかないしょうが無いやつが多いのも事実だろう。

歯科医師が多いとか、だから苦しいとか、訳のわからない理論を大先輩達が話しているのを聞いて、じゃあ、そもそも、左うちわで仕事をしていたワシらの知らない「あのころはよかったなぁ時代」のその負の遺産を今の歯科医師達がどれほど苦労してリカバリーしているのかわかってるのかなぁ。医療としての中身は勿論、保険を担保にした自費診療。自由診療を行う勇気も無いのに、一般論で保険医はやめられないくせに否定する考え方。

これじゃあね、将来なりたい職業の上位になんて絶対これないでしょ。デフレ頭は「上位に来たら歯科医師過剰」とかバカ。インフレ頭はその通り、よく出来ました。米国の上位に常に食い込む歯科医師という職業。デフレ頭には難解だろう(笑)。

いっておくが、歯科は素晴らしい仕事だ。