月曜日, 1月 15, 2018

新春スマイルクラブ・文化人類学的考察

前回参加できなかったスマイルクラブ(高木先生主宰のインプラント勉強会)の今年最初のミーティングに参加した。いやぁ、午前中の話は舌を巻く。面白すぎでした。兄ちゃんの、実は最もトレンドな学術内容は文化人類学。そこからインプラントの歴史と未来へと話は続くのだが、その前振りが誰にもまねできないディープさで圧巻だったのである。なるほど、自転車、サッカー、スワローズ、インプラント、等などそのマニアックな引き出しのカテゴリーは、単純にあれが好きこれが好きという範疇を遙かに超えていることは重々承知だが、そのテリトリーが地球誕生からホモサピエンスの進化までとどまることを知らない。それが日常臨床を実は非常に造詣の深い物にしていることをどれぐらいの人が気がついているのだろう。
歯科に関して言えば、befor osseointegration とafter osseointegrationのStar Warsばりの時系列インプラント歴史列伝は今だからこそ私たちに何かを語りかけていることは間違いない。ダークサイドな一面をいかにフォースの正しい導きがあって今に至るかとても面白い(笑)。まだまだ若い先生方にこそ、ハウツーではない話として聞いていただきたい物だ。

夜の懇親会でも、最後の質問でも、要するに積極的なインプラント治療の是非や正義が議論の的になってくるあたり、まさしく50年前からのフィードバックなのである。そしてブローネマルク先生のフィロソフィーと言う琴線に触れることこそ忘れてはいけないことだと今更ながら皆考えるのだ。
夜の懇親会で講師の玉木先生に質問をした。玉木先生とはそれほど年は違わないのだが、積極的な大きなストラクチャーを除去しなければならない局面での話。自分で行った物は最後まで自分で責任をとるのは当たり前だから同意。しかし、施術社の意志や家族の意志や周囲の意志がまるで存在しない超高齢者が増えてきている現在、どう対応するかと。するとそれは自分の歯があっても同じじゃないですかと言われた。トラブルがあって対応するのはインプラントだから自分の歯だからなんて関係ないでしょと。

これ全く違う話のような気がする、以前名古屋の吉岡先生も危惧していた話なのだが、インプラント以外の処置は保険で出来るが、ストラクチャーを外したり除去したりは保険では出来ない。最終公演後のディスカッションでも同じ話を振ると、ある東京の先生が、保険とか関係ないでしょ、経済的な問題があるならやらなければ良い、なんていう話にまでなった。
あなた個人の話をしてるんじゃないですよ。まるでわかっていない。残念。誰の意志も介在しない現場でそこに、倫理観あふれる何も知らない知らされていない在宅歯科医師が飛び込んで、求められているにもかかわらず本気で何もしないで帰るのかあなたは。社会保障で出来るか否かはそういう問題なのだとわからないんだろうな。これはあなたの問題ではなくこれからインプラント治療を補綴オプションとして取り組もうとしている歯科医師達の一つの大きなリスクファクターであることを理解できないのだろうか。たとえば、口腔がんの治療でインプラントが邪魔になるケースも出てきている。インプラント治療の多様性は術後にまでも深く深く及んでいることをわかってほしい。術後のメンテを終身面倒を見ると言うだけの話ではなくなってきている。

いずれにせよ、ある意味surrealismと捕らえられがちな兄ちゃんの話が、実はDr.グルンダーの言うところの、deram,reality,nightmare である事を理解したい物なのだ。
ん〜、スマイルクラブ以外の先生には荷が重かったか(笑)。




月曜日, 1月 08, 2018

模倣する日本人の心と歯科医療

最近、西部氏「国民の道徳」や「国民の歴史」あるいは境野氏の「日本の心の教育」や、私の好きな原田伊織氏の「明治維新という過ち」が静かにまた売れ始めているようだ。維新政府により歪曲された明治からの日本の近代史にとても重要な文献だと思っている。

グローバルという言葉が一人歩きし始めてどれぐらい経つのだろ。どうも最近、日本のどの業界でも150年前のような嫌らしい模倣が始まってきているようでならない。模倣は近代大陸国(半島も含め)お得意どころであったはずなのに、最近の日本はクリエイティブな動きが何か停滞しているようだが。グローバルとは自国の文化歴史を正しく理解しプライドを持ってこそのグローバルなのだ。西洋かぶれとはき違えてはいけない。

歯科医療でも同じかもしれない。私が国際学会に積極的に出向くようになったきっかけは、97年頃アメリカの学会で、南米の小さな開業歯科医師の感想としての北米の実態を聞いてからだった。彼らは北米の最新的な歯科医療を勉強するために比較的近場であるという理由で頻繁に北米を訪れていたようだ。その北米歯科医師達の大きな格差は逆に彼らには衝撃で、私が今感じる北米歯科医療に対する思いとあまり変わらない。「お金がなければ何も出来ないよ、こんな高いインプラント(原価)をウチの国でどうしろと言うんだい」「こんな治療費ではごく限られた特権階級しか治療の恩恵にはあずかれないだろうな」。。。そんなことを言った。

我が国は社会主義ではないにもかかわらず、世界にも類を見ない社会主義ファウンデーションな医療システムを構築している。その効果は計り知れないと思うのだが、何せ世間が自国の批判が正義とばかりに更なるシステムのアップデートを阻害しているようで、本当の問題の部分が見えてこない。だから、未だに北米歯科医療と比較し模倣することが正義となって久しい。確かに世界一の技術と知識の宝庫かもしれないが、彼らはそれを国民に提供するすべを基本的に持っていない(良心だけでチャリティーという形のシステムは至る所にあるが)。だから6000万人に及ぶ歯科医療難民があふれている。あくまでも医療はビジネスなのだ。

日本においては、初診から一根管抜髄して根充までの評価額は約800点(8000円)ぐらい。北米専門医の約15分の1だろうか。そこから換算される数字は当然日本の医療システムにおいて正しく実戦されるなら、大変な赤字になるか全く収益がない状況になる。
最近私がおかしいと感じ始めた一番の理由は、その部分を大学教育なり何なりで医療経済性に合わせた学術的革新が日本において全くなされていないことにある。北米の模倣から換算ばかりしているが、コストをかけずに技術革新や付随する機器の導入で、評価に即した収益を上げる研究が全くなされていない事に大きな疑問を感じる。日本の近代歯科医療が西洋の模倣から始まったことはその通りだが、それからいったい何十年経過しても模倣なのである。日本独自の歯科医療経済性に鑑みた技術革新が全く行われていない。

と言うことは、、多くの日本国民はアメリカのようなビジネスとしての医療システムをを望んでいると理解して良いのだろうか。

いや、私は違うと思っている。
全てのことにおいて、あまりのも自分の国のことを知らなさすぎる。だから医療ばかりではなく社会全体が日本と言う国に対しての「無知の知」を考えるべきで、結果静かにも冒頭の書籍がまた少しずつ売れ始めていることにうれしく思ったりする。





金曜日, 1月 05, 2018

自費率向上DVDなるもの

年末に、連日の酔いに任せて、どんな物なんだろうという好奇心だけでポチっとした「誰でも出来る自費コンサル成約-年間6000万UP」なる怪しげなDVD。

まいった。そして、限りなくつまらない。当たり前のことしか言ってないし書いてない(笑)。これでウチの自費率が数倍になるならやってもらおうじゃないか(笑)。
まあ、わかってはいたが、こんなモン、30年前からあるものの焼き直し。これをありがたく拝聴する歯科医師って相当疲弊したスキルも無い知識も無いそんな輩なのかしら、、と悪い自分が顔を覗かせた(笑)。そもそも患者不在の話なんて聞けないし。

正月、かつての勤務医と酒を飲んだ。東京の医科歯科連携の嫌らしい話を聞いた。首都圏の先生を目の敵にするわけじゃないが、こんな事が平気で行われているんだと思うと胸が苦しくなる。以下実話なり。

地方都市での話。口腔内が崩壊した20代女性。とにかく崩壊が酷いおかげもあり、2年越しでエンドやコアをきれいさっぱりやり直し、フルマウスリコンストラクションでプロビ装着後来院しなくなった。ここまでなら良くある話。私は持論でテックやプロビはこれでもかって言うくらい完璧に作れと教えたからね。それで来院しなくなったとしてもそれはそれで仕方ない。

ところがである。彼女は諸事情で転院。それも仕方なかろう。都内品川区の某歯科医院で、補綴のみの200万オーバーの見積もりが出たのを持参し、かつての古巣にわけあって再来院した。しかし、この医院からかつての真摯なる歯科医師に対しての状況説明のお手紙の一つも来ちゃいない。これだけでも非常識だが、その内容がさえている。
その歯科医院は皮膚科とタッグを組んでおり、なぜか歯科金属アレルギーだと言われたという。その紹介状がこの怪しい歯科医院と皮膚科を行き来する。
結果、保険はだめだよアレルギーがあるからと、君はこれしかない、オールセラミックだよとこの見積もりを提示されたという。当然、どんな金属イオンに陽性なのかどうなのか知っていると思いきや、パッチテストのデーターも何も提示されないばかりか、何故、オールセラムの選択肢しかないかなどの説明も全くない。保険でのCAD/CAMではだめな理由もわからない。

要するに、、、、本当なのか??歯科金属アレルギー??

結局、20代前半のこの患者は品川に戻りオールセラムを選択するのだろうが、かつてのウチの若い衆はまるで釈然としない。そりゃそうだ。患者本人は何も理解しておらず、理解しているのは200万オーバーの見積もりだけなのである。

この話が、自費率向上DVDの内容とオーバーラップするのは言うまでも無い。医療の前に立ちはだかるいやらしさがクローズアップされた事例なのでした。

ところで、このDVDはある意味歯科の世紀末的未来が見えてきて鳥肌が立ってくるのだが、いろいろな場面でネタとして勝手にもちろんわからないように(笑)ウチの勉強会のプレゼンで引用(コピーじゃないよ!)しようと思うので、高い買い物ではなかったな(笑)。
感謝。




火曜日, 1月 02, 2018

春風献上 明けましておめでとうございます

すでに2018年は2日目も終わろうとしています。時間があっという間に経っていきます。歯科として介護の施設を始めて今年で4年。サロンを始めて今年で7年。そして本院は今年で30年目に入ります。
リニューアルが難しい関係上、院内は場末の旅館のようにラビリンス。初めての方はまあ、迷子になります(笑)。この先どうやって老朽化した本院をリニューアルしていけるのか頭を悩ませる年になりそうです。多くの若い歯科医師達が集う医院にしたいのですが、なかなか思うように行きませんね。かといって大手の医療法人のような形態はあまり好きじゃないので、この辺が悩ましいのでしょうか。法人ではない個人の大型システムはやはりだめなんでしょうかね。。。

さて、宿題を色々抱えて今年に望むのですが、やり残しているというか、出来ずにいるというか、マルチエンターティナードクターを目指している私としては時間がいくらあっても足りないと強く感じています。今年の私のグループのオブジェクトはめまぐるしく変動しエイジングのスピードを増す社会に対応するべく、、年末にも書きましたが、、、、、

Assistance 支援援助介助
Healing 癒やし
Hospitality 心のもてなし
Entertainment&Art 全ての場面で歓びを

やはり今年はこれですね。医療や介護の枠を思い切り超えられるのは歯科なのではないだろうかと、最近つくづく思い始めました。共感出来る本当の歯科医師募集します。
一緒に漕ぎ出しましょう。

宿題
 話題は変わって、宿題の本は面白いのですが、寝るときに読む本には向かないので、昭和の名作上村一夫氏の「菊坂ホテル」と近藤富枝氏の「本郷菊富士ホテル」を選んでみました。
個人的に谷口ジロー氏の「坊ちゃんの時代」が大好きで、大正、昭和の文豪達の破天荒な生き様やそこに絡まり合う人々の生々しい感情が良く表現されており、このほぼ実話の「菊富士ホテル」も坊ちゃんのごとく漱石とそこに絡まる人々なのか、夢二や谷崎とそこに絡まる人々なのかの違いだけで、読んでいてわくわくしてくるわけです。

こういう切り口は、医療介護にとって一番重要な部分なのだと考えています。全然関係ないでしょという意見も聞きますが、イヤイヤ、人を診るとは、、望診から始まるのだよという医療の原点を考えれば自ずと答えは出てきます。

今年も素晴らしい年にしたいですし、皆さんもそうなってほしいものです。



今年も宜しくお願いいたします。